ここから本文です
SE250N+α 奮闘記
休んでいてすみません。

書庫紹介

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

お久しぶりです

最後に記事をアップしたのが2015年なのでもう4年も放置していました。
こんな有様のブログにまだ見に来てくださる方もいらっしゃり申し訳なく思っています。
天文活動は以前ほどではないのですが、マイペースで途切れずやっております。きっと一生この趣味は続けるでしょうね。
天文誌への投稿も良い感じの写真が撮れた時はやってます。しかし最近のレベルはものすごく高くなかなか入選できません。
この年末年始は晴れが続き何回か撮影に行けたのと撮影仲間の方々のアドバイスのおかげで久々にダブル入選することができました。
イメージ 1

イメージ 2

今回久々に投稿したのはヤフーブログの終了が告知されたからなんです。
8年余り書き続けた自分の記事も愛着がありますが、それはヤフーが移行サービスをしてくれて残せるようです。しかし問題は皆様から頂いたコメントがすべて消えてしまうらしいのです。私にとっての宝物はそれに他なりません。
移行したと同時にすべて消えてしまうとの事で悩んでしまいます。
とりあえずすべての記事をコメントごとダウンロードしています。
5月を過ぎると移行して消えてしまうブログも出てくると思うので皆様のブログもダウンロードして自分のハードディスクの中に大事に仕舞っておこうかと思っています。

時代の流れとは言えさびしいですねー。
と言いつつ私も最近は本名でFaceBookに投稿しています。とは言っても自分のタイムラインだけで日記のように書いているだけですが。そちらもよろしくお願いいたします。


チョコもらいました

女房と娘からチョコがもらえました。
これはその中の一つ。
天文ファンならもらう率が高いチョコじゃないでしょうか。

フーシェ オリンポスの煌き
イメージ 1

8個入っていて八つの惑星を表しているようなのですが…。
イメージ 2

名前は英語名とラテン語名が混ぜてあり惑星に詳しくない私には分かりづらいです。
特にこれが分かりませんでした。
イメージ 3
キューピッドって何?
他の名前で無かったのは火星だけなのでてっきり火星だと思ったら天王星の衛星だよと教えていただきました。
うーん…。なぜこれだけ衛星なの?

もったいなくてまだ食べていません。

イメージ 1
昨年末、30日から31日にかけて千葉県の荒木根ダムにぴんたんさんとビスタさんで撮り収めに行ってきました。
ダム湖が月明かりに照らされ、薄く漂う靄で幻想的な景色でした。
大晦日まで撮影に来ているなんて今年も思いやられるね。
私的には昨年は色々あった年でしたがいい仲間に囲まれ楽しい一年でした。
今年も変わらず天文を楽しめたらと思っています。
皆さんよろしくお願いいたします。
 
撮影に行った記事はたまに出しますが、処理を一向にしないですみません。
正月休みにたまった画像の処理ができたらと思っています。

ブログのご紹介

早い物で天文を再開してから10年になろうとしています。
ブログを始めてからでも8年になります。
再開後は星雲星団の直焦撮影ばかりやっていますが大変奥の深い世界でまだまだ分からない事だらけです。
機材整備。
撮影技術。
画像処理。
この三つがうまくバランスしなくてはならずなかなか大変です。
これからもどたばたと悪戦苦闘を続けていこうと思っています。
皆様よろしくお願いいたします。

H26年7月16日記
ちょっと体調を崩してしまい入院することになりました。
この新月は天文活動をすることができそうも無くこのブログもしばらく更新出来ないと思います。毎日見に来てくださる方には申し訳ありません。
皆様のブログは拝見していますしコメントもさせていただきます。
病気はたいしたことは無くうまく行けば8月の新月期には復活できると思います。
ただ重い機材での撮影はしばらく自粛するのでカメラレンズでの撮影中心となりそうです。
こんな写真を8月には撮影したいです。

ケフェウス座南部の散光星雲群
平成25年9月18日 茨城県常陸大宮市花立自然公園
EF100mmマクロIS F2.8→3.5 QSI540WS 冷却温度-10℃ 東西2枚モザイク
アストロドンLRGBHa(5nm)フィルター 
右 L 5分x3枚 RGB 各5分x1枚 Ha 5分x6枚 
左 L 5分x3枚 RGB 各5分x1枚 Ha 5分x6枚               合計露出時間 120分
ビクセンGPD スカイセンサー2000PC AGA-1によるオートガイド

H26年07月現在 使用中の機材

鏡筒
SE250N D250mmf1200mm ニュートン反射
R200SS D200mmf800mm ニュートン反射
BORG101ED D101mm f640mm 屈折
ε180ED D180mmf500mm

赤道儀
ビクセンGP-D
タカハシJP K-ASTEC改
ビクセンGP2

カメラレンズ
FD300mmF2.8L(EOS取り付け改造)
EF200mmF2.8L
EF135mmF2L
EF50mmF1.4
EF35mmF2
EF100mmマクロ
その他

カメラ
QSI540WS
starlight-xpressSXVR-H18

ブログのご紹介

早い物で天文を再開してから9年になろうとしています。
ブログを始めてからでも7年になります。
再開後は星雲星団の直焦撮影ばかりやっていますが大変奥の深い世界でまだまだ分からない事だらけです。
機材整備。
撮影技術。
画像処理。
この三つがうまくバランスしなくてはならずなかなか大変です。
これからもどたばたと悪戦苦闘を続けていこうと思っています。
皆様よろしくお願いいたします。


2013年6月9日撮影天の川中心部ですが霧のためモザイク予定の左側(東側)が撮影できませんでした。再撮影しようにも当分先になりそうです。
そこで昨年5月に同じレンズで撮影した画像と繋がらないか試したらうまくいきました。
ただ左側はCCDがSXVR-H18、右側がQSI540WSなのでピクセルサイズもCCDサイズもおまけにフィルターまで違うので相当無理やりです。
 
イメージ 1
 


H26年01月現在 使用中の機材

鏡筒
SE250N D250mmf1200mm ニュートン反射
R200SS D200mmf800mm ニュートン反射
BORG101ED D101mm f640mm 屈折
ε180ED D180mmf500mm

赤道儀
ビクセンGP-D
タカハシJP K-ASTEC改
ビクセンGP2(NEW)

カメラレンズ
FD300mmF2.8L(EOS取り付け改造)
EF200mmF2.8L
EF135mmF2L
EF50mmF1.4
EF35mmF2
EF100mmマクロ(NEW)
その他

カメラ
EOS KissD改(自作冷却改造)
冷却改造EOS Kiss DigitalX
QSI540WS
starlight-xpressSXVR-H18(NEW)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事