☆t.kumagai music diary☆

神戸在住のアコースティックギタリスト熊谷朋久です。ギター教室や演奏活動の日々をマイペースに書いています。
先週もレッスンの一週間でしたが、

久々の休日もあったので

大阪造幣局の桜の通り抜けへ。

イメージ 1

まだ5分咲きくらいが大半でしたが

いろんな桜があって綺麗でした。

とは言っても花より団子で

たくさん並んでいた屋台も豪華で魅力的。

神戸と大阪では祭りの屋台も

種類が違って楽しいですね。


*****


さてギター関連では、

普段使っているピックをまとめて購入。

ここ数年はJAZZ3のエリックジョンソンモデル。

通常のJAZZ3と比べて

厚みとエッジの滑らかさが素晴らしいです。

イメージ 2

とはいえ、まとめて購入すると

たいていエッジのバリがあるので

音色がシャープになり過ぎたりして安定しません。

ナイロン製のピックは特に多いですね。

イメージ 3

ですので、爪削り用の紙ヤスリで

軽くバリをとってあげると

エッジの処理は完成します。

厚みのあるピックを使っている方は、

一度マイピックをチェックしてみると

よいかと思います。

ちょっとしたことでも

音の艶が違って来ますので。



手の大きさや関節の柔らかさなどで

ピックの相性は人それぞれですね。

僕自身が指弾きよりピック弾きが苦手で

苦労して色々試行錯誤した分、

レッスンではアドバイスできることが

多いように思います。

レッスン時も生徒さんごとに適した

アドバイスやピックの選定を

心がけていきたいです。


*****


さて新しく動画をアップしました。

斉藤和義のGood Night Storyという曲を

ソロギターアレンジして弾いています。


この曲は生徒さんが発表会で弾きたいということで

編曲したもので、原曲はエレキギターのインストもの。

前半と後半でキーが異なり、

ソロギターで弾く際に難易度が上がり過ぎてしまうので

ちょうどいいキーでアレンジ。



レッスンでつかう編曲の場合は

その生徒さんにとって難しくならないように、

なおかつ少しでも新しいテクニックや課題を入れて

練習になるように、という

絶妙なところを狙うようにしています。

自分がライブで弾く編曲や自作曲よりも

ある意味気をつける部分は多いですね。

その分、喜んでもらえたり

楽しく練習してくれていると

こちらも嬉しいです。

それはともかく、動画お楽しみください。

タイトルの通り、睡眠導入に適した演奏になっています(笑)

開く コメント(2)

今週は各地でレッスンの1週間。

今年は雨のタイミングがよかったのか

お花見日和な週末でしたね。

イメージ 1

近所をランニングしていると桜が至るところで。

賑やかなお花見宴会とは縁のない人間ですが

はっきりと季節を感じられる桜はやはりいいものですね。



先日のブログで書いた件で

多くの生徒さんからお気遣いのお言葉を頂き

ありがとうございました。

いらぬ心配をおかけしていまい

申し訳ございませんでした...

9割の生徒さんはこちらが元気をもらっているくらいなのですが。

今後は度が過ぎた事案があった際には

積極的に退会をしてもらうようにしたいと思います。



幸いなことに、教室にお越し頂いている生徒さんのほとんどは

僕にはもったいないくらいにいい方達ばかりですので、

せっかくわざわざ通って頂くその方達には

僕が学び追求してきているギターについてのこと全てを

できる限り伝えていけるよう全力を注ぎたいですし、

つまらないことのせいでそれらが滞ることは

避けなければと思っています。

どちらにしても、ブログで書くことではなかったですね。

ご迷惑をおかけしました。


*****


さて先週はいつものカルチャーセンターでもレッスン。

商業施設内の集中管理のため、

湿度が低くなりがちでギターと体調の管理が

四苦八苦します。

とはいえ広く快適なレッスン部屋です。

イメージ 2

グループレッスンの生徒さん用に

ギタースタンドを1人1台用意しているのですが、

少しずつ普通のスタンドから

UltimateのGS-100に切り替えています。

イメージ 3

やはり安定性は抜群です。ただまとめて

入れ替えするのは財布に大打撃ですので(笑)

