メイキングオブMACKYsハンドメイドお洋服&手作りアクセサリー

ただ今ブログやツイッター、リアルで貧困離脱お金儲け作戦を実行中のためご訪問リコメが遅れたり出来なかったりしております。すいません

全体表示

[ リスト ]

今日のRK・リチャードコシミズさんニュースピックアップ☆彡

少しお勉強

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201401/article_48.html


(1)貧困大国アメリカを追いかける日本


東洋経済オンライン 1月10日(金)8時0分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140110-00028041-toyo-bus_all

はたしてアメリカは、ほんとうにインフレで幸せになったのでしょうか。

アメリカは国民が金融資産の半分以上を株式でもっている国ですから、
単純に考えれば、「株価が上がることは、
国民の金融資産が増えること」を意味しています。
しかし実際には、一握りの富裕層が
金融資産の平均保有額を押し上げているだけで、
国民の大半は金融資産をあまりもっていないという状況にあります。

■ 株価を上げることで、景気回復を図るのは邪道

株価が上がり続ける一方で、国民の所得はなかなか増えず、
しかも物価が上がり続けているということは、
名目以上に実質的な所得は減る傾向にあり、
国民生活が苦しくなりつつあることにほかなりません。

FRBのバーナンキ議長は「原因」と「結果」を取り違えました。
景気回復の結果として株価が上がるのが経済の正しい道筋であり、
株価を上げることで景気回復を図るのは邪道
というほかありません。
邪道な政策ではどこかに無理が生じるものです。
その副作用として、格差の拡大がより深刻になったのです。

「本当の景気回復」とは、株価や企業収益ばかりが高くなり、
格差拡大を進めることでは決してありません。
国民の生活が向上し、国民が景気のよさを実感できることではないでしょうか。
アメリカのインフレ推進派の経済学者は、
現実を直視して、もう一回考え直す必要があります。

もちろん、日本のリフレ派の経済学者も考え直すべきです。
アメリカと同様に、通貨安や株高を先行させたとしても、
「ほんとうの景気回復」など達成されるわけがないからです。

むしろその副作用として、アメリカのように家計が
疲弊してしまう可能性が高いことはいうまでもありません。

「株価の上昇だけではない。金融緩和は低金利を促し、
企業の設備投資も増やすはずだ」。リフレ派はこう反論するかもしれません。
確かに、日銀が2013年4月から行なっている
異次元金融緩和後の4〜6月期のGDPでは、
民間設備投資は前期比で1.3%増と6四半期ぶりにプラスに転じました。

しかしそれは、建設業が26.0%増、不動産業が20.1%増と
大幅な伸びを示して全体を引っ張ったためで、
大型補正予算における公共工事の増加によるものが大きいのです。
肝心の製造業は9.1%減と3四半期連続で減少しました。
設備投資増加の中身は、じつは寂しいものなのです。

■ 円安でむしばまれる家計

2012年の対ドル平均為替レートである79円から
100円前後まで円安が進んだことにより、
期待されたように輸出量が増えたかといえば、
貿易統計の推移をみているとそうでもないことがわかります。
1年以上も前年割れを続けていた輸出数量は、2013年7月にようやく前年比で
1.8パーセント増、8月も1.9%増となりましたが、
9月は再び1.9%減とマイナスに転じ、一進一退が続いています。

円安は輸出企業の採算にはプラスですが、輸出数量が伸びないのでは、
設備投資が増加する見込みはきわめて薄いでしょう。

量的緩和をし、円安にしたところで、顕著な需要の増加が見込めなければ、
賢明な日本企業が設備投資に動くはずがありません。

雇用環境は若干の回復を見せていますが、
これは量的緩和の成果ではないでしょう。
2013年7月の完全失業率は3.8パーセントで、4年9カ月ぶりの低水準となりました。
ここでも数字だけを見たら、雇用環境が大幅に改善しているように見えます。
ところが、被雇用者数の増減を雇用形態別でみると、
契約社員、パートタイマーをはじめとする
非正規の雇用者数が2013年初めから大きく増える
一方で、
正規の雇用者数は減少傾向をたどっています。

それを裏付けるように、4〜6月期の労働力調査でも、
非正規雇用で働く人は1881万人となり、
四半期ベースで2002年の集計開始以来最多となっています。
要するに、アメリカと同じように、日本でも
雇用の質の劣化が始まっているかもしれないのです。

問題の家計の疲弊について話を戻すと、値上げは
コスト・プッシュ型(コスト高による値上げ)と
デマンド・プル型(需要増による値上げ)の二つに大別されますが、
アベノミクスが招いたのは明らかに前者のコスト・プッシュ型です。

円安の進行が、コスト・プッシュ型の物価上昇をもたらしています。
消費者物価を押し上げている最大の要因は、
電気代、ガソリン代、ガス代といった輸入エネルギー価格の上昇にあるからです。
円安は日本の家計を確実に蝕みはじめているのです。

象徴的なのは、国が買い取る価格が
そのまま国内価格に反映される輸入の小麦価格です。
すでに2013年4月に9.7パーセントの引き上げをしているにもかかわらず、
同年10月にはさらに4.1パーセントもの引き上げが行われました。

