全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

「アロマエステ」
アロマエステの手順
アロマエステの手順は一般のアロマテラピーサロンやエステサロンなどで行われているアロマエステと同じです。
カウンセリング→個人に合わせたアロマオイルのブレンド→手足のアロマオイルマッサージ→全身アロママッサージ
又、ご希望に応じてアロマバスやルームスプレーもお楽しみ頂けます。

アロマエステの効果
アロマには症状に応じて様々な効果があります。
下記はほんの一例です。こんな症状の方はぜひアロマエステをご体験下さい。
▼体の悩み 症状 効果的な精油
眠れない・熟睡できない・朝に疲れが残る ラベンダー、カモミール・ローマン、スイートマージョラム、メリッサ、サンダルウッド、イランイラン・エクストラ、ネロリ
花粉症・鼻の通りが悪い ユーカリ・グロブルス、ティートリー、ペパーミント、ユーカリ・ラディアータ、ラベンダー、カモミール・ローマン、サイプレス、パイン
咳が出る・ノドが痛い ユーカリ・グロブルス、ティートリー、ペパーミント、ユーカリ・ラディアータ、タイム・リナロール、ラベンダー
冷え性 ローズマリー・シネオール、マージョラム、ジンジャー、レモン、ユーカリ・グロブルス
頭痛・偏頭痛・頭がスッキリしない ペパーミント、ローズマリー・シネオール、ラベンダー、メリッサ
肩こり・腰痛・筋肉痛 ローズマリー・シネオール、ジュニパー、クラリセージ、ユーカリ・グロブルス、ジンジャー
足のむくみ・顔のむくみ ジュニパー、グレープフルーツ、サイプレス、オレンジ
目の疲れ・ドライアイ ラベンダー、カモミール・ローマン
便秘 ブラックペッパー、スイート・マージョラム、ローズマリー、カモミール・ローマン

▼心の悩み 症状 効果的な精油
イライラしてしまう イランイラン・エクストラ、ラベンダー、カモミール・ローマン、ベルガモット・FCF、サンダルウッド、バジル・リナロール、ネロリ
憂鬱な気分 ベルガモット・FCF、メリッサ、マンダリン、ベチバー、バジル・リナロール、ジャスミンAbs.、ローズAbs.
集中できないときなど ローズマリー・シネオール、レモン、バジル・リナロール、ペパーミント

ムーディな気分を演出したい イランイラン・エクストラ、サンダルウッド、ジャスミンAbs.、ローズAbs.、ネロリ、ベチバー
無気力・倦怠感 ベルガモット・FCF、オレンジ、レモン、バジル・リナロール


▼女性の悩み 症状 効果的な精油
ダイエットしたい グレープフルーツ、ジュニパー、パチュリー、ローズマリー・シネオール、サイプレス
にきびが気になる ラベンダー、ティートリー、ベルガモット・FCF
肌のシミやしわが気になる ラベンダー、ネロリ、カモミール・ローマン、ローズ・オットー

開く コメント(67)

開く トラックバック(1)

めくるめく快感

彼自身のこと

そして彼との愛瀬のことを思い出したり
あんなふうにしたい。。。こんなふうにされたいと
感じながら書いていますが、想像するのはとても怖いです

だって、こうしてパソコンに向かいながら彼のことを
思い出すと自然に体も反応してきちゃうんだ
ひとりでエッチしてしまいそうな雰囲気になりそう

でもでも、我慢して続きを書いてしまわなきゃね♪

体がひとつになり抱き合い、じっとしていても
彼の鼓動を感じるのが私は好きなの
中でピクンピクンって動くでしょ?

あれがすごくいぃの(#・・#) ポッ

でもね、その反対にすることもあるの♪

(/o\) イヤン!! 恥ずかしいけど彼のことを
キュッって締めてあげちゃうと漏れる声が可愛くて
遊びすぎちゃうこともあります(笑)

だけど意識しなくても彼のことをキュッするのは
時間が経たずともすぐにきちゃうね

彼の腰が動き出し、私の中をいったり来たりし始めると
エッチな音が聞こえてくる。。。
すごい濡れやすいのは分かっているけど恥ずかしくなります
彼と知り合ってからはじめて逝くことを知り、いまでは数分も
掛からずに絶頂を迎えてしまいます

