ここから本文です
SE250N+α 奮闘記
休んでいてすみません。

書庫天体写真

SE250Nで天体写真を撮りたい!その目標に向け、どたばたと奮闘する様を綴っていこうと思います。
記事検索
検索

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

第5回JAL楓林舎合宿

11月22日、第5回JAL楓林舎合宿が行なわれました。参加表明は早くに行なっていたものの体調不安からどうしようか考えていいました。
そこで徹夜の撮影に耐えられるか。機材テストを兼ねて18日火曜日に市内の小野小町の里へ撮影に出かけました。
この晩は一晩快晴。透明度も良くこの場所としては最高の夜空が広がりました。
 
イメージ 1
 
この日は平日と言うのにぴんたんさんとただよしさんが付き合ってくださいました。何があっても安心です。仲間というのは本当にありがたいです。
この晩は機材写真を見てくださるとお分かりのように新機材、ε130Dのファーストライトでした。ただよしさんが私の入院中に方々探してくださり楓林舎合宿に間に合うよう入手してくださったんです。鏡筒バンドはこの晩に間に合うよう事前にぴんたんさんが家まで届けてくださいました。皆さんお世話になりました。
ちなみに私のε180EDはただよしさんの元へ行きました。才能あるただよしさんは色々研究され、調整し、すでに私より良い像を叩き出しています。すばらしい画像の期待大ですね!
私はと言えば皆さんが無理をして機材を集めてくださっていたと言うのに何もせずこの日現場でε130Dの「開封の儀」をする始末。あきれられてしまいました。
バランスは取れないはスケアリングがずれているはでまともな画像が撮影できませんでしたが、何とかGPDでも撮影できる事は分かりました。一晩の徹夜撮影にも体調に異常は起きず合宿は大丈夫との最終判断も出来ました。後はこの晩出た不具合を合宿までに何とかするのみです。合宿がすごく楽しみとなりました。

11月22日、合宿当日
出かける直前までGPVを見ていたのですが、どうも今晩は晴れないようです。
でも晴れたら悔しいので機材一式車に積み込み11時30分に家を出発。南会津の楓林舎を目指します。常磐道、北関東道、東北道。白河ICで降りて甲子道路(かしどうろ)経由と言う一番楽なルートです。Z字型に行く事になり距離は長くお金はかかるのですが…。
常磐道に入ったとたん大渋滞です。
「何事!」と思ったら2車線をふさぐ車が何と2箇所も。2台がぶつかり500mほど離れて道の右と左をふさいでいます。そう言えば第一回楓林舎合宿の時も事故がありました。
イメージ 2
 
不安を感じつつ先を急ぎます。しかしその先は何の障害もなく渋滞も無く栃木県に入りました。狸の標識がアイちゃんの地元に近づいた事を知らせます。
順調に3時半には楓林舎に到着しました。この時の不安が最後に現実となってしまう事などこの時には分かるはずもありません。
 
もうすでに幹事役のmn3192さん、JAL総裁のOLG100さん、ただよしさん、初参加のいーぐるさんがおられその後も続々と仲間が集まってきました。
最終的にはOLG100さん、mn3192さん、ぴんたんさん、RUKUさん、ビスタさん、sora-canさん、としさん、ただよしさん、シュミットさん、モカのパパさん、いーぐるさん、ATSUJIRODESUさんと奥様、私の14名が集まりました。何と全員ヤフーブログでおなじみの方々です。
広場の思い思いの場所に機材を展開しました。これだけの人数の20台近い機材が並ぶと壮観です。さして広くない広場は機材でぎっちりとなりました。空は予想に反し雲ひとつ無い快晴!このまま朝まで晴れて欲しいと願います。
 
そしてななつがたけ北天文台オーナー1さんも加わって合宿のもう一つの楽しみ、夕食&ぴんたんさんの最優秀祝いです。楓林舎Mさんの心づくしの料理が並びます。岩魚のから揚げ、ビーフ赤ワイン煮、絶品でした。ダイエット中の私も思わず残さず食べてしまいました。うまかったー。
イメージ 3
Mさんはお祝いにシャンパンを振舞ってくださいました。
楓林舎は薄明に合わせて食事やお風呂の用意をしてくださり朝もゆっくりできると言う天文屋にとっては夢のような宿です。皆さんも関東圏随一の空、南会津に撮影に行かれる際はぜひご利用してください。
天気が悪ければこのまま朝まで宴会の勢いでしたが、外は雲ひとつない快晴。薄明終了前というのに天の川がもう見えています。皆さんそわそわしだします。
 
食事が終わるとすぐに撮影開始!
広場は足の踏み場がないくらい機材でいっぱい。下手に歩くと危険です。
ぴんたんさんのツインシステムとモカのパパさんの巨大屈折が目を引きますね。
 
イメージ 4
 
私はε130D+EF100mmマクロISの2台体制です。
イプはバランスが取れるようにし、フードと乾燥空気システム、バーチノフマスクを大急ぎで作りました。奥はビスタさんととしさんです。
イメージ 5
 
撮影は順調でしたが、スケアリングがいまいちでした。レーザーで合わせたのですがおかしいなぁ。左隣はいーぐるさんです。話題のカールツアイス135mmでしたがガイドの調子がおかしく苦労されていたようです。
イメージ 6
 
オリオンも上ってきて撮影は佳境に。としさんの鏡筒はオリオンを向いていますね。傑作をお待ちしています。
イメージ 7
4時ごろちょっと雲が通過したようですが、私は寝ていたので気が付きませんでした。おおむね快晴だったようで良かったです!
 
