Architecture Everyday!!+Fujiken

細々と続けて10周年。たぶん継続は力なり。コレを惰性ともいう。

日々のコト

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


ほぼ1か月ぶりの更新になってしまいました。
大学はいわゆる春季休業中なのですが、この春はとても慌ただしいものであった…

助成をいただいてきた科学研究費の研究期間終了に伴って研究成果報告書をまとめていたことで、その理由はほぼコレ
昨年の11月後半あたりから取り組んで、原稿をまとめるのに2月いっぱいまでかかって(卒論指導と並行なのでこれまた大変でした)、
画像の掲載許可の手続きをとりながら、校正をしつつ、印刷業者とやり取りをしつつ、予算執行の手続きをして、
さらには各方面への郵送のための準備をして…というような具合で、ようやく納品されて落ち着いたという感じです。

15〜19日にかけては学生引率で台湾に行ったりもしていて、とても充実していて楽しかったのだけども、
スケジュール的なやり繰りはなかなかタイトな感じで進める格好になり…予算執行の関係で年度内に必ず終えなければならなかったので、プレッシャーが半端なかったです。
これは博士論文以来だったかも。

これ以外にも学会の発表があったり、カルチャーセンターの講義もあったりとで、なかなか1点集中というワケにもいかず…時間のやり繰りが大変でしたが、何とかかんとか上手く立ち回れたのではないかなと思います。

そんなワケでようやくほぼ年度内の仕事納めとなったのですが、
今日は大学で担任会があり…というわけで、もう新年度の準備が始まっています。
この週末は大分に出張予定なので、結局ドタバタと新年度を迎える形になるのだろうなぁ・・・なかなか大変です(汗)

まぁ、まずは取りこぼしのないように目先のことを1つ1つ丁寧に…と思います。

あっ!4連覇に向けてのシーズンがついに始まりますね。赤い家族のみんなは今年もやってくれることでしょう。
折しもこちらも新しいシーズンを迎えるというワケで、明日の快勝を期待デス!

開く コメント(1)

イメージ 1

イン カゴシマでござる。
鹿児島県立図書館で文献を調べる所用があり…ということでの出張です。

といっても、それだけではもったいないなと思って、
今日は1日使って鹿児島からバスを乗り継いで知覧の武家屋敷群と指宿の現代建築(岩崎美術館・薩摩伝承館・なのはな館)を見築して、電車で鹿児島に帰ってくるというスケジュールでした。

明日の午後には東京にいないといけないというスケジュールで、朝一で県立図書館で調査を予定していたのですが、
鹿児島県立図書館は大変にサービスが良くて、なんと21時まで開館
見築を終えた足でそのまま向かって、そのまま資料調査までも終えてしまったという充実の1日でした。

ホテルに戻ってきて…科学研究費の助成を受けている研究課題が最終年度ということで、その報告書づくりに励んでいます。
概ねまとまったのですが、関係各所との手続きを進める必要などから今晩こそ励まねばならぬ!という感じになり…ついに夜を明かすという…出張先で徹夜とはトホホです。

そういう意味では、十二分に鹿児島を満喫しているなと思います…どうにも明日に響きそう(汗)

開く コメント(0)

イメージ 1

どーもです。
先週は出張もあったり、成績処理の関係もあったりでドタバタした1週間…は、いつものことですが(汗)

さて、先週は円形校舎に関する資料調査として、山形県立図書館、大石田町立図書館、秋田県立図書館の3館に赴いてきました。
12日の晩に山形入りして、13日に山形県立図書館で資料調査をして、午後に大石田町に寄ってから秋田へ向かい
14日に秋田県立図書館で資料調査をして所用が終わり、時間が余ったので途中に岩手県の盛岡市で途中下車して立ち寄って…千葉に戻るという感じでした。
研究室のホームページでは、旧盛岡銀行本店本館をピックアップしていますので、よければご覧になって下さい。

結果的に東北3県を訪ねたのですが、雪に覆われていては見築になりませんから、これまで避けてきました。
目的が資料調査で、このタイミングでないとマズイということで初めて、極寒の時期に訪ねたわけで…メチャクチャ寒かったけども色々新鮮でした。

特に山形市と秋田市は思ったよりも雪がない…というのは、ものすごくしっかりと除雪をされている。
一時期鳥取県の米子市に住んでいたこともありますが、結構に埋まりますからそのあたりの対応がさすがに「本場だな」と思わせるところがありました。

一方で山形県の大石田町にも立ち寄ったのですが、このあたりは対応も違っていて、
まさに雪国の様相…秋田へと向かう電車の都合で滞在時間はわずかになってしまったのですが、その一端を見るには十分でした。

ちなみに写真は大石田駅で撮影したつばさ(山形新幹線)。いささか鉄分強めの写真です。
雪の舞う旅情風景ともいう感じですが、降り積もる雪が層状になっているあたりは、千葉ではもちろん、鳥取・米子でもあまり見られない独特の風景

今回もなかなか得難い体験を出来た出張でした。
さて、これから報告書の執筆に励みます…現実を見るようで辛いなぁ

開く コメント(2)

また同じことを繰り返すところでした…危ない危ない。

2月も2週目を迎えました。
ある程度時間の裁量がきく大学教員という職業ですが(学務、教育指導、研究、学会業務、社会貢献…と、多方面に及ぶマルチタスクをコントロールするかが、他の業種に比べてその分大変なのではないかと思いますが)、
1月下旬から2月上旬にかけては、卒業研究・修士研究の大詰めの時期で、いわゆる繁忙期です。

そんなわけで、ドタバタと過ぎていきまして…ようやく昨日で卒業論文・修士論文の発表会が終わりました(これから修士設計の発表会です)。
ウチのゼミ生たちも色々ありましたが、なんとかかんとか発表を終えられて、ようやく今年度の肩の荷を下ろせたという朝は雪化粧。

いつもならちょっとでも不快な思いを抱くようなものですが、
今朝に関してはそうともなく…気の持ちようですな。

終わりとは、すなわち次の始まりである。
そんなわけで次の業務に取り掛かります…〆切もありますし(汗)

開く コメント(0)

AE1540 眼神経

昨晩は爆睡して朝から作業に…かかる前に更新です。
1月最後ですし。

昨日は卒業研究の梗概提出日。
当日を迎えてまで添削というのは修正時間も考えればないよねということで、仕事放棄…的な1日でした。

奥さんがちょうど水曜日がお休みということもあって連れ立って、
北千住の旧宿場町あたりをブラブラ(研究資料の写真撮影)、上野に出て国立博物館の顔真卿の展覧会を見て、修理の終わった奏楽堂に立ち寄り、そして品川に出てブラブラ(研究資料の写真撮影)…として夕方に帰宅という感じでした。

メインは顔真卿の展覧会を見るということだったのですが、平日にも関わらずすごい人の出で、しかも中国の方が多い。
当たり前ですが、内容は漢字の羅列で(それだけにならないような工夫が随所にされていましたが)、さすが国立博物館の展覧会だけあってボリュームが多くてクラクラしました。

で、思うに…字は体を表す。
梗概修正に示した汚文字で直すゼミ生たちは解読が大変だったろうに…まずはお疲れ様でした。

来週の卒論発表までもうひと踏ん張り頑張りぬいてほしいところです。

開く コメント(4)

全120ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事