その後もマヨネーズ、ハム、パン、食用油など
家庭の必需品の値上げラッシュが続いていますが、
結局のところ、日本もアメリカと同じく、物価は上がっても
給料は上がらないという悪いインフレになる可能性が高いのです。
給料が上がるのは、一部の大企業だけでしょう。

おまけに、インフレは貯蓄好きな日本国民の貯金を
実質的に目減りさせることになります。

その一方で、外国人投資家は日本がインフレ国家になることを期待して、
日本株の保有比率を高めてきています。

そのせいか、日本企業の株主重視の傾向が強まってきており、
労働分配率を引き下げて、利益率を引き上げようと考える企業

増えていく可能性があります。
配当増や自社株買いで株主に報いようと強く考える企業が増えれば増えるほど、
労働者を「使い捨て」にする企業が増えるリスクは高まっていくでしょう。

国民の暮らしはだんだん悪くなる一方で、
一握りの金持ちや大企業はまったく痛痒を感じていません。

その先にあるのはおそらく、「アメリカ型社会」の到来です。
安倍首相と黒田日銀総裁は、本人たちは意識していないかもしれませんが、
日本をそのような社会に導こうとしています。

国民の6人に1人が貧困層、国民の3人に1人が貧困層
および貧困層予備軍に分類されるアメリカ、人口の2人に1人近くが
ワーキングプアの状況にあるアメリカは、まさに「貧困大国」です。
そのいびつな姿が、日本の未来になることを決して許してはいけないと、

私は強く思うのです。

1月に出版される新刊『インフレどころか世界はこれからデフレで蘇る』(PHP研究所)
では、リフレ派が反論や反証できないほど、
日本にとってこれ以上の円安が害であることを証明しています。
昨年12月に出版された
『トップリーダーが学んでいる5年後の世界経済入門』(日本実業出版社)とともに、
興味のある方はぜひご覧いただければと思います。
.
中原 圭介

(2)共産主義=国際金融資本家


http://nipponjine.exblog.jp/12640281

共産主義と聞くと、もう過去の物と感じられると思います。本当にそうなのか?
共産主義の組織でコミンテルンというのがあります。

Wikipediaを見ると
コミンテルン
共産主義の国際組織である。1919年3月、モスクワで結成された。
この組織は 「世界のブルジョアジーを打倒するために、
さらに国家の完全な廃止に向けての過渡的段階としての
国際的ソビエト共和国の建設のために
軍事力を含むあらゆる可能な手段によって」 戦うことを意図していた。


とあります。

国家の完全な廃止  国際的ソビエト共和国

世界単一政府  ワンワールド とよく似ています。

以下のような記事があります。

「一九一七年四月、ヤーコブ・シッフは、
自分の資金援助のおかげでロシアの革命は成功したと公式に宣言している。
同年春、シッフはトロツキーに補助金を交付しはじめた・・・。
シッフはツァーを倒すために何百万も出し、
ケレンスキー打倒を可能にするためにはもっと多額の金を投資した。
ボルシェヴィキの本当の性格が世界に知れわたってかなりたっても、
彼は金をロシアに送りつづけた。


http://satehate.exblog.jp/11218656/

※この他にも有名な資本家が資金を提供している。

実は・・・共産主義=国際金融資本家
 

驚きませんか?私は驚きました。
共産主義と資本家は対立するものです。なぜ?と思います。
よく考えてみると共産主義は私有財産という概念がありません。
すべての財産は共産党が管理します。政権は一党独裁です。
国民が不満を持ち、刃向かおうにも警察も、軍隊も党の味方です。
これが資本家のものだったらすべてを効率よく独占でき彼らの目的に合致します。

コミンテルンは、この国際金融資本家の目的を
達成するために設立され1919年〜現在まで暗躍しています。
日本も深く侵食されています。現在も....。

(3)グローバリズムと共産主義は同根である


2013−10−03 09:57:40

http://ameblo.jp/duloxetine/entry-11626883549.html

馬渕睦夫先生の著書をまだ拝見していないので、
はっきりと書くことはできませんが、
「グローバリズムと共産主義は同根」である
という主張にはショックを受けました。

真偽もわからないのにショックを受けるというのは
変な話なんですが、言われてみるとそう考える方が
理にかなっているように思います。

「グローバリズム」は資本主義だから「共産主義」
とは違うというのは全く皮相的な見方です。
どちらも全世界的な支配を目的とするものですから、
同根であると考えると腑に落ちます。

共産主義国家は70年以上持ちこたえたことがありません。
それはなぜかというと「共産主義」というのはある種の実験だからです。
つまり人為的な産物なのです。
一握りの特権的な階級の人間が
圧倒的多数の人間を支配する構造は長く続かないということでしょうか。
人間から精神性(宗教)を取り上げ、物質主義に
落し入れ、庶民は特権階級から支配される。
資本主義が資産家が労働者を搾取すると言われて
いますが、資産家は多種多様に存在します。
しかし共産主義での特権階級はただ一つです。
それが富を独占するわけです。

グローバリズムも国家という枠を超えて、
世界を統一した規則で縛ります。

それぞれの国家意思などはその下にあります。これは
よりよい形の「共産主義」というか、
よりよい形の「世界支配」ということに
なるのではないかと思います。
「国家の自決」「民族の自決」は許されない
ことになるのでしょう。

