お菓子なサーファー

フェイスブックに引っ越しました。 http://m.facebook.com/profile_qr/?refid=7

全体表示

[ リスト ]

イメージ 10
(大阪府山岳連盟様HPより引用)
 
僕はマラソンやジョギングは嫌いです。
街中の空気の悪いコースには興味がありませんでしたが、
ひょんなことで空気の良い山道を走り抜けるこの大会を知りました。。
六甲縦走よりは距離も短く楽チンとの事で、
会社で若い衆に進められて、参加してしまいました。
コースがサッパリ分からないので、まずは早いスタートをと、
当日は茨木から始発で向かいました。
二上神社口に到着できたのは06:50、兵達はスタート地点まで走って向かってたので
あおられて僕もついていきました。
先ずはあまりの参加者の多さ(2千人とか)と、スタート地点の雰囲気に驚きました。
スタートPー1は、07:10
イメージ 1
 
マイペースのつもりが、マラソンランナーがどんどん追い越してくるので
のんびりマイペースで歩いては居られません。
P-3 08:52通過後の葛城山への階段が最初の関門でした。
猛スピードで駆け登っていく鉄人達に、先ずは度肝を抜かれる思いでした。
イメージ 2
 
 
P−4 初級ゴール葛城山頂 10:04 通過
素晴しい景色も束の間で、
とにかく休憩は5分以内に抑えて金剛山を目指します。
イメージ 3
イメージ 4
 
せっかく登ったけど、ここから水越峠まで一気に駆け下りました。
P-5 10:41 水越峠ポイント通過
イメージ 5
 
ここから金剛山頂を目指します。
六甲縦走でいう『天狗道』のイメージでしたが、
遥かに長く険しくバテバテで、追い越してくるランナー達が超人的に思えました。
ここでは、ボランティアの方々のおにぎり、バナナ、ポカリのサポートがあり誠に嬉しいひとときでした。
P-6 11:58 金剛山(一の鳥居)
イメージ 6
 
ここまでくれば後はもう下りばっかりのイメージでした。
がしかし、想定外のコースで伏見峠〜千早〜神福山〜行者杉峠〜タンポ山と
ひたすら200m前後のアップダウンが続きスタミナ切れとなってしまいました。
ようやく着いたP-7 行者杉峠 13:20
イメージ 7
 
そこからゴールまで8kmと聞き最後の力を振り絞りブンダ谷まで走りました。
ここからは一気に数百mを急激な階段で下りました。
マラソンの方は最終タイムを縮めるためでしょう、後ろからぶっ飛んで来るので怖かったです。
 
なんとかコンクリート道に出て残る2kmはなけなしの力を振り絞って走ってゴールでした。
南海天見駅 P-8 14:33 ゴール
初回レコード 7時間23分 
イメージ 8
イメージ 9
最後にゴール手前の沿道ではサポーターの方々からの
熱いガンバレコールが大変嬉しかったです。
大会主催者の皆様、サポーターの皆様のお陰で成り立ってる素晴しいイベントだと思いました。
有難う御座いました。
今後も腰が砕けて歩けなくなる年齢まで是非参加させて頂きたいと思います。
イメージ 11
 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

お疲れ様〜♪
続きが気になりますね 。o O

2010/4/12(月) 午後 4:06 コウ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事