ここから本文です
SE250N+α 奮闘記
休んでいてすみません。

書庫紹介

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

ブログを移行したらちゃんとご挨拶しようと思っていたのですが、12月までにやればいいと移行を先延ばしにしていました。
皆さんがお別れしているのがなぜだろうとサービス終了のお知らせをよく読んだら何と9月1日から新規投稿が出来ないというではありませんか!
慌ててこの記事を書いているのですが、まだ移行の準備を何もしていません。
移行ツールを使えば簡単だとは思うのですが、いただいたコメントまでは移行できないとの事。このブログの価値は99%皆さんからいただいたコメントにあることは間違いないです。
先人の皆様の教えによるとコメント込みの移行は可能であるらしいのですが、面倒くさがりの私は先延ばしにしていたのです。
このまま消失は忍びないので12月までにはどこかに移行して新装開店していると思います。
その場合、どこに開店したかの情報はここでご案内できなくなるので困ってしまいました。
「SE250N+α奮闘記」の表題は変えていないと思うので気が向かれたら検索していただけるとありがたいです。また、本名でFACEBOOKに時たま書き込んでいるのでそこを見てください。

表題を変えないのはSE250Nを復活させようと準備を始めたからです。
このブログを始めたのは、SE250Nを購入してそれを撮影鏡にしたいと思ったからでした。十数年前は今ほどいろいろな情報が無く、このブログにコメントくださる皆様の情報にすごく助けられました。それで何とか撮影も出来、何度か雑誌に入選もさせていただけました。
しかし最近体力的に大きく重いSE250Nを使うのは苦しくなってきたため軽量機材に移行していたのですが、やはりSE250Nを使いたくなってきました。
そこで現在バンド、プレート込みで22kgほどある重量を15kg(鏡筒のみノーマルで14.5㎏なのでここまでは無理)を目標に軽量化するつもりです。
イメージ 1


また像も良くしたいと少しづつパーツを集めています。
イメージ 2

いつ出来るかまだわかりませんが、工作を始めたら新しいブログで奮闘ぶりをまた書きたいと思っています。

それでは皆さん、お元気で!

9月2日追記。
まだ書き込めるようですね。何だろう?

お久しぶりです

最後に記事をアップしたのが2015年なのでもう4年も放置していました。
こんな有様のブログにまだ見に来てくださる方もいらっしゃり申し訳なく思っています。
天文活動は以前ほどではないのですが、マイペースで途切れずやっております。きっと一生この趣味は続けるでしょうね。
天文誌への投稿も良い感じの写真が撮れた時はやってます。しかし最近のレベルはものすごく高くなかなか入選できません。
この年末年始は晴れが続き何回か撮影に行けたのと撮影仲間の方々のアドバイスのおかげで久々にダブル入選することができました。
イメージ 1

イメージ 2

今回久々に投稿したのはヤフーブログの終了が告知されたからなんです。
8年余り書き続けた自分の記事も愛着がありますが、それはヤフーが移行サービスをしてくれて残せるようです。しかし問題は皆様から頂いたコメントがすべて消えてしまうらしいのです。私にとっての宝物はそれに他なりません。
移行したと同時にすべて消えてしまうとの事で悩んでしまいます。
とりあえずすべての記事をコメントごとダウンロードしています。
5月を過ぎると移行して消えてしまうブログも出てくると思うので皆様のブログもダウンロードして自分のハードディスクの中に大事に仕舞っておこうかと思っています。

時代の流れとは言えさびしいですねー。
と言いつつ私も最近は本名でFaceBookに投稿しています。とは言っても自分のタイムラインだけで日記のように書いているだけですが。そちらもよろしくお願いいたします。


チョコもらいました

女房と娘からチョコがもらえました。
これはその中の一つ。
天文ファンならもらう率が高いチョコじゃないでしょうか。

フーシェ オリンポスの煌き
イメージ 1

8個入っていて八つの惑星を表しているようなのですが…。
イメージ 2

名前は英語名とラテン語名が混ぜてあり惑星に詳しくない私には分かりづらいです。
特にこれが分かりませんでした。
イメージ 3
キューピッドって何?
他の名前で無かったのは火星だけなのでてっきり火星だと思ったら天王星の衛星だよと教えていただきました。
うーん…。なぜこれだけ衛星なの?

もったいなくてまだ食べていません。

イメージ 1
昨年末、30日から31日にかけて千葉県の荒木根ダムにぴんたんさんとビスタさんで撮り収めに行ってきました。
ダム湖が月明かりに照らされ、薄く漂う靄で幻想的な景色でした。
大晦日まで撮影に来ているなんて今年も思いやられるね。
私的には昨年は色々あった年でしたがいい仲間に囲まれ楽しい一年でした。
今年も変わらず天文を楽しめたらと思っています。
皆さんよろしくお願いいたします。
 
撮影に行った記事はたまに出しますが、処理を一向にしないですみません。
正月休みにたまった画像の処理ができたらと思っています。

ブログのご紹介

早い物で天文を再開してから10年になろうとしています。
ブログを始めてからでも8年になります。
再開後は星雲星団の直焦撮影ばかりやっていますが大変奥の深い世界でまだまだ分からない事だらけです。
機材整備。
撮影技術。
画像処理。
この三つがうまくバランスしなくてはならずなかなか大変です。
これからもどたばたと悪戦苦闘を続けていこうと思っています。
皆様よろしくお願いいたします。

H26年7月16日記
ちょっと体調を崩してしまい入院することになりました。
この新月は天文活動をすることができそうも無くこのブログもしばらく更新出来ないと思います。毎日見に来てくださる方には申し訳ありません。
皆様のブログは拝見していますしコメントもさせていただきます。
病気はたいしたことは無くうまく行けば8月の新月期には復活できると思います。
ただ重い機材での撮影はしばらく自粛するのでカメラレンズでの撮影中心となりそうです。
こんな写真を8月には撮影したいです。

ケフェウス座南部の散光星雲群
平成25年9月18日 茨城県常陸大宮市花立自然公園
EF100mmマクロIS F2.8→3.5 QSI540WS 冷却温度-10℃ 東西2枚モザイク
アストロドンLRGBHa(5nm)フィルター 
右 L 5分x3枚 RGB 各5分x1枚 Ha 5分x6枚 
左 L 5分x3枚 RGB 各5分x1枚 Ha 5分x6枚               合計露出時間 120分
ビクセンGPD スカイセンサー2000PC AGA-1によるオートガイド

H26年07月現在 使用中の機材

鏡筒
SE250N D250mmf1200mm ニュートン反射
R200SS D200mmf800mm ニュートン反射
BORG101ED D101mm f640mm 屈折
ε180ED D180mmf500mm

赤道儀
ビクセンGP-D
タカハシJP K-ASTEC改
ビクセンGP2

カメラレンズ
FD300mmF2.8L(EOS取り付け改造)
EF200mmF2.8L
EF135mmF2L
EF50mmF1.4
EF35mmF2
EF100mmマクロ
その他

カメラ
QSI540WS
starlight-xpressSXVR-H18

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事