ここから本文です
ぼちぼちいきまっしょい!!!
セキセイインコのまい13歳、柴犬クム12歳、ともにシニア期に・・・

書庫ぼちぼち日記

すべて表示

6月末、クムを連れて、休みの合った家族とも一緒に和歌山旅へ♪♪

梅雨時真っ只中にもかかわらず、幸い天候には恵まれた。

車で、近場の旅慣れた和歌山市や紀の川市から、

今回は少し足をのばし、白浜やすさみ方面へ。

都会の景色から一変して、のどかな田舎風景や南国ムード漂う海沿いを目に、

クムも車窓越しから、すんすん。自然の匂いや潮の香りを満喫しただろうか。

イメージ 6



白浜では、観光名所のひとつ、三段壁へ。迫力満点の断崖絶壁に興奮 w(゚ロ゚;w

サスペンスドラマの終盤シーンだな(笑)

イメージ 1

展望台は犬OKなので、クムを同行させたのだが、

観光客からの人気を集め、特に、外国人からはアイドル並みの扱いを受けたクム。

日本犬の魅力をさらに高めたかな(笑)



そして、今回どうしても立ち寄りたかった救馬渓観音へ。

1300年の歴史を持つ寺院で、南紀屈指の開運厄除の霊場。

寺名の由来でもある、「馬を救った観音様」ということで、ペットの健康祈願に。

イメージ 2

看板犬の武蔵くん発見!!「夜間警備主任」の肩書が(笑)

母犬は3月に亡くなったばかりで…武蔵くんも高齢だけにホント会えてよかった〜

あじさい寺としても有名で、ちょうど見頃な色とりどりのあじさいも目の保養に。

まいとクムのお守りも忘れずに購入したよ〜(青がまい、赤がクム)

イメージ 3



宿にチェックイン後、周辺を散策。

イメージ 4

マイナスイオンを感じながらの散歩は、都会では味わえない ・゜(*´∀')。.:*



部屋に戻り、クムは、旅疲れからか、普段使用のケージで少し眠ったものの、

やはり、慣れない場所で落ち着かないのだろう。

終始むぎゅむぎゅたちに寄り添って来ては、片時も傍を離れず、

就寝時も、むぎゅむぎゅたちの布団の上で眠ってしまった。

イメージ 5

普段はそっけない気質のクムだけに、

いつも以上になぜか愛おしく感じ、飼い主も癒され…

旅先で、愛犬とまったりでき、束の間のスローライフを過ごせ、

よい思い出作りとなった。

蒸し暑い時期だけに、クムに負担をかけないよう、道中心掛けていたが、

クムは家に戻るなり、電池切れ。。。ばたんきゅ〜 zzz

クムの年齢を考えても、お泊り旅は、これが最初で最後となりそうかな。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事