そして、最後は彼と一緒に逝ける悦びを味わいたいんです

開く コメント(0)

完全凌辱計画

「ああああ! い……いやっ……やめて」
 恐怖と嫌悪で、麻理の歯はカタカタ鳴っている。
 しかし生温かで柔らかな男の舌は、なおもずるりと動き、表面のざらざらが敏感な彼女の恥部を擦り上げるように、べろりと蹂躪した。
 彼女は全身を震わせいやいやをするように首を振ったが、それも男たちの獣欲に火を点け、調子に乗らせるだけだった。
 指先で秘唇を左右に広げられ、恥裂の頂点に隠れている肉芽が剥き出しにされた。豆粒ほどの突起が顔を出している。ピンクが舌先で転がすと、それは、くりくりと面白いように動いた。
「あっ……や、やめて……」
 麻理は苦痛から逃れたい一心で、腰をがくがく震わせた。
 ピンクが荒っぽい手つきで両の乳房をすくい上げ、先端を指先でくりくりとくじると、麻理は苦しそうに顔を背け、眉根に皺を作って耐えた。
 ピンクは、麻理の秘唇や肉芽を唇で挟み、わざと大きなちゅうという音を立てて吸った。
「ひいっ! あああっ……」

開く コメント(0)

マン汁レストランでの出来事です!「御注文を繰り返します。酢豚おかずのみにトン汁ですね」そう言って、オバちゃんはカウンターを飛び越えてきた。そして、おもむろにズボンとモモヒキとでかいパンツを脱ぐと、上半身をカウンターに乗せてオシリを突き出してきた。店の中がムァっとした臭いに包まれた。オバちゃんは、「さっさとトン汁飲んでおくれ!」と大きい声で叫んだ。厨房の残りのオバちゃんたちも『ウィームッシュ』と叫び返してきた。
オバちゃんのオマンコは想像を絶する形だった。魚介類の死骸に蠅が群がった感じと言っても、まだ足りない。黒みのかかったグニャグニャにだらんとしたビラビラ。良くはわからないが、ティッシュや綿のカスの様なものもみえるし、ナチュラルなマンカスも見える。しかし、それらを1つにまとめるように愛汁が輝いているのが見えた。艶かしい光が溢れているのがわかる。むせ返るような香気が僕の鼻を刺激した。
僕は、「すみません。これはトン汁じゃなくてマン汁です」オバちゃんは、こちらを振り返りもせず「あたしに恥をかかせるつもり?」と言った。すると、後ろの凶暴な男は、もう待ちきれなくなったんだろう。傘の先で突然、僕を刺そうとしたが、殺気に気付いた僕は闘牛士の様にヒラリとかわした。すると傘の先はオバちゃんの性器に刺さってしまった。


「はぅ…あ…あたしの中に冷たくて硬いものが…ハァハァ…お…お客さん、困ります…。お…お客さんは、舐めたり吸ったりだけです…。こんなに硬いものを…そんなに激しくしないで…お願いだから…」
男は、慌ていたのか誤ってビニール傘を開いてしまった。その衝撃でオバちゃんの飛沫が傘に飛び散った。男は傘を開いたままで、オバちゃんの性器から抜いた。オバちゃんは、一瞬、声を上げてビクッとした。男は、僕を睨んだ。『早く注文を終わらせてくれ。次はお前を刺すぞ』と目で訴えていた。僕は、いよいよ覚悟を決めなければならなかった。

僕は両手をオバちゃんの左右のオシリの上に置いた。肌はカサついており、そこから僕の水分が全て吸われていくような感覚さえした。顔をオバちゃんのマンコに近づければ近づけるほど、鼻が痛みだした。形容のしようがない刺激臭だった。目からは涙が出てきた。しかし、これも僕が選んだ人生における大事な『選択』のひとつである以上、僕はトン汁と間違えてマン汁を飲まなければならないのだ。僕は半ばヤケクソでオバちゃんの性器に口を当てた。すると、僕の鼻の先がちょうどオバちゃんの肛門に当たった。オバちゃんは、あっって声を漏らした瞬間、ブフーップップピーと屁をこいた。生温かい風が僕の顔を撫でた。鼻は麻痺していて、それがどれだけ臭かったは思い出せないが、ニンニクとカフェオレの臭いがした。すると、マン汁は、いよいよ溢れ出してきて、あっという間に僕の口を一杯にした。余りにたくさん流れるので、僕の口からは唾液と愛液とが溢れだしてきた。