月1台ずつくらいのペースで追加しています。



生徒さんからもよく聞かれることなので

まとめてお勧めを書いておきますが、

ギタースタンドは上記のGS-100かGS-1000。

最近GS-1000Proという新製品が出ていますが

まだ試していないのでわかりません。



足台はKCというメーカーのGF-1500。

イメージ 4

足台は各メーカー試したところ

安物の足台はすぐに壊れるのですが、

このGF-1500はとてもとても頑丈で

信頼しています。



譜面台はYAMAHAのMS-303IR。

イメージ 5

イメージ 6

譜面台も様々なメーカーを試しましたが、

結局これが頑丈さ、運搬の面でベストです。

さすが天下のYAMAHAです。


ギター練習の周辺環境としてはここに挙げた

ギタースタンド、足台、譜面台の3つが

まともなものが揃えられていると

毎日の練習も充実します。



個人的には、普段練習に使うギターはケースにしまわずに

ギタースタンドに出しておいて

いつでも少しの空き時間でも触れるよう

生活の一部にするほうが良いと思います。

そのためには信頼できるスタンドが大切ですね。

もはやメーカーの回し者のようですが(笑)

とにかく、少しずつ練習環境を充実させて

ギターとの距離を近づけていけると良いなと思います。

開く コメント(0)

先週末は潮芦屋の陽光町へ。

地域のさくら祭りにお招きいただき、

1ステージ演奏させていただきました。

イメージ 1

地元住民や福祉施設の方が

屋台を担当している

とてもアットホームで好きなお祭りです。

2年ぶりにお伺いしたのですが

少しずつ規模も大きくなり

子どもからご年配の方まで

近隣の皆さんが大勢遊びに来ていました。



今回はナイロン弦ギターの

Fields “C-RC”1本のみでソロギター演奏。

アコギ無しなので少し心細いですが

演奏曲がナイロン弦に合う曲ばかりだったので1本勝負。

イメージ 2

心なしかギターも1本だけで寂しそう(笑)

平成も終わろうとしている中

昭和初期のラテン曲や演歌など、ご年配の方に

馴染み深い曲を中心に

楽しく演奏させていただきました。

お聴きいただいた皆様、スタッフの皆様、

ありがとうございました!



この町は新しい家々が並ぶ住宅街と

震災復興住宅が混在する地域で

一人暮らしで高齢の方も多いため、

このような催しを通じて

世代間でのつながりが強くなるのは

いいことですね。

僕もギターを通じて少しでもお役に立てるよう

お手伝いできればと思います。


*****


さて定期的に更新している動画ですが

先週ひとつアップロードしたので

リンクを貼っておきます。

「見上げてごらん夜の星を」の

ジャズアレンジです。


昨年末のプラネタリウムコンサートのために

編曲したバージョンで、その備忘録代わりに。

楽譜も合わせて出したかったのですが、

なぜか楽譜の使用申請が許可されなかったので

動画のみ怒りの投稿です(笑)

ナイロン弦の柔らかい響きと共に

満天の星空をイメージしながら

お楽しみいただければ嬉しいです。

開く コメント(0)

昨日はギター教室の初級発表会でした。

参加された皆さん、おつかれさまでした!

足を運んでいただいた方々もありがとうございました。

イメージ 1

初心者向けの発表会ですので

人前ではじめて演奏する方も数名。

生徒さんから「流れ作業」と揶揄された

司会進行も特に改善されず(笑)

一人一曲で淡々と進めていきました。



弾き語りやエレキギター。

イメージ 2


暗譜してのソロギター演奏も。

イメージ 3


初顔合わせでのジャムセッションまで。

イメージ 4

皆さん色々なスタイルに挑戦されていました。

演奏内容自体もとてもよかったのですが、

レッスンで今回に向けて仕上げていく際に

それぞれが色んな思いを抱えて

そのステージにあがる話を聞いていたので

1人1曲とは言えその1曲に

それぞれのドラマがあるのを感じて、

その姿に感動しながら

ステージ横から静かに見守っていました。



ここ最近は一部の嫌な生徒さんたちのせいで

レッスンへの情熱を失いつつある状態なのですが、

昨日のそれぞれのステージを見て

僕の方がエネルギーをもらいました。

いつまで続けられるかわかりませんが、

それぞれのドラマを楽しみにしながら

また一緒に頑張っていければと思います。

イメージ 5

片付けを手伝っていただいた生徒の方々も

ありがとうございました!

演者にはそういった雑務を出来るだけ

させたくないという主義なので

申し訳ない思いでいっぱいですが。。

そのお気持ちだけでも大変嬉しいです。

ありがとうございます。


*****


さて昨年末からソロギターの編曲ものを

You Tubeに少しずつアップしていますが、

楽しみにしているという声もいただき

とてもありがたいです。

イメージ 6

で、楽譜のダウンロード販売もセットで行っているのですが、

その楽譜販売が少しややこしいです。

民謡のような著作権が切れている曲は

楽譜さえつくればOKなのですが、

著作権がある曲はJASRACに使用料を払うだけではなく

著作権を持っている出版社に使用申請の連絡をして

書類を提出して、という流れに。

中には作曲家が個人で権利を管理していれば、

個人事務所や自宅に電話して許可をとらないといけない、など

結構大変なんです。

そして電話すると、「どんな風にアレンジするのか?」

「テンポやリズムは変えるのか?」

「オリジナルのメロディを追加したりするのか?」

など根掘り葉掘り聞かれるという。。

JASRACに使用料さえ払えば

どう弾いてもええやんと思うのですが。

もはやただの愚痴です(笑)



とはいえSheet Music Plusのような

海外サイトでも楽譜販売できているので

すごい時代になったなと思います。

You Tube自体もまだいまいち

使い方がよくわかっていないのですが、

自分なりのペースでできるだけ質の高い編曲と演奏を

記録していきたいと思います。

開く コメント(0)

先週は演奏予定なくレッスンの日々。

いつもぎりぎりの確定申告もなんとか終了。

だれでもこの時期は慌ただしいですね。

生徒さんも忙しそうな方が多いです。



そういえば最近生徒さんから話の流れで

ギターを一時預かりしているので、

レッスンでも頻繁に弾いています。

イメージ 1

FieldsのOO-SC。サイドバックが美しいメイプルで、

芯が太くバランスの良い鳴り方をします。

以前YouTubeにアップした「雨にぬれても」で

弾いてみたのですが、

もう少しの期間弾いていると

もっとこのギターのポテンシャルを

引き出せそうな気がします。

イメージ 2

高級ギターなので傷つけないよう

気をつけなければ。。



ポテンシャルということでいえば、

どんなギターでもしっかりと調整して

弾きこんでいくと

そのギター特有の良い鳴り方をしてきます。

弾き手がそのギターの良さを引き出せるよう慣れるのか、

ギターが寄り添ってきているのか、

詳しくはよくわかりませんが。

教室に置いてある貸しギターの

YAMAHAのエレアコ“CPX700”も

最近は生徒さんからの評判がすこぶる良いです。

イメージ 3

手元に画像がなかったので昔のブログから写真を。

レッスン用に購入して10年以上

貸しギターとして稼働しているので

毎日何時間も弾きこまれているのが

大きいのでしょうか。

定価6万ほどのエントリーモデルですが、

やはり楽器はしっかり調整して

弾きこんであげると

それに応えてくれるようになります。

最近は表板を電気的に振動させて鳴りを良くするという

邪道な器具が売っているようですが(笑)

そういうのに頼らず弾いてあげましょう。


*****


さて昨日動画をアップロードしました。

定番曲「星に願いを」の簡単ソロギターアレンジです。


今回はメインのOM-RCで録音しましたが、

ナイロン弦ギターのほうがよかったかも?

もう少しメロウな感じで弾きたかったですが

簡単な曲ほどなかなか難しいものですね。

とにかく楽しんでいただければ嬉しいです。

ぜひご覧ください!

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事