全体表示

[ リスト ]

おがさわら丸模型1

東京〜父島間に、小笠原海運が運行している小笠原丸を1/00の縮尺で模型を作作ろうと思います
  おがさわら丸概要  1997年就航  総トン数6700t 全長131m  全幅17,2m
イメージ 6
竹芝桟橋を出港するおがさわら丸、 模型を作るに辺り写真を撮りに行った時の光景です
出航を見送っていたら、自然と見ず知らずの乗客に、大きく手を振っていました
久々に行った桟橋の光景ですが、胸にジーンとくるものがありますね!
 
イメージ 1
一般配置図を、今迄コンビニで、A3に模型実寸まで拡大コピーして、それを何枚も継なぎ合わせて図面を作ってました。
私が入会している、商船模型同好会の方から、コピー屋さんで1枚ものに、コピーしてくれる事を教えて頂き、おがさわら丸の1/100の図面を作りりました、料金は1枚800円位です
 
イメージ 2
大きなモデルを作る時は4分割位に分けて作りますが、今回は分割しないで船体を作りました
骨組みを3ミリの合板を使いました。甲板は1ミリの航空ベニヤを使用
仮組の状態です、131センチ大きいです、まだ接着していません
3ミリ合板・航空ベニヤはホームセンターなどでは販売されていませんのでネットで買いました
イメージ 3
船底に20×12の角材を船体を曲がらないように中央に入れました
スケグはあと付けしないで、この段階で取り付けます
イメージ 5
仮組みした船尾部分、スクリュウ・舵・サイドスラスターの穴もこの段階で開けておきます
 
イメージ 4
組立を終えたDデッキ船首部分、貨物層・デッキマスト・錨・バウスラスターの位置の穴を開けておきます
イメージ 7
船首部分を船底 から見たところ、これから調整しながら外板を貼っていきます
外販は1,1ミリの航空ベニヤを張る予定です
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事