メイキングオブMACKYsハンドメイドお洋服&手作りアクセサリー

ただ今ブログやツイッター、リアルで貧困離脱お金儲け作戦を実行中のためご訪問リコメが遅れたり出来なかったりしております。すいません

全体表示

[ リスト ]

 この世で、生きながらえていくためには、知っていなければならないことがある。
 
 国民、市民、庶民、平民、人民、大衆、民衆、民草、一般人、民間人、それぞれ多少ニュワンスが異なる言葉だが、この社会の支配層ではなく、反対側の、支配されている人たちを表している。
 支配されている人間にとって、知っていなければならない最も重要なことは、支配されているという事実だ。
 支配されているという現実が解らなければ、知らないままずっと支配され続けていくし、どんどんひどく支配され、搾り取られ、奪い取られ、最後には押しつぶされ棄民されることになる。
 この社会では、支配していることも、支配されていることも、実に巧妙に隠されている。
 解らないように、感じないように、考えないように、さらに、支配という言葉すら嫌悪感をいだき忌諱するように、徹底的に隠されている。
 
 どういう風に隠されているかといえば、極めて大仕掛けの長期間の広告・宣伝・教育によってである。
 新聞・雑誌・書籍・テレビ・ラジオ・映画などマスコミに組み込まれた広告宣伝だけではなく、教育・学術・医療を始めとする国家の諸政策を通じて、周到に徹底的に、支配の事実を見えなくし、知らないまま一生を送るように誘導している。
 甘美な心惹きつけるモデルによって、欲望させ願望させ希望させ、「支配の現実」から目をそむけさせる。
 具体的にスタンダード化された規範を演出し、そこに到達させ満足させ安住させ、「支配の現実」を感じなくさせる。
 恫喝でも強制でも指導でもなく、自らの意思で進んで喜んで「支配を受け入れ」「支配されていく」国民を作り出すのである。
 社会的常識、世間の道理、みんなの当たり前、という形を取りながら、知らず知らず自然に洗脳していくのである。
 極めて幼い時期に、洗脳の種を植え付けられてしまうと、以後はそれが自己増殖していき堅固な思い込みに育つ。
 家族が、近所が、学校が、会社が、世間が、それに染まっている以上、それに気が付くことも、それから逃れることも、ほとんど起こり得ない。
 
 これは想像だが、おそらく明治維新以前の日本人にとっては、小さな子供であっても、「支配している」「支配されている」という意識は非常に明確であったのではないかと思う。
 その意識からお互いの限界点が導き出され、平和的に棲み分けしていく知恵が育まれ、分相応の生活を守っていく暗黙のルールが存在したのではないだろうか。
 人力を中心とする過酷な労働環境や、自然災害疫病などの厳然な自然環境であっても、生活生産手段の自給自足度が高く、農村社会での緊密な共同体意識も強く、「支配」はされていても自主自立の誇りが持てる、存外幸福な一生を送ることができたのではないだろうか。
 「お上」(武士政権)は、本来的に武力によって勝ち取られた私権力であって、「安全と秩序を担保する」という一点において、必要悪として許容され、公権力として認知されているにすぎない。 
 そもそも政権樹立の原動力が、下層武士とそれを支える農民の「安全と秩序に対する希求」であって、権力の支配の限度と、安全と秩序へのコストとが、バランスしないと政権の根幹が崩れる。
 「お上」みずからが社会を混乱させ安全と秩序を崩壊させる場合、「お上」が外敵・内敵の混乱を処理し社会を安定させる能力を欠く場合、「お上」が支配力を強め貪欲に収奪する場合、「お上」に対抗して闘いそれを許さないという、毅然とした意識が存在したような気がする。
 
 尊皇攘夷をスローガンにした明治維新は、民族主義と国民国家の概念を利用することで、天皇制を看板にした、官僚による中央集権絶対権力の官僚王朝を造り上げた。
 税の貨幣での徴収、直轄常備軍の創設、公安警察の整備、官僚官吏の育成と管理、法律の拡充、教育制度の確立、近代産業の育成、などなど官僚による国民支配を根幹とする新国家が誕生した。
 また、政府による産業育成は、官僚主義と資本主義の合体を促し、官僚に密着した財閥を生み出した。
 同時に、帝国主義列強に対抗して、富国強兵に力を注ぎ、軍事帝国主義国家として海外侵略を推し進めた。
 
