ここから本文です
matsuの“どやさ日記”
デラックス系ホテル(主に関西)を中心に、宝塚、ディズニー、その他自分の好きなことを書いているブログです。

書庫全体表示

京都市左京区にあるグランドプリンスホテル京都に宿泊してきました。
京都市営地下鉄 烏丸線 国際会館(終点駅)から徒歩数分の場所にあります。
以前は「宝ヶ池プリンスホテル」という名称でした。
オープンした時は、京都では豪華なホテルが出来たと話題になっていました。
京都市内から少し離れているせいか、土日祝日でもリーズナブルな価格で出ていることもあり、穴場ホテルでもあります。


イメージ 1
ホテル外観です。
建築史に名を遺す村野藤吾設計です。
円型の建築で景観に配慮しているのか、周りは木々で覆われていてホテルそのものは外部から見えにくくなっています。


イメージ 2
お部屋はデラックスフロアのデラックスツインルーム。
デラックスフロアの他、プレミアフロア、ロイヤルフロアがあります。

イメージ 3

イメージ 4
デラックスフロアが一番下のカテゴリーですけど、40㎡くらいはありそうです。十分な広さです。

イメージ 21
外国人が喜ぶ浴衣。そういえばロビーは欧米系外国人のツアー客でいっぱいでした。
夜、客室の電話が鳴って「なんだろ?」と思って取ったら、そのツアー客だったのか英語でダダーとしゃべってきたので、びっくりしました。間違い電話と気づいたようでしたが、Sorryの言葉もなく、切られてしまった(^▽^;)

イメージ 7
お部屋から入り口を見ています。

イメージ 5
入り口近くに置いてある冷蔵庫の中は空でした。

イメージ 6
冷蔵庫の上の台にはお茶セット。
レギュラーコーヒーがあるのは嬉しい。


イメージ 8
デラックスルームにはバスルームにシャワーブースを備えた客室と、独立したパウダールームを備えた客室があります。
入浴に介助が必要な実母との宿泊でしたのでシャワーブースのあるお部屋を選びました。
結構広くて、助かりました。

イメージ 9
シャワーブース。

イメージ 10
洗面所。広くて押し車利用の母も満足していました。

イメージ 11
お部屋からの眺め。中央上部にコンクリート色の屋根が見えるのは国際会館です。国際会議施設のひとつで、ここで京都議定書が採択されました。

イメージ 12
緑は目も心も癒される〜そのかわり夜は真っ暗

イメージ 13
ホテルは円形なので、中心部は中庭となっています。
この場所で結婚式も行われます。

イメージ 14
中庭内には日本的な場所も。

イメージ 15
ホテル内も廻ってみました。
最近リニューアルされたみたいで、客室も館内も以前よりずっと雰囲気がいいです。

イメージ 16
この向こうはロイヤルラウンジです。
ロイヤルフロア、スイートルームに宿泊、またはプリンスステータス プラチナメンバーのみが利用できます。
なので私は利用できず…
写っていませんが入り口もほとんど目立たず、プライベート感が高いラウンジとなっています。
中が気になる〜!

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19


イメージ 20
ホテル敷地内の日本庭園に建つ数寄屋造りの茶寮。
お食事もできるそうです。

私は京都生まれの京都育ちなので、見慣れた景色や場所は非日常を感じにくいので、京都市内のホテルにはステイしないのです。
でも母の希望で今回泊まってみました。

お部屋も館内も以前とは違って素敵で更に高級感溢れる空間になっていて、予想外に良かったです。結構ゆっくりできました。
なによりも母がえらく気に入ってしまって「また連れてって」と言っているので、リーズナブルなプランがでれば再度ステイしたいと思っています

この記事に

  • 最近は海外観光客目当てなのか和を意識した作りのホテルが多くないですか?あ!特急列車もです。

    優しく穏やかな和の色調は癒されるので良いですネ〜

    [ 宝塚あんこ ]

    2018/7/21(土) 午前 0:39

    返信する
  • > 宝塚あんこさん

    そう思います。ホテルも特急列車も(特に水戸岡 鋭治さん)和を取り入れたデザイン多いです。
    最近初めて泊まったホテルも和室を思わせるデザインの洋室でした。やはり外国からの旅行者が多いですね。

    [ matsu ]

    2018/7/21(土) 午前 9:11

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事