グローバリズムの親玉は国際金融資本つまり
ユダヤ系の金融資産家たちということに

なるのでしょうか。
自分たちが特権階級に属し、国境のない
世界を自由にできる。長らく帰る国の
なかったユダヤ人たちが夢見るのは
当然だと思います。

しかしグローバリズムは本当に成功するのでしょうか。
その前に第三次世界大戦が起こるかもしれません。
その結果グローバリズムが勝利するのか、
焼け野原からそれぞれの国家が復興するのでしょうか。

結果はわかりませんが、グローバリズムが
必ずしも勝利するとは言えないと思います。
またもや日本だけがグローバリズムに立向かい、
国際金融資本を粉砕する宿命にあるのかもしれません。

プーチンが大統領の地位にある間に
ロシアと協力する体制を作って
おいた方がよいと思います。



(4)阿修羅♪ > カルト12 > 480.html   

1917年のロシア革命や1949年の中国建国は、
国際金融資本勢力が主導していた。
その後、ソ連と中国で1億3500万人が虐

http://www.asyura2.com/13/cult12/msg/480.html
投稿者 バビル3世 日時 2013 年 10 月 27 日 11:39:10: ShsAFfmEJ⅟jg

1917年のロシア革命や1949年の中国建国は、
国際金融資本勢力が主導していた。
その後、ソ連と中国で1億3500万人が虐殺された。

1914年、第一次世界大戦(ー1918年)
1917年、ロシア革命(国際金融資本勢力が主導)
1918年、共産主義となったロシア新政府の
人民委員384名の人種構成が発表された。
(黒人2名、ロシア人13名、中国人15名、
アメリカ人22名、ユダヤ人330名、他4名)

1939年、第二次世界大戦(ー1945年:ソ連の死者2000万人)
1949年10月、中国建国(国際金融資本勢力が主導)

>>> 毛沢東時代の犠牲者 7300万人
・体制によって暴力的に殺された人:1000万人(50万人はチベット人)
・「反革命派」としてラーゲリに収容され死亡した人:2000万人
・1959年の「大躍進期」に餓死した人:4300万人

>>> ソ連時代の犠牲者 6200万人
1997年11月6日、モスクワ放送は「10月革命の起きた1917年から
旧ソ連時代の87年の間に6200万人が殺害され、
内4000万が強制収容所で死んだ」と放送した。

(5)新自由主義を通じて進む共産主義革命

http://www.millnm.net/qanda4/57iqMRZbMaR1645889.htm

(1)
格差社会が広がると言われている。

自由には格差がつきものである。

学生時代に模擬試験をたくさん受けた。

成績優秀者は名前が出る。

学生がどのような点数を取るかは努力と才能次第である。

つまり、学生にはそれぞれ自由がある。

勉強をしないで遊ぶことも自由。
(もちろん、保護者や学校が許さない場合がほとんどだが)

自由の代償は、格差である。

だから、自由社会は基本的に格差を容認しなければならない。

格差を悪とすると、自由を制限せざるをえない。

学生に成績の差があることが悪いということになれば、
勉強ができる生徒の勉強時間を強制的に減らすなどしなければならなくなる。

もしくは、点数の高い人の点数を低い人に割りふるとか。

そんなのは馬鹿げている。

自由経済市場において、所得に差が生じるのは不可避である。

だから、年収1億円の人もいれば100万円の人もいる。

それは仕方がない。

100万円の人は、病気や高齢でない限り、
収入アップのために努力すべきである。

(2)
今、TPPを推進しているウォール街のグローバリストたちは、
規制を撤廃して、格差社会をもたらそうとしている。


竹中などの新自由主義者は、彼らの先兵であるが、
実は、新自由主義とは、自由主義ではなく、独占主義である。

これは、競争によって頑張った人が儲かる社会を目指すというより、
世界の富の偏在を目指す運動である。

言葉に騙されてはならない。

だから、彼らは隠れ共産主義なのである。

共産主義も騙しの言葉であり、「共に産する」ではなく、
「一点に富を集中させる」ことを狙った独占主義である。

共産党だけが豊かになる仕組みである。

共産主義革命は、ユダヤ系国際金融資本家たちが資金援助した。

アメリカのユダヤ人資本家ヤコブ・シフは、
このトロツキーのグループを支援していた。

そのときロシアは、ドイツとの戦争の真っ最中であった。第一次世界大戦である。
ドイツの方面からも、レーニンのグループがロシアに入った。
このグループもまた、ほとんどがユダヤ人だった。
10月革命は、アメリカとドイツの金によってユダヤ人が実行した革命であった。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1422221584

共産主義革命は、ユダヤ国際金融資本による富の独占を目指した革命だった。

外交において自由主義覇権論をとなえ独裁政権の直接の武力介入による
転覆などを擁護する急進的な集団である新保守主義者(ネオコン)は、
ユダヤ人の集団であり、もともとトロツキストだった。
http://p.tl/jOz5

それゆえ彼らが経済理論として持つ新自由主義とは、
本来の意味の自由競争社会ではなく、独占を目指すものである。

だから、新自由主義とか新保守主義は、共産主義の新しい形態、
いやむしろ擬態であり、その根底には、
ユダヤ人金融資本家による世界の権力と富の集中というグランドデザインがある。

