ここから本文です
T595デッド・エンド・ストリート
実はT595では無く955i(笑)

位置決め

イメージ 1
静的バランスだけなら不均衡の反対側に同重量の重りを追加してやれば均衡は測れます。概ねバルブホールの反対側になりますが、重量のあるゴムの回転体たるタイヤのバランス取りの重りを減らすためには、タイヤを装着した際のバランスに使う重りの重量を減らすには、タイヤをずらしてバランスを取るをひたすら繰り返します。
回転が止まるのを待っている訳では無く回転の不均一さや戻り具合も見てからタイヤをずらしていきます。
まあ、それほどずらす必要はなく精々45度〜90度辺りで済みますが。

エンジンの状態

バルブクリアランス調整のため955iの引き渡し時にプラグの状態を伝えておいたのですが、プラグが煤けていた右3番のステムシールからのオイル下がりを指摘されました。
955iのヘッドをはぐるにはエンジンを下ろす必要があるとの事で、今回はそこまで行わずバルブクリアランス調整のみとしました。
まあ、脱着費用にある程度上乗せすれば中古が購入出来ますので、オイル下がりが酷くなったら乗り換えますが。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 長者原でお迎え

    2017/5/22(月) 午後 2:59

    久住山頂上付近 久住山頂で暫く滞在した後は、腹も減ってきたし長者原でランドヌール達を待ち伏せwするべく牧ノ戸へ向けてさっさと下って行きます。 星生山分岐手前:1326 小岩の散在する道を下ってしまえば、広い登山道が続いています。 扇ヶ鼻分岐辺り:1333 牧ノ戸まで直ぐに到着するのかなと思ったら、もう一山越えて ...すべて表示すべて表示

  • 久住山頂に立てずw

    2017/5/22(月) 午前 2:15

    長者原から坊がツル経由で久住山へ 急遽、思い立って久住連山に行って来ました。 やまなみハイウェイは有料道路だった頃から走っていたましたが、山登りは全く興味が無かった訳で長者原はほぼ通過するのみでした。<ガソリンも高かったしw 自転車では牧ノ戸300kで 三俣山をバックに記念撮影をする位で、久住山系に登ったのは初めてです。 ...すべて表示すべて表示

  • 久住連山

    2017/5/20(土) 午後 8:37

    今日は嘉麻300牧ノ戸Classicをお見送りした後、長者原から久住山へ登って来ました。 小石が多いものの歩き易かったですね。 標高1700m以上なのに日差しが強くて暑過ぎでしたw。 長者原ヘルスセンターでひと風呂浴びて、牧ノ戸に向かう暑さでヘロヘロ(^_^;)のランドヌールを応援して帰りました。 これから嘉麻で深夜2時までゴール受 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事