観光系輸入車整備日誌

ブログは未更新ですが、アスキス・フレデリー・ロンドンタクシー部品は今でも輸入可能です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

軍事遺跡マニアって訳では無いのですが、九州遺産という本で佐世保要塞の事を知って以来、
いつか訪れてみたいと思っていました。
そもそも「要塞って何?」程度の理解しかなかったのですが、興味が湧いてきて自分なりに勉強しています。

石本馨氏の著書『戦争廃墟』から引用
「強力な艦隊を派遣して自国に有利な外交を進める欧米の”砲艦外交”に、江戸幕府が屈したことが明治維新に繋がった。倒幕で成立した明治政府にとって、砲艦外交に対応することは緊急課題となった。
強力な艦隊を保有することのできない、誕生間もない明治政府が次善策として取ったのは、沿岸の防衛強化であった。
明治13年(1880年)5月、観音崎に日本初の近代砲台が建設されたのを最初に、東京湾を始めとする全国主要軍事拠点の要塞化が進められていく。・・・・」

佐世保市丸出山のこの施設は明治34年11月竣工とされています。
ほぼ一世紀を経ていますが、この装甲観測所は良好な状態を保っています。
中に立ち、佐世保湾口を見下ろすと、また脳内トリップ状態ですよ。(笑)
いつまでもこの素晴らしい状態で後世に残したい遺構です。

尚、この施設は地元の方の私有地にありますので、見学の際は入り口付近の民家の方に許可をいただいて下さい。宜しくお願い致します。


参考HP
黒船来航→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%BB%92%E8%88%B9%E6%9D%A5%E8%88%AA
要塞とは→ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%A6
佐世保要塞→http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%90%E4%B8%96%E4%BF%9D%E8%A6%81%E5%A1%9E

閉じる コメント(4)

顔アイコン

現在は私有地というのもすごいですね。しかし、鉄の構造部分なんか、よく残っていますよね。しかも明治以来とは感動的ですよね!

2009/9/25(金) 午後 10:28 carrera740 返信する

顔アイコン

carrera740さん、おはようございます。
この手の軍事遺構は現場に行ってみると、何とも言えない感動を覚えます。
この丸出山一帯には、色々な要塞施設が残っています。
民家の方の井戸水も要塞の井戸から引いておられます。
その他の施設群については、後日ご紹介する他の施設と同規格で造られていると思いますので、割愛させていただきました。

2009/9/26(土) 午前 5:57 [ t_jetronic ] 返信する

おお、「九州遺産」を所持しておられるのですね。
私も資料として持っていますよ。
この冬、丸出山周辺の要塞跡を訪れようと思っています。
所有者の方が、この史跡を見せてくれるか心配ですが(苦笑)

2009/9/26(土) 午後 10:21 Kazu 返信する

顔アイコン

kazu7046さん、コメントありがとうございます。^^
「九州遺産」は本当に素晴らしい本ですよね。
最初は図書館で借りたのですが、とても気に入ってしまい、返却後amazonで購入しました。
私の本は、見過ぎの為かもうボロボロです。
丸出山見学はご心配なく。お断りされる事はないと思いますよ。
今は藪やクモとの戦いになります。もう大変でした。
是非冬に見学される事をおすすめ致します。

2009/9/27(日) 午前 7:37 [ t_jetronic ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事