(3)
再建主義が目指す自由主義とは、このような邪悪な偽装自由主義ではない。

再建主義は、聖書の契約主義に基づく。

契約主義とは、人々の集団、
つまり、家庭、地域社会、国家、そして国際社会などを、
有機的な連関を持つ一つの法的人間としてとらえる。

人間にとって、頭が重要だから手足はどうでもいいということにはならない。

それと同じように、家庭の中のあるメンバーが苦しめば全体が苦しむ。

国家の一部が苦しめば、全体が苦しむ。

東北で震災が起きれば、他の地方も苦しむ。

聖書は、社会をこのように有機体とみなす。

だから、新自由主義の弱者切り捨ては、聖書的ではない。

(4)
イエスは、「富を蓄えて満足する」金持ちの青年に対して
「持ち物を貧しい人に分け与えなさい。その上で私についてきなさい」と言われた。
すると、ひとりの人がイエスのもとに来て言った。
「先生。永遠のいのちを得るためには、どんな良いことをしたらよいのでしょうか。」
イエスは彼に言われた。「なぜ、良いことについて、わたしに尋ねるのですか。
良い方は、ひとりだけです。もし、いのちに入りたいと思うなら、戒めを守りなさい。」
彼は「どの戒めですか」と言った。そこで、イエスは言われた。
「殺してはならない。
姦淫してはならない。
盗んではならない。偽証をしてはならない。
父と母を敬え。あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」
この青年はイエスに言った。
「そのようなことはみな、守っております。何がまだ欠けているのでしょうか。」
イエスは彼に言われた。
「もし、あなたが完全になりたいなら、
帰って、あなたの持ち物を売り払って貧しい人たちに与えなさい。
そうすれば、あなたは天に宝を積むことになります。
そのうえで、わたしについて来なさい。」
ところが、青年はこのことばを聞くと、悲しんで去って行った。
この人は多くの財産を持っていたからである。(マタイ19・16-22)



