メイキングオブMACKYsハンドメイドお洋服&手作りアクセサリー

ただ今ブログやツイッター、リアルで貧困離脱お金儲け作戦を実行中のためご訪問リコメが遅れたり出来なかったりしております。すいません

全体表示

[ リスト ]

 
 
 
 
 
原爆投下から69年の歳月を経た8月6日、広島市の平和記念公園で降りしき
る雨の中、午前八時から「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)
が営まれた。

69年前の1945年8月6日午前8時15分、米国は広島に原子爆弾リトル
ボーイを投下した。

世界で初めて核兵器が実戦で使われた。

罪なき非戦闘員、無実の市民が大量虐殺されたのである。

核の恐ろしさが私たち日本人の目に焼き付いた瞬間でもあった。

ジェノサイドとも呼ばれる大量虐殺が実行されたのである。

式典で広島市の松井一実市長は平和宣言を読み上げ、政府に「名実ともに平和
国家の道」を歩み続けるように求め、被爆地として核兵器廃絶への積極的な取
り組みを世界に訴えた。

しかし、集団的自衛権行使容認には言及せず、「日本国憲法の崇高な平和主義
の下で六十九年間戦争をしなかった事実を重く受け止める必要がある」とだけ
指摘した。

松井一実氏は2011年4月の市長選で、自民、公明の推薦を受けて当選し
た。

前任の秋葉忠利氏は社会民主党国会議員から広島市長に転じ、1999年から
2011年まで市長を務めた。

2007年の平和宣言では、

「米国の時代遅れで誤った政策にははっきり「ノー」と言うべき」

と述べ、2008年の平和宣言では、

「人類の生存を最優先する(反核である)多数派の声に耳を傾ける米国新大統
領が誕生することを期待」

と発言した(Wikipedia)。



敗戦から69年の時間が経過し、歴史は風化している。

安倍政権は日本国憲法第9条が禁止している集団的自衛権行使を容認する憲法
破壊行為に突き進んだ。

日本は憲法で、

「国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決
する手段としては、永久にこれを放棄する」

ことを定めている。

集団的自衛権の行使は、

「国際紛争を解決する手段として、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又
は武力の行使を行うこと」

であるから、明確に憲法第9条の定めに反するものである。

憲法を破壊する人物が行政のトップに君臨するのでは、憲法が定める平和主義
の道を日本が歩めるわけがない。

安倍晋三氏は平和祈念式に出席するべきでなかった。

安倍晋三氏の行動は、平和を祈念するものでなく、平和を破壊するものだから
である。



核攻撃を受けた広島の市長が、安倍政権の集団的自衛権行使容認の行動を批判
しないことも不当である。

平和への祈り、不戦の誓いは、いま、こうした為政者によって、踏みにじられ
ているのである。

安倍晋三氏は日本国憲法第13条の定めに従って、集団的自衛権行使容認の閣
議決定に突き進んだと説明しているが、その憲法第13条を踏みにじっている
のが安倍政権自身なのだ。

日本国憲法第13条の条文はこれだ。

第十三条  すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求
に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国
政の上で、最大の尊重を必要とする。

