とでんに乗って!

新たな“とでん”に願いを込めて

梅雨明け2017

イメージ 1

19日、高松地方気象台は四国地方が梅雨明けしたとみられると発表があり、

平年、昨年よりそれぞれ1日遅い梅雨明けとなりました。

7月初旬の九州北部豪雨など各地に大きな被害をもたらした今年の梅雨でしたが、

県内は平年並みの降雨量で終わりました。

今年も梅雨明けの風景=稲刈りの風景を求め、南国市の高知平野へ‥‥

期待通り、稲刈りが始まっていました。

隣接するまだ緑色の稲田と違い、

一足先に黄色く首を垂れた極早生水稲品種「南国そだち」を、

麦わら帽子のおじさんがコンバインにて外側から内側へと稲刈りを始めましたが、

間もなくしてすぐに曇天の空からはポロポロと雨粒が落ちてきて、

やがて本降りとなり稲刈りは中断となりました。

どこよりも早く刈取り出荷するのが早場米の命ですが、

雨には敵わず水入りとなりました。

では“とでんに乗って”太平洋高気圧に覆われ晴れ模様の夏本番へ!!


.


みんなの更新記事