新自由主義者にとって「格差」とは、反社会的格差、非有機体的格差である。

これは、聖書の許容する格差ではない。

新自由主義者は、手足がどうなろうとどうでもいいのである。

頭さえ健康であれば、他の部分がどうなってもどうでもいいと考えている。

最近の経団連の連中やブラック企業の社長は
国際金融資本に雇われている傀儡
であり、
本来の自由主義経済ではなく、新自由主義を信じる「反社会的革命家」である。

彼らの本質は、独占主義である。

小泉竹中の経済政策によって、日本の有機的社会は破壊された。

郵政民営化によって、郵貯が国際金融資本に乗っ取られようとしている。

それだけではなく、日本の地方切り捨てが進んだ。

TPPは、この流れを補強するものであり、日本の解体をもくろむものである。

かつては共産主義の名前で行われた国際金融資本からの攻撃は、
今や新自由主義という名前で再度実行されている。


TPP阻止を祈っていただきたい。




管理人、針金巻奇子のつぶやき

共産主義=国際金融資本家やグローバリズムと共産主義は同根というのは

要するに実は、この世界は、資本主義に見える国でも

富を独占し頂点に立った1%の支配者階級と

その下の巧妙で半強制的に低く均一化された状態での

平等と公平の枠に閉じ込められた99%の平民奴隷たちが暮らす

地球規模の変則的共産主義社会、新世界秩序、NWO、

つまりニューワールドオーダーに取り込まれていると理解しました。


平民奴隷の間でどんぐりの背比べ的な

利幅の狭い競争が出来るようになっているので

自分たちが資本主義の国に住んでいると勘違いしていますが

世界の富は、確実に特権階級化している

1%の支配者たちのところに集まっていて

世界規模でグローバル化により労働者のお給料が

個々の国の物価に関わらず低い方へと賃金が合わせられる形の

同一賃金、同一労働になって奴隷化が着々と進んでいますね。


また、その1%の支配者たちのことを

ちまたでは、国際金融資本シオニストとか金融資本CFRとか言われていて

彼らは、米国に寄生して世界の流れを石油や核エネルギーと

ニューヨークにあるウォール街を総本山にした株などの金融業、

それに世界各地の衣食住、医療などを乗っ取った多国籍企業で

世界中の生活必需品などの金利、値段をコントロールしています。


個々の国を乗っ取るには

多国籍企業の経営者とか株主とかいった資本家と

傀儡、操り人形の政治家、官僚などの政府が

お金の力で密接に結びついて実現できます。

日本も例外なくそんな感じなっています。


生活必需品の金利、値段をコントロールされているということは

灯油代、ガソリン代、食べ物、ガス代、電気代etc…などの

値段を必要以上に上げられてしまう時がしょっちゅうおきて

貧乏人は、ちょっと頑張ったくらいでは

全然豊かにはなれないシステムになっているということですね。


例えば、雪国、寒冷地の北東北では、命の灯火となる、灯油のお値段も

やはりいやらしく操作されていて、灯油が必要になるこの時期になると

中東などの産油国で紛争問題をでっち上げ、情勢を不安定にし、

原油価格を株取引などの金融工学を使いベラボーに引き上げ、

灯油価格もそれに比例してどんどん上げられてしまったりしてました。


これだと副ビジネスでちょっと稼いで足りない分を補填しようとしても

上がった分の灯油代だけで没収されてしまうので

いつまで経っても余裕ができません。

特に困るのは、年金暮らしのお年寄りなど弱者の方たちで

真冬に満足な暖も取れずに寒い思いを強いていて

弱肉強食の世界がモロに展開しているのが分ります。


また、自分で商売の世界に飛び込むと分るのですが

資本主義で言われている頑張った人が

多くの富を手に入れるというのは真っ赤な嘘で

新自由主義や市場原理主義の世界では、

人を欺いて儲けることをなんとも思わない心を手に入れる努力をし

それを頑張る人が多くの富を手に入れるところがあります。

それにお客さんが騙されていることに

気が付つかないように騙して儲けたりする

心理的方法が書いてある本とか商材が売られていたりします。


商売とは、どんなことでもたとえアダルトなことであっても

お客さんを楽しくしたり喜ばしたりした結果として

その対価を頂くことであって決して人を欺いたり騙したりして

儲けることではないのですが汚い金融工学が横行している

今の世界で生き残るには、こういう自分さえ良ければいいようなことに

手を染めないといけないらしく本当に世知辛い世の中です。


それにちょっと前までは、頭が良くて運が良い人は、会社を作って

労働者を雇い社会に貢献しながらお金儲けをしていたので

みんなに尊敬されるし経営者もそれが美徳とされ

そうなることがカッコ良かった感じでした。

それでそんな会社が多く存在する日本は

みんなで良いものを作ろうと努力してきたので

製品の品質もピカイチで生産力が強く、

経済力もメチャクチャ強かったのですが

それだと困るCFR勢力がその経済力のある日本を

根底から潰して自分の好きなように操るために

新自由主義とグローバル化を押し付けてきたのです。

資本主義は、自由競争のハズなのに

自分たちがその分野で勝てないとなると

下地となるルールを変えてしまおうとする

ズルイ手口をいつも使ってくる西洋の資本主義勢力って感じです。


他にも日本も含めた先進国は、多国籍企業を通じて

途上国や後進国を搾取し、

時には児童労働を承認させてしまうほど

それらの国を貧しくさせた上で

美味しいチョコレートなどを食べたり

安い物を手に入れていましたが

そういうことを言うとあなたは子供の精神だ、

そういうことは見て見ぬふりをするのが大人だ、

資本主義では、そういうのも仕方が無い、

みたいな風潮があってこういうのを放っておいたから

ここまで歪な欲望むき出しで自分さえ良ければイイ、

自分の家族だけ幸せならあとはどうでもよいという

臭いものには蓋をする人たちが増え、

地球規模でも格差が固定化して抜け出せない国が

たくさん存在してしまう

ダメダメな世界になってしまったのだと思います。


しかし、こういうのは支配者層が

世界の人々を新世界秩序枠に取り込んで

奴隷化する作戦の中でおきた出来事で

関心を持たなかったりまたは他人事として無関心を装っていても

徐々に新世界秩序の中に取り込まれて

先進国でも再チャレンジが出来ない程の

固定化された格差が広がり、機会の均一を保つ余裕も薄れ、

遅かれ早かれ全ての人がその波に飲まれてしまう

救いようの無い世界創りが進んでいます。


また米国経済は、サブプライム問題や

リーマンショック以降、破綻状態なので

その延命処置の為に私たちが貧困になっているところがあり、

日本から富を強奪する目的で郵政民営化や

賃金の高い正社員より賃金を安く済ますことが出来る派遣労働を増加する政策、

従業員を大事にしない株主神様経営の促進、

金融工学と言われる汚い手口の強引な株取引での企業乗っ取り、

最近では、消費税増税、農業などの食、医療、金融を

多国籍企業に二束三文で売り渡すTPPなどの売国奴政策を推し進め、

私たち日本人の大半をその日暮しの奴隷にさせるつもりです。

また他にも支配者層とその傀儡たちは、

戦争をおこして軍事複合体の軍事産業や

関連株のインサイダー取引で大儲けしたいと思っているので

その準備のためにワザと国民を貧乏にさせて生活を苦しくし、

兵隊になるしか生活を維持できない状態に追い込む意図もありそうです。


その他にも他者に迷惑を掛けてもなんとも思わない

利己的な精神を身に付ける努力をしそれを頑張って実践する人が

過剰なマネーゲームなどでボロ儲けできるのが金融資本主義の世界で

上記で少しお話したように彼らに灯油価格やガソリン価格、

食料の価格を必要以上に上げられて

その他大勢の人々は、生活苦になってしまい迷惑しています。


他者に迷惑を掛けても自分だけ良ければ良いという

とても自分本位で倫理観や道徳が欠けた心無いお金儲けの世界が

新自由主義世界に広がっていて

この他者に迷惑を掛けても自分だけ良ければ良いという自己中心的な

心の境界線を超えないと商売やマネーゲームをしても

大きくは儲けることができないのが今の世の中で

真面目にやってたら、そこそこの

生活しかできないという歪な世界になっていますね。


それに企業の拝金主義を追求したドキュメンタリー映画、

ザ・コーポレーションというドキュメンタリー映画では、

イラク戦争で攻撃すればするほど

自分の持っている石油関連の株の株価が上がって喜んでいる

投資家のことを取り上げていて女、子供など人がたくさん死んでいるのに

もっとやれって願っているという現実を見ることができました。

ザ・コーポレーション [DVD]マーク・アクバー (監督), ジェニファー・アボット (監督)
http://z-ecx.images-amazon.com/images/P/B000FIHDHA.09.MAIN._VXXXXXXXX-20130508133519-PE2HO-bit-ly-MXVBp_SY6000_SCLZZZZZZZ_.jpg