 さらにその後、第2次世界大戦後も、責任を総括することなく官僚王朝組織を温存させ、アメリカの傀儡としてアメリカの世界戦略に迎合した、官僚主導の自由主義経済国家を造り上げた。 
 経済成長と生活向上と民主主義をスローガンにして、行政指導という名の官僚による支配を推し進め、自民党長期政権で政治家と一体化し、庇護と権益を求める財閥と結託して、輸出至上の大企業中心の経済第一の国家構造を組み立てた。
 経済成長と経済拡大は実現できたが、だぶついた貿易収支の黒字は企業に滞留し、大量の金あまりは、実体経済を弱体化させ実体経済から遊離させ、拝金主義とマネーゲームに進ませ、バブル現象をまき起した。
 官僚の堕落と質の下落は、アメリカの傀儡としての実態をさらけ出し、アメリカの要求に服従し、通貨操作とアメリカ国債買い入れで、膨大な国富を貢ぎ、さらにアメリカ言いなりの経済政策を実行し続ける、売国官僚となり果てた。
 
 欲望を糧とする資本主義社会では、欲望を喚起し願望実現行動を実行させるために、広告宣伝教育が特に重要になり、それを担うマスコミが人心と世論を誘導する。
 官僚と政治家と財閥はマスコミを支配することによって、間接的に強力に経済と政治をコントロールする能力を獲得したのである。
 資本主義と民主主義の幻想を撒き散らし、目くらましと洗脳で愚民化を推し進め、支配の現実を隠しながら国民を強固に支配管理している。
 
 1%の支配者と、その手下となっている20%の走狗、これが支配層の実態だ。
 税金と法律の仕組みで飯を食う、政治家官僚官吏を始めとするいわゆる親方日の丸衆、財閥が支配する基幹産業企業の管理職群、自己の才覚でのし上がったと自惚れるブラック企業のオーナーたち、彼等は権力と権益と権威によって巨大に見えるが、最大20%の少数派でしかにない。
 幻覚の目くらましの広告宣伝教育を牛耳るマスコミと、上意下達の官僚組織システムによって、いかにも強固に演出されているが、支配層の実態は、実働の中身を欠く根無し草の寄生種族でしかない、国家の権力と、税金の権益に群がり、口先だけの弁舌で、国民の富を貪り食う無為徒食の寄生種族でしかない。
 経済環境が悪化し、ノーマルな経済活動での収益が激減した現在、支配層は、国家権力と税金権益とに依存する傾向を強め、増税と国債の乱発によって、国民からの収奪を膨張させている。
 
 一番の問題は、80%の支配されている人々の意識だ。
 無知、無関心、無自覚、無感性、無気力によって、支配されている現実にも気が付かないまま支配され続け、はなはだしくは何の見返りもなく、一方的に支配者たちに支持協力して自分自身を支配されてしまっている。
 
 知らないということほど、悲惨なことはない。

転載元転載元: 脱原発

閉じる コメント(4)

顔アイコン

こんにちは。ブログ管理人の針金巻奇子です。

微力ながら“はなたか爺”様から
この記事をお借りしてご協力&転載させて頂きました。

詳細など詳しくは、転載元にお尋ねください。

私の方は、相変わらず超絶ギガ貧乏から抜け出す秘密作戦を実行中で
何かと多忙すぎるのでコメントの返信などに手が回らない状態です。

しばらく1〜2年はこの状態が続きそうです。
ごめんなさいm(_ _)m

2013/9/8(日) 午後 7:22 針金巻奇子ハンドメイド手作り陰謀

顔アイコン

支配」たしかにだと思います。ただこちらも地方の投票率40%もいかなかったですね。民主主義、資本主義、国家主義、民族主義〜宗教問題にグローバル化〜近代は終わった、ポストモダンなんて言葉もいまは言わないんでしょうか。テレビで「教養がじゃなしてスイマセン」なんてセリフがありましたけど「教養」が価値がなくなる時代かも。ぼくも「教養」なんて意識してなかったオジサンなんで。

2015/6/6(土) 午前 7:30 ウイン

顔アイコン

森羅万象の自然から 教えられる 教養もあるでしょう、教養が邪魔する という言葉もあります。知識を 教養と言い替えられるとしたら 物事は 沢山知っていたほうが良いかと 思います。

2015/12/29(火) 午後 2:59 [ mitu ]

顔アイコン

選挙はいつも反体制派に入れていたが、なぜいつも自民党が勝つのかなぞでした・・・。自民党が何をやっても選挙で勝つ・・・。小泉の野郎が経済格差拡大政策やったおかげで、いまの若者は貧困層になっている・・・。選挙投票率って、そんなに低いわけないでしょ?投票率まで操作している、日米安全委員会・・・。

2016/9/14(水) 午後 6:58 [ もきゅ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事