恒例の撮影風景星空動画です。望遠鏡って結構激しく動くのですね。5時間分くらいの動きです。右で忙しく動かれているのはいーぐるさんです。ノータッチでうまく撮影できましたでしょうか?
 
 
撮影は何事もなく終わり薄明を迎えます。と、同時に怪しい雲が広がりました。
朝日で機材を乾かそうと思っていましたが大急ぎで撤収開始。
私が最後までもたついていたのですが、何とか雨が降る前に撤収終了できました。
なんと言う奇跡的な一夜だった事か!
撮影中は雲ひとつなく撤収終了と同時に雨ですから運が良いにもほどがありますね。きっと参加者の誰かの行いのよさなのでしょう。
その後用意された暖かい風呂に入り暖かい布団で仮眠を取ります。
なんと言う贅沢か。天文屋の天国ですね。
 
10時に遅い朝食が用意されていました。
皆で昨夜の成果などを話しながら12時までゆっくり食事です。アイちゃんとアイちゃん師匠からびっくりするくらい大きな梨の差し入れをいただきました。昨年もおいしいケーキをいただき毎年ありがとうございます!なしは大きいのにみずみずしく甘くとてもおいしかったです。「にっこり」と言うのですか?日光梨でしょうか?お心遣いありがとうございました。
 
そして皆で来年の開催を約束し、楓林舎に仮予約も入れて解散。
ぴんたんさん、RUKUさん(としさんかな?)、ただよしさん、OLG100さん、私は近道を教えてもらうために白河ICを目指し、その他のメンバーは塩原ICを目指されたようです。
いや、ぴんたんさんの道案内の早いこと。あやうく置いてけぼりを食らうところでしたが親切なただよしさんが待っていてくれて助かりました。
その後高速で皆と別れ私は途中で東北道から北関東道に分かれ3時には帰宅できました。楽しい2日間でした。皆さん来年もまたよろしく…。
 
となる所だったのですが、最後に大変な事が起きてしまったようです。
シュミットさんが東北道で居眠り運転の車からもらい事故を受けられてしまったそうなのです。私は現場前に北関東道に入ったので分かりませんでしたが、幸いただよしさんとATSUJIRODESUさんが通りかかりシュミットさんをご自宅まで送られたそうです。シュミットさんにお怪我はなく機材もほとんどご無事だったようで不幸中の幸いでした。シュミットさんお体はあれから大丈夫でしょうか?これに懲りず来年もぜひご一緒させてください。

10月28日花立遠征

 昨夜10月28日に久々に遠征に行ってきました。
やや風が心配な予報だったためどんな時でも風が弱い花立です。
平日の晩と言うのに鉄人、新鉄人の皆さんが当然のごとくお付き合いくださいました。
終夜雲一つ無い快晴!
風もほとんど無いのに結露もまったく無いすばらしい晩でした。
栃木のKさんには大口径ドブで色々な天体を見せていただきました。
いつも思うのですが、眼視派の皆さんの導入のすばやさ。まるで人間ステラナビゲーターです。いや自動導入より早いですね。超能力です。
楽しい晩でした、皆さんまたよろしくお願いします。
 
 
最後のころ私は車の後ろに座ってストーブにあたり熱いコーヒーを飲みながら電子タバコをふかしています。
せっかくの星空、もっと星を見ていれば良いのにね。
ちなみに右からぴんたんさん、ただよしさん、Kさん、sora-canさんです。
うちの庭では最初の部分食は見えないので皆既のみ撮ろうとしていたら見事にその間のみ曇られました。
 
とりあえずいつもの撮影風景動画です。撤収まで撮ってます。
 
 
雲が出ている間は家の中にいたので動画が切れているのが分かりませんでした。
満月に戻るとすごく明るいのが分かりますね。
 
食最大(あたり)と食終了(付近)の色の違い
BORG76ED直焦点(500mm) EOSX4(ノーマル) 
食最大 ISO100 10秒 食終了1/60秒
                   
イメージ 1
 
15日追記
 
イメージ 2

9月20日、22日朧滝遠征

皆さんお久しぶりです。
5月末の撮影以来天文から離れていて何のネタも無いためブログが放置状態でした。すみませんです。
 
さて、この不安定なお天気も一段落したようでようやく新月と晴れが一致してくれました!ここ数日皆様も撮影に出かけられたと思います。
私もほぼ4カ月ぶりに撮影に行ってきました。
 