この世の中には、お金に目が眩んで自分だけ儲かればよいという

自己中心的で人の心を持っていない人が多いことを実感しました。


マネーゲームは、基本的にギャンブルなので

やってる人だけで勝った、負けたとやっていれば何の問題ないのですが

普通の賭け事と違って何の関係もない周りの人にも

影響を及ぼしてしまうシステムに問題がありますね。

要するに市場原理主義上でのマネーゲームでは

周りの人の富を勝手に賭けて

大博打をするようなところがあるので

大きな利益を期待でき、それが人の心から

道徳や倫理を添いで欲望だけが増幅して

利己主義に陥っているのです。


利己主義に陥ってお金儲けのことしか頭に無い人たちは

自分のやっていることへの罪悪感を緩和して

貧乏人が私たちを妬んでいる、僻んでいる、嫉妬していると

思い込むようにして正当化しようとする心理も働いています。


貧乏人などマネーゲームをやっていない庶民からすると

妬みや嫉みではなくタダ単に金利を必要以上に上げられて

生活が苦しくなるし商売がしににくなるので

迷惑だな思っているだけなのに

利己主義に陥っているとそういうことを見ないようにして

他者への思いやりや配慮に欠けた自己論理を組み立ててしまいます。

また、サイコパス指数が高い人や自己中心度が高い人は、

新自由主義では、弱肉強食の世界なので弱者は淘汰されて当然だと

ご都合主義丸出しで開き直る傾向があります。


でも、彼らも新世界秩序、ニューワールドオーダーに

全世界を取り込んでいる金融資本CFR勢力の作戦の過程で

内なる欲望の芯を引っ張り出されて

過剰なマネーゲームに乗じた心の弱い人間なので

いずれCFR勢力の作戦の中で翻弄され消えて行く運命です。


彼ら博打上の元締めであるCFR勢力の人々は

民族的排他性と独善的選民思想が非常に強く

自分たちだけは人間であとは家畜だという

非情に捻じ曲がった考えを持っているため

特定の人しか1%の支配者層の勝ち組に入ることを許さず、

いくら過剰なマネーゲームに乗じた人たちが

自分だけは違う、大丈夫だと思っていても

彼らにとっては、マネーゲーマーは、

ただの博打場を盛り上げる為の捨て駒なので

いらなくなったら捨てられて

何時かは富を全部奪われて身包み剥がされてしまいます。


またCFR勢力の台頭が何者かの手によって

壊された時も彼らは消えうせる運命なので

マネーゲームは、人に迷惑をかけない程度に

節度を保って取り組むのが良いですね。


あと前にも書きましたが

勝ち組の一方的な論理で組み立てられた美辞麗句、

心無い行き過ぎた自己責任論も

人間は、生まれた所で親の愛情の量や質、お金の量、

知能の高さ、頭の良さなどに差があるのが普通なので

すべて自分の責任と言うのは通らないと思います。

運良く親の愛情とお金と知能指数が高い脳を得られた者は

処理能力も高く成功もし易いのは明らかなので

運が悪くそれらを手に入れられなかった方たちを

サポートしたり機会の差を少なくするための制度は必要です。


例えば、親の愛情に恵まれなかった子供たちが

勉強もしないで遊びまくるのは、

親の愛情の代わりになるものを求めて

外へ遊びに行くところがあるのでその辺を考慮して

将来、ちゃんと自立出来るように心のケアや

精神面でのサポートをする必要があります。


同じ鬱病におかされている方でも

親の愛情をたっぷり受けて育った方と

そうでない方の症状や対応は、かなり違うものなので

やはりその辺の専門知識を持った方をもっと増やすと

苦しむ方も少なくなってよい感じですね。


それに人の行く末は、人それぞれ無数なので

努力の形もやり方もいろいろだし、

それが報われる人もいれば報われない人もいて結果もいろいろで、

しかも努力をするには、それをやるための下地、環境も必要だから

中には、それがないがためになにも出来ない人もいて

こういう多種多様な人間道の歪みを極力少なくして行くことが

いろいろな発想が生まれる機会を増やし人類の発展にも貢献する

人間らしい心ある社会なので競争を強いる資本主義世界では、

特にそれをサポートする社会保障制度が必要なのです。

こういうことが最終的には国力に繋がって行くので超重要だったりします。


また、最下層のホームレスの方たちや

生活保護費をギャンブルなどに浪費してしまう方たちは、

心の病を抱えている方も多く、そこを直してからじゃないと

仕事を与えてもうまく生活できるはずもなく

就労も困難で次のステップには進めないので

まず始めにそこからサポートする体制が必要不可欠です。

自己責任論は、ちゃんとした社会保障制度が稼動している上での論理で

そこが不安定で成り立っていないとなると

とてもナンセンスでタダの苛めみたいなことになってしまいますね。


しかし前提として国がとても儲かっていて栄えていないと

手厚い社会保障制度を維持出来ないので経済成長が必要ですが

今、新自由主義者たちが推し進めている

国の株式会社化、コーポラティズムが進むと

国全体が多国籍企業に支配される形になり、

営利目的バリバリで利潤ばかり追求するので

弱者切捨てが横行して社会不安も蔓延してしまいます。


