メイキングオブMACKYsハンドメイドお洋服&手作りアクセサリー

ただ今ブログやツイッター、リアルで貧困離脱お金儲け作戦を実行中のためご訪問リコメが遅れたり出来なかったりしております。すいません

全体表示

[ リスト ]

     richardkoshimizu's blog

                                                      http://richardkoshimizu.at.webry.info/201404/article_116.html
 

英国テレグラフ紙:「ディエゴ・ガルシア島にはCIAが運営する秘密刑務所がある。」



英国テレグラフ紙:「ディエゴ・ガルシア島にはCIAが運営する秘密刑務所がある。」

英国のThe Telegraph、凄い記事を出していますね。

ディエゴ・ガルシア島で、ユダヤCIAが秘密刑務所を運営している。

そこにイラクやアフガンの捕虜を幽閉している。

ということで、MH370便の乗員乗客は、DG島の刑務所(冒頭の写真)に閉じ込められていると思ったほうがよさそうです。

ただし、こんな記事が出てしまうと全員抹殺されるか、ロボトミー手術でもされてしまうかもしれない。

DG島に注目が集まりすぎたので、米本土の立ち入り禁止区域(元核実験場など)に密かに移すかもしれませんが。

DG島の米軍人たちの中には、幽閉の事実を知っているもの、目撃したものもいるでしょう。口止め料が払えないCIAに業を煮やして、秘密情報をマスコミに売ろうとするかも知れない。(ただし大手マスコミはCIAと指揮系統が同じですから、チクッても逆に命が危なくなりますが。)

どちらにしろ、CIA当局は情報漏えいを防ぐため血眼になっているでしょう。必死の監視は乗員乗客だけでなく米軍兵士まで及ぶはず。

DG島への渡航を禁止したのは、島で何か起きているからかもしれない。米軍人が事態を把握して当局に反旗を翻したといった事態かも。

今後も注目と情報収集が必要です。情報感謝。



2014/4/11 16:38

英国は米国CIAが英領ディエゴガルシアで秘密刑務所を運営することに全面協力していたことが新たな資料で露見だそうです。 つまり、乗客は秘密刑務所に入っているということでしょうかね。 "ディエゴ・ガルシア"は 今年の流行語大賞候補ですね。

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/10758747/British-gave-full-co-operation-for-CIA-black-jail-on-Diego-Garcia-report-claims.html

日本は二色旗

British gave 'full co-operation' for CIA black jail on Diego Garcia, report claims

Fresh claims emerge of high-level British government involvement in the programme

http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/10758747/British-gave-full-co-operation-for-CIA-black-jail-on-Diego-Garcia-report-claims.html

The Ground-Based Electro-Optical Deep Space Surveillance facility at Detachment 2, in Diego Garcia, British Indian OceanTerritory

The Ground-Based Electro-Optical Deep Space Surveillance facility at Detachment 2, in Diego Garcia, British Indian OceanTerritory Photo: ALAMY

(以下省略)

 
 

       人民元の国際化。これで米ドルの基盤は更に揺らぎます。
 
 
  人民元の「基軸通貨化」も見えてきます。そうなると、これを阻止するのは「日中戦争勃発」しかないということになります。ユダヤ金融悪魔に飼われている似非右翼変質者たちが、赤くなるほど尻を叩かれて中国批判をし、日中関係悪化を図る局面ですが….似非右翼にやる餌がない。
似非右翼は、薬物を買う金もなく禁断症状で半狂乱。中国叩きにも元気が出ない。
一方で、中国経済も不動産バブル崩壊の兆し。大気汚染など公害で生産活動にも支障。
面白くなってきました。
2014/4/11 11:13
CFRは、これで発狂寸前ですね(笑) 人民元の国際化が流れに
中国人民銀行(中央銀行)はドイツ連邦銀行(独中央銀行)、イングランド銀行(英中央銀行)と人民元取引の決済サービスの開始に向けた覚書を締結し、幅広い注目を集めた。
香港中国商会の陳経緯会長は10日、中国経済の更なる発展が期待され、各地区が人民元オフショアセンターの建設をめぐり争奪戦を展開し、人民元の国際化が流れになると明らかにした。
とくお
 
 
     小保方さん騒動で、焦点は「マスコミの異常なバッシング」に
     移行しつつあります。
 
 
  国民の関心は「なぜ、ここまでメディアは小保方さんを叩くの?酷すぎる。なにか裏事情があるの?」に集まっています。素晴らしいオウンゴールです。
東大京大一ツ橋を出たバカ記者の皆さんに心より感謝します。
小保方さんの研究が世紀の発見であり、世界を牛耳る連中にとって「まずい」発明だということです。だから、電通ユダヤ傀儡謀略会社を通じて、ごろつきメディア各社に小保方潰しに邁進するよう命じたわけです。
つまり、メディアは読者のためではなく裏に隠れている権力構造の手先、拡声器に過ぎないということです。メディアは大衆を騙し扇動するのが役割だった….と、国民が気づいてくれる絶好のチャンスなのです。
そこがわかれば、311人工地震もエアー放射能パニックも衆参不正選挙も不正世論調査も不正裁判も理解できるようになります。「まさかそんなことが....」が現実にはメディアによって行われていることに気づきます。
小保方さんの会見は、まさしく、メディアの「ユダヤ権力隷属構造」を表に引っ張り出してくれました。STAP細胞における業績とメディアの欺瞞暴露の両方の業績で、小保方さんは歴史に燦然と輝く偉人となりました。
小保方さん、あなたは心ある日本人から最大の賛辞を持って迎えられる改革者です。
以下、小保方騒動が引き起こした「マスコミ不信、マスコミ批判」のごくごく一部です。時流はかわりました。今こそ、小保方さんではなく、マスコミを叩くべき時です!

転載元転載元: 天地の超常現象

閉じる コメント(1)

顔アイコン

こんにちは。ブログ管理人の針金巻奇子です。

微力ながら“gann”様から
この記事をお借りしてご協力&転載させて頂きました。

詳細など詳しくは、転載元にお尋ねください。

私の方は、相変わらず超絶ギガ貧乏から抜け出す秘密作戦を実行中で
何かと多忙すぎるのでコメントの返信などに手が回らない状態です。

しばらく1〜2年はこの状態が続きそうです。
ごめんなさいm(_ _)m

2014/4/12(土) 午前 10:52 針金巻奇子ハンドメイド手作り陰謀

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事