まず9月20日土曜晩、朧滝に行きました。
この日の予報は最初悪かったのですが、夜が近づくにつれ良くなり結果的に一晩快晴で風も無く透明度も良く最高の空でした!
この日の朧滝にはぴんたんさん、RUKUさん、sora-canさん、ただよしさん、シュミットさん、ひたちなか市の方、と私を含め7名の方が集まりにぎやかで楽しい夜を過ごす事が出来ました。
私は久々と言う事でEF100mmマクロISとGPDでリハビリです。
おうし座の方向を狙いました。
 
イメージ 1
PowerShotS120 ISO3200 15秒 F1.8開放 5.2mm
 
昨夜、22日も朧滝方面のGPV予報は真黒です。
これでは行かないわけにはいきません。
仕事が終わるのを待ちかね朧滝に出発。
22時ごろ朧滝に到着したら前の車も入って行きました。なんとマルさん。
朧滝にはすでに東葛星見隊のFujimakiさん、Shimizuさん、RUKUさん、sora-canさんがいらっしゃり他にも5月の連休にここでお会いしたひたちなか市の方とつくば市の方、そしてなんと初めてお会いするヤフーブロガーのjamesさんも。他にも一人の方がいらっしゃり計十名の方がご一緒です。20日にもまして賑やかな夜となりました。
天候はやはり予報通り一晩快晴で風もありません。しかし透明度は20日の方が良く少し白っちゃけた空で明け方霧も出ました。でも天の川もきれいに見えていたので贅沢を言ったらバチが当たりますね。
機材はやはりEF100mmマクロで同じおうし座。モザイクで広い範囲を撮っていたのですが、計画が甘く4枚モザイクでは入りきれませんでした。完成にはもう一晩必要なようです。
 
この晩はPowerShotS120で星空動画を撮ってみました。
一番左手前が私。マルさん、jamesさん、Fujimakiさんが写っています。
皆さんコマネズミのように動き回ってますね。
 
 
星空動画を撮影すると長時間のため結露してしまい、結露対策が必要だったのですが、RUKUさんのアイディアで扇風機を使用。画面の外から弱い風を当てるだけで見事一晩結露しませんでした!これはお手軽で良い手ですよー。扇風機は乾電池で動く安物で十分です。
 
と言うわけで2晩撮影を楽しめました。
でもやはり久々なためへまばかりして作品にはなりそうもないです。もう一晩の快晴が必要です。今週末台風一過の良い空が来るといいですね。
 

デネブ周囲の散光星雲

6月1日に天狗の里でEF100mmマクロIS+QSI540WS により撮影した画像です。
撮影時間の足し算を間違えモザイク片方の撮影時間が足りなくなりました。
またヒーターの電源を繋ぎ忘れ、レンズが結露するというさすがの私でも初めてやるミスもしました。イプシロンの方は忘れず乾燥空気を送っていたというのに。そのイプシロンはフィルターなしで延々と撮影していたわけですが。
いくら私でもこのミスの多さは記録です。きっと神様が私の一番の弱点である脳を操作され起こされたミスに違いありません。
あまりに皆さんトラブルが続くので帰りにお参りしてきました。夜が明けてみると駐車場のすぐ脇に社殿があったんです。
そのおかげでしょうか、あれだけのミスがありレンズははっきり曇っていたのですが何とか処理する事が出来ました。しかしムラがひどく輝星もにじんでおり、モザイク左側は枚数不足でノイズがひどくかなり苦労しました。次回からは撮影前にお参りが必須と思えます。

デネブ周囲の散光星雲群

千葉県銚子市天狗の里
右:2014年5月31日 22時24分〜6月1日1時50分 
左:2014年6月1日 1時54分〜3時12分         
EF100mmマクロIS F2.8→3.5 QSI540WS 冷却温度-15
アストロドンLRGBHa(5nm)フィルター 
ビクセンGPD スカイセンサー2000PC AGA-1によるオートガイド

右 L 5分x8枚 RGB 各5分x3枚 Ha10分x12枚 (205分)
左 L 5分x3枚 RGB 各5分x2枚 Ha10分x3枚   (75分)       合計露出時間  280分(4時間40分)

イメージ 1

撮影データで左側はLが3枚になっていますが、それではあまりにノイズが多かったのでR、G、Bフィルターで撮影した画像も加算してL画像としています。アストロドンのフィルターにはハロが出ないので星像をあまり悪化させずにすみました。Lフィルターに換算すると合計で5枚分ぐらいになっていると思います。
RGBは2枚づつで不安でしたが案の定Rフィルターに一枚に一本づつ人工衛星が写り込みました。人工衛星のみマスクし加算平均する事によりほとんど目立たなくなったのは幸運でした。これだけで済んでよかったです。

このままではあまりに細長すぎるのでプリントする時には適当に左右をトリミングする事になると思いますが、そうするとますますRUKUさんの画像に似てきます。
RUKUさんの素晴らしい画像とはいつもかぶってしまい困っています。RUKUさんの方がやや焦点距離が長いのですが、その分撮像素子が広く出てきた画像の画角がほぼ一緒なのです。対象の好みも似ているのかもしれませんね。

10日追記:ちょっとコントラストをあげ左右をトリミングしてみました。

イメージ 2




全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事