でも、その黒幕である1%の世界支配者階級は

そんなことはどうでもよいと思っているだろうし、

地球の人口を減らしたいと思っているところもあるので

人々を意図的に貧困に追いやり子孫を残せ難くしたり、

自 殺をしやすいように環境を作り変えていってますね。

戦争も人口を減らせるので彼らには好都合です。


それに自 殺する前の段階でも

貧困に陥る人々の親などの親類が

最後のセーフティネットであることに着目して

彼らは、親に頼らざるを得ない不況状態をワザと長引かせ、

例えば、規制緩和の弊害で従業員でも自給制になってしまったりして

低賃金状態を促進し、体の調子が悪くなっても

なかなかお仕事を休むことが出来ない職場をたくさん増やして

何か大きなこと、事故にあったり病気などにかかると

たちどころに生活が成り立たなくなって転落してしまう
不安定な状態を作り、
 
貧困者が仕方なく親など親類に頼ってお金を引き出させるように仕向け、

彼らが支配している生活必需品を買わせたり医療費を払わせる事によって

自然に気づかれないように

親世代のタンス預金などを没収してたりしております。

親など親類に頼ることが出来ない方たちのことなど

彼ら支配者層とその傀儡の政治家、官僚には、どうでもよくて

自 殺しようがしまいが関係ないと思っております。



また、彼らは、国を支配するために洗脳しやすい人間を作ろうと

いろいろな罠をしかけてきますが、その一つに自我が弱い人、

つまりアイデンティティーの弱い人を

その支配したい国に蔓延させる作戦も実行したりしております。

それは自我が弱い人間を作り出す一つの原因、

機能不全家庭が出来やすい環境を作るために

社会構造を変化させた、例えばお金に余裕のある家庭には

ウーマンリブとか男女共同参画法とかいった

女性の自立を必要以上に促進させたり、

高いマイホームを持つことを夢だと植え付け共働きにさせたり、

また、貧乏な家庭では、お金のかかる社会を作って

反強制的に共働きに成らざるを得ない状況にしたりして

母親と子供をワザと引き離すよう仕向け、

母親を教育現場からを遠ざけたうえで

子供が育つ過程での大人の精神を身に付けるスピードを遅くし、

長い期間、洗脳され易い状態を意図的に作りだしたりました。

その間にメディア特にテレビなどを使い心理的に

消費しなくては気が済まないようにマインドコントロールし

自我、アイデンティティーが弱い人、

つまり自分で自分のことを決められなかったり、認証要求が強かったり、

他人の評価が気に成り過ぎたり、感情に左右されやすい人をたくさん生み出し

マスメディアに先導され易すく騙されやすい

彼らの商売には都合のよい消費活動人間を作りだしているので注意が必要です。

同じく企業の拝金主義を追求したドキュメンタリー映画、

ザ・コーポレーションで子供の消費洗脳の問題に触れています。

また、感情に左右され易いということは、操る方が仕掛けた

脅威や恐怖を軸にした事の善と悪、白と黒、敵と味方という二元論にも囚われ易く、

政治的なプロパガンダにもまんまと引っかかる傾向があり、

政府や権力者にいいように利用されるのでそこも注意が必要ですね。

それに認証要求が強いと認めてもらいたい欲求が強いのでカルト集団の

洗脳、マインドコントロールにも引っかかりやすいのでこれも注意ですね。

女性が外で働くのは悪いことではありませんが

こういう支配者層の思惑もあるので

それに対抗する知恵も用意しておいた方が無難ですね。

参考サイト
ウーマンリブ運動で利益を得た者は誰か
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-683.html

結局のところ経済的なところでも

身近なところでも支配者層の謀略が仕掛けられているので

世界中の人達が平和に暮らし共存共栄していくには

各国に根を下ろした支配者層の勢力をサッパリ追い出して

真の独立を手に入れないとダメっぽいです。

この世の真実をもっと知りたいと思った方は、↓から下をチェックするとよいかも★




[気になる出来事、真実を知りたい方向け]
イメージ 1






脱B層を目指すのに役立つリンク集

リチャード・コシミズ「マイノリティー支配」
 
リチャード・コシミズ「裏社会と広告塔」
 
リチャード・コシミズ「政治と経済と戦争」福岡講演会

リチャード・コシミズ「国を売ると言うこと」横須賀講演会 

リチャード・コシミズ【正しいニュースの読み方】2011,7,23

リチャード・コシミズ「地震と政治経済」独立党仙台学習会

2010.2.11 リチャード・コシミズ【メディア】独立党東京学習会

リチャード・コシミズ【ネットこそが最高権力】独立党大

リチャード・コシミズ【裏社会学】静岡講演会


リチャード・コシミズ「世界ゴロツキ共同組合」京都講演会

リチャード・コシミズ那覇講演会.満州アヘン人脈 自民党 電通




参考書籍
12・16不正選挙 [ペーパーバック]リチャード・コシミズ (著)
http://ecx.images-amazon.com/images/I/51WC-2HPQrL._SL500_AA300_.jpg




リチャード・コシミズ/テーマ「不正選挙」のブログ記事


参考転載記事
[転載]不正選挙●保存版:「東京高裁 怒号飛び交う大混乱法廷動画ネット流 出」の当事者、リチャード・コシミズです。」

10/17東京高裁、不正選挙訴訟インチキ裁判動画


デタラメ東京高裁、驚愕のインチキ裁判は、「世界の歴史に残る」緊急講演会動画で



リチャード・コシミズの未来の歴史教科書 [単行本]
http://z-ecx.images-amazon.com/images/P/4880863106.09.MAIN._VXXXXXXXX-20131130120047-PE2HO-bit-ly-MXVBp_SY6000_SCLZZZZZZZ_.jpg



参考転載記事集

マスコミとかマスゴミ

愚民政策とかやっていて私たちは、操られているって知ってた?B層を狙い撃ちして思うがままの愚民化政策って?愚民化戦略でコントロールされてる私たち…o( ̄ー ̄;)ゞううむ〜洗脳&マインドコントロール!?

読売再建役となった正力松太郎、彼こそがCIAの代理人だった

テレビは洗脳装置。嘘でも放送しちゃえばそれが真実。

社会を支配しているのはテレビ。これからは私が日本を支配するわけです。

「世論調査の数字はインチキ」鳥越俊太郎氏が激白

ネット工作員事情

掲示板データ流出で判明した政府とマスコミの世論操作!チーム世耕!?チームセコウとは?

ブログランキングのウソ



世界の仕組みと真相

知っていなければならないこと「この社会では、支配していることも、支配されていることも、実に巧妙に隠されている。」

「家畜化」された日本人


タブ−無くして真実は語れずです。マスコミから捏造された情報を信じているようでは奴隷と変わりありません。

なぜ現日本国がここまでの奴隷国家に成り下がったのか?

世界の噓と真相

世間やTVが称賛し、喧伝することの対極に真の自由や真理が隠されている

日本テロについて 〜リチャードコシミズさんのブログより〜ちょっと怖いお話しだけどやっぱり逃げてばかりいても世の中、良くならないのでがんばるしかないみたい☆


ジョン・レノンの言うとおり、やっぱり世界は狂人によって支配されているっほいですね(・へ・;;)うーむ・・・・「ジョンレノンのインタビュー―世界は狂人によって支配されている」

不幸になる人の脳 「日の丸が怖いB層」

社会の批判を浴びないですむ集団には汚いもの、汚らわしいものが集まってくる。日本の政界は、裏社会と同一の構成になりつつある。

創価・統一に飼われていないまともな警察関係者の方へ。創価保険金殺人組織摘発のための重要情報です。



戦争関連

アメリカ救済の為、今日本は中国との戦争に向かわされています

『漫画で分かる憲法改正の真の意図〜福島からの避難者らが作成した「マンガで読む改憲」&戦争はいかがわしい商売だ〜米国海兵隊の英雄スメドリー・バトラー将軍が書いたパンプレットも少々あり』

ベトナム戦争:1964年のトンキン湾事件の経過−実は、先に米側が仕掛けたのを隠し、反撃を装っていた。

「恐怖と扇動で国民を支配せよ」という手法“Shock Doctrine”「ショック・ドクトリン」


世界に誇る日本国憲法を再確認して下さい。その1

世界に誇る日本国憲法を再確認して下さい。その2


時ネタ

TPPを正確に理解するために必須の重要事項

消費税増税で米国を助ける【消費税はアメリカのため】


秘密保護法通過で戦争が起これば原発事故以上の惨禍は免れず、放射能健康被害どころではな





もし良かったらマイオークションに遊びに来てくださいd(^-^)ネ☆
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



☆欲張りにも程があるくらいブログランキングへ参加しております(^^;)

全部クリックするのは誠に大変でございますので、ご無理をなさらくても結構ですσ(^_^;)アセアセ...
 
 
 
 
☆関連性がある記事でしたらトラックバック大歓迎です♪トラバ大歓迎です♪TB大歓迎です♪OK(^^;
 
o∽oOo∽o∽oOo∽o∽oOo∽o∽oOo∽o∽oOo∽o∽oOo∽o∽oOo∽o∽oOo∽o

Yahoo!ショッピング(ヤフー ショッピング)売れ筋ランキング

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんにちは〜ブログ管理人の針金巻奇子です♪

すいませんm(_ _)m

ただ今、超絶ギガ貧乏から抜け出す秘密作戦を実行中で
何かと多忙すぎるのでコメントの返信などに手が回らない状態です。

しばらく1〜2年はこの状態が続きそうです。
ごめんなさい(*- -)(*_ _)ペコリ☆

詳しくは、↓のURL先をご覧になってください。

2014/1/12(日) 午後 10:04 針金巻奇子ハンドメイド手作り陰謀


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事