ヨハン早稲田キリスト教会 Daily Bread

はっきり言っておく。私を信じる者は、私が行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジョナサン・エドワーズ(Jonathan Edwards、1703年10月5日-1758年3月22日)は、アメリカを代表する会衆派の神学者、牧師、アメリカ先住民(インディアン)への宣教師であった。

エドワーズは、アメリカの最も重要な、最初の哲学者また神学者であると広く認められている。

彼は、最も偉大で、深遠な神学者、大覚醒運動のリバイバル指導者、またその記録者として知られる。彼の働きは非常に広範囲に及ぶが、特にカルヴァン主義神学、予定説、ピューリタンの遺産の弁証と関係付けられている。

リバイバル説教『怒れる神の御手の中にある罪人』は、罪に対する義なる神の正しい怒りと地獄の苦しみを強調し、それを神の救いの御業と対比した。

エドワーズが説教する時、会衆は、気絶や卒倒などの激しい反応を示した。そのため、エドワーズは聖霊の臨在と、現象についての論争に巻き込まれた。 プリンストン大学第3代学長。
 
【リバイバル説教『怒れる神の