安倍政権は、国民の生命、自由、幸福を追求する権利を、立法その他の国政の
上で最大に尊重するため、集団的自衛権の行使を容認する必要があるのだと主
張している。

「国民の生命、自由、幸福を追求する権利を、立法その他の国政の上で最大に
尊重する」ことが必要なら、安倍政権はどうして原発再稼働を容認するのか。

原発で事故が起これば、福島の惨劇が繰り返される。

福島の場合、不幸中の幸いで、日本全体が壊滅する事態は避けられたが、一歩
誤れば日本全体が壊滅する事態に陥っていた。

福島の事故は、地震、あるいは津波によって引き起こされた。

日本の国土面積は世界の0.25%に過ぎないが、世界で発生するマグニ
チュード6以上の地震の2割が日本を震源地としている。日本は世界最大の地
震国なのである。

いつ再び、福島のような事故が再発されるか分からない。



安倍政権は、

「世界でもっとも厳しい規制基準を設定して、この規制基準を満たした原発を
再稼働させる」

としているが、この対応では、いつでも福島のような過酷事故は発生し得る。

敗戦から69年の時間が経過して、安倍政権は戦争の教訓も、核攻撃の教訓
も、原発事故の教訓も、すべてを消し去ろうとしている。

この政権が日本を破壊する惧れは濃厚である。

安倍政権の一刻も早い退場を実現しなければならない。



2008年の岩手宮城内陸地震で、4000ガルを超える地震動が観測され
た。

それにもかかわらず、原子力規制委員会が定めた、原発の耐震基準、基準地震
動は4000ガルよりもはるかに低い。

関西電力の大飯原発の耐震強度は1260ガルであることを関西電力が示して
いる。

福井地方裁判所は、1260ガルの規制基準では、原発の安全性は確保されな
いとして、大飯原発の運転停止命令を示した。

九州電力川内原発の規制基準はわずかに620ガルである。

原子力規制委員会は規制基準を定め、原発が規制基準を満たしているかどうか
の適合性を審査する。

重要なことは、原子力規制委員会が原発の安全性をチェックするのではないこ
とだ。

規制基準を定めて、規制基準をクリアするかどうかの適合性だけを判定するの
だ。

原子力規制委員会の田中俊一委員長は、川内原発の規制基準審査について、

「原発が安全だとは言っていない」

ことを強調している。

規制委員会は、規制基準を定めて、その適合性を審査しているだけなのだ。



ところが、安倍政権は原発再稼働は、規制委と電力会社、そして地元自治体の
判断に委ねるとしている。

つまり、原発の安全性判断についての責任を放棄しているのだ。

事故が起きても、規制委と電力会社、地元自治体が判断したことと、逃げる姿
勢があらかじめ準備されているのである。

これほどの無責任があるだろうか。

安倍晋三氏が重視する日本国憲法第13条は、この政権の行動にどう関わるの
か。

憲法13条は、

「生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反し
ない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする」

と定めている。

原発が事故を引き起こすことは、

「国民の生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利を根底から覆す明白な危
険」

そのものである。

憲法第13条の規定を根拠に集団的自衛権行使容認の「なしくずし改憲」に突
き進んだ安倍晋三氏が、「国民の生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利
を根底から覆す明白な危険」そのものである、原発事故発生可能性に対して無
責任な対応を示すのは、根本的な矛盾である。



要するに、

「国民の生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利」

のことなど、もとより考えていないのだ。

「集団的自衛権行使の容認」

という結論が最初に置かれていて、この結論に結び付けることができるものな
ら、どんな理屈でも使ってしまえということに過ぎないのだ。



同じことは、TPPについても言える。

もとより、

「TPPに参加する」

ということが最初に置かれていて、これを押し通すために、国民をどのように
騙すのかが検討されてきたのだ。

そのペテンの手法が、

「聖域なき関税撤廃を前提とする限りTPP交渉に参加しない」

というフレーズだった。

選挙の際には、

「ウソつかない。TPP断固反対。ブレない。日本を耕す自民党!!」

という、嘘八百のポスターを貼り巡らせておいて、選挙が終わったら、TPP
交渉に参加することを決める。

非常にたちの悪い行動様式が繰り広げられている。



すべての裏側にあるのが、米国の指令、命令である。

米国と言ってもいろいろある。

オバマ大統領は安倍政権に対して好意を有していない。

安倍政権の側も、オバマ政権に対しては、必ずしも恭順の意を示さない。

安倍氏がひれ伏しているのは、米国を支配する巨大資本=産軍複合体と巨大金
融資本である。

日本の集団的自衛権行使容認は、米国の産軍複合体の命令によるものである。

国民の生命、自由、幸福を追求する権利など、ほとんど関係のないところか
ら、集団的自衛権行使容認は推し進められている。



憲法を破壊し、日本の平和主義が破壊され、日本は米国が創作する戦争に加担
させられることになる。

敗戦から69年の年月は、不幸な戦争体験、被爆体験を風化させる力を持つも
のであるのかも知れない。

しかし、なし崩しで歴史を風化させてしまったときに、不幸に突き落とされる
のは、主権者である国民である。

歴史を風化させる者を排除して、歴史の教訓を過去から現在へ、そして現在か
ら未来へと、しっかりと引き継いでゆかねばならない。

その役割を担うのは、政治ではない。

私たち主権者自身なのである。
 
 
 
 
※有料メルマガ版第930号植草一秀の『知られざる真実』2014年8月6日より「転載」

https://news.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログにクリックをお願いします。


転載元転載元: ぐう、ちゃんの一言!!

閉じる コメント(3)

顔アイコン

こんにちは。ブログ管理人の針金巻奇子です。

微力ながら“ぐう、ちゃんの一言!!”様から
この記事をお借りしてご協力&転載させて頂きました。

詳細など詳しくは、転載元にお尋ねください。

私の方は、相変わらず超絶ギガ貧乏から抜け出す秘密作戦を実行中で
何かと多忙すぎるのでコメントの返信などに手が回らない状態です。

しばらく1〜2年はこの状態が続きそうです。
ごめんなさいm(_ _)m

2014/8/7(木) 午後 8:49 針金巻奇子ハンドメイド手作り陰謀 返信する

風があるかぎり、風化は誰にも止められません。
遅らせることはできます。

2014/8/8(金) 午前 4:21 [ 易坊 ] 返信する

Nice☆⌒(*^∇゜)v

2014/8/13(水) 午後 6:24 [ こう ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事