オバちゃんのマン汁は、そうとう酸っぱかった。酸っぱい?いや、痛いと言った方が的確かもしれない。しかし、痛みの中に独特の風味があった。それはナポリの職人が作るエスップレッソの様な苦味だった。もしくは黒人の手の平を舐めたときの様なニガしょっぱい(ニガーだけに)味だった。時折、舌に触れるマンカスの濃厚なコクと、芳醇な肛門の香り、ザラザラした尻の肌触り、ベトベトでビュヒュッビュヒュッと変な音を立てる僕の口と、オバちゃんの性器。全てが僕の感性を刺激した。いや、呼び起こしたと言っても過言ではなかった。気が付くと、僕は夢中で舌を動かしていた。オバちゃんの中を全て味わいつくすかのように。オバちゃんの尻は踊っていた。

「旦那をおもいだすぅぅぅぅ。もっとよ!もっと!」
オバちゃんが激しく動くたびに、僕の鼻はオバちゃんの肛門に当たり、僕の顔には飛沫が飛んだ。僕は、涙が溜まった目を見開いてみた。オバちゃんの尻の割れ目に顔を埋めた様になっている為に、天井しか見えなかった。僕はふと目線を後ろに向けた。すると後ろでは若い奥さんが食い入る様に僕達を見ていた。子供は相変わらず僕にメンチを切っていたが「あんなのママもパパとやってるよね。ママの方がもっと大きい声を出すもんね。僕、知ってるよ」と勝ち誇った様に言っていた。逆側に目線を向ければ、ネルシャツの男が彼女の乳を揉んでいた。
僕は、また目を瞑ってオバちゃんのに舌をはわせることに集中した。すると、鼻の上からトロトロ熱いものが、僕の顔にかかってきた。ブヒッブブッと控えめな音が聞こえた。
「…ハァハァ…カレーのサーヴィス」と、オバちゃんは言った。僕は目を開けないでおこうと思った。しばらくすると僕の顔中に熱いものに覆われた様だった。

悲劇的な人生というのは、如何に存在しうるものか?
誰もが想像に容易い金銭的貧困や、肉体的障害だけが悲劇ではない。
肉を漬物と呼ばされ、トン汁の代わりにマン汁を舐めさせられる。
挙句の果てには、自ら進んでマン汁に舌鼓を打つ始末だ。
しかも、僕は知っているのだ、店員がトン汁とマン汁を間違えていることを!
知っててやっているのだ!しかし、誰が僕を責めれるだろう!そうだ、誰もがトン汁とマン汁を間違えているのだ!
酷い臭いに身を委ね、醜いモノにキスをする。汚らわしいモノに愛撫したがるのだ!
誰もが無関心を装って、トン汁とマン汁を『ワザと』間違えているのだ。
だから、悲劇であり、HIDEKIなのだ。オバちゃんのケツにあるのはODEKIだった。
マン毛が喉に詰まった

開く コメント(0)

淫花の図鑑

いや、舐め上げをくりかえすだけではなく、杉本美佳は唇を深くかぶせて、川奈辺の排泄の穴を音をたててしゃぶり、肛口を取り囲む縮れたほとりに舌をまわす。
「おいしい、先生の肛門……」
「おまえが好きなのは、肛門舐めだったのか」
 川奈辺の言葉に頷きをくりかえして、杉本美佳は眉間を歪め、鼻で喘ぎながら、男の排泄の坩堝にぬらりと舌を挿しこんでくる。
「ううっ、おおっ」
 電流を差し込まれるような鋭い痺れに脳天を灼かれて、川奈辺は雄叫びに近い、だらしのないよがり声をあげていた。
 女に尻の穴をいじらせたり、指を挿入させたことはあるが、杉本美佳のような、男の排泄器官に対して粘着力のある女性は、初めてであった。
 しかも、舐めるだけではなく、舌を挿しこみ、川奈辺の排泄の穴が唾液にまみれてふやけるほど、唇をかぶせてねぶりたてたりする。
 それも、美しい顔面を昂奮にしかめて、切なげに喘ぎながら……。

開く コメント(0)

全52ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事