Architecture Everyday!!+Fujiken

細々と続けて10周年。たぶん継続は力なり。コレを惰性ともいう。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

どーもです。
先週は出張もあったり、成績処理の関係もあったりでドタバタした1週間…は、いつものことですが(汗)

さて、先週は円形校舎に関する資料調査として、山形県立図書館、大石田町立図書館、秋田県立図書館の3館に赴いてきました。
12日の晩に山形入りして、13日に山形県立図書館で資料調査をして、午後に大石田町に寄ってから秋田へ向かい
14日に秋田県立図書館で資料調査をして所用が終わり、時間が余ったので途中に岩手県の盛岡市で途中下車して立ち寄って…千葉に戻るという感じでした。
研究室のホームページでは、旧盛岡銀行本店本館をピックアップしていますので、よければご覧になって下さい。

結果的に東北3県を訪ねたのですが、雪に覆われていては見築になりませんから、これまで避けてきました。
目的が資料調査で、このタイミングでないとマズイということで初めて、極寒の時期に訪ねたわけで…メチャクチャ寒かったけども色々新鮮でした。

特に山形市と秋田市は思ったよりも雪がない…というのは、ものすごくしっかりと除雪をされている。
一時期鳥取県の米子市に住んでいたこともありますが、結構に埋まりますからそのあたりの対応がさすがに「本場だな」と思わせるところがありました。

一方で山形県の大石田町にも立ち寄ったのですが、このあたりは対応も違っていて、
まさに雪国の様相…秋田へと向かう電車の都合で滞在時間はわずかになってしまったのですが、その一端を見るには十分でした。

ちなみに写真は大石田駅で撮影したつばさ(山形新幹線)。いささか鉄分強めの写真です。
雪の舞う旅情風景ともいう感じですが、降り積もる雪が層状になっているあたりは、千葉ではもちろん、鳥取・米子でもあまり見られない独特の風景

今回もなかなか得難い体験を出来た出張でした。
さて、これから報告書の執筆に励みます…現実を見るようで辛いなぁ

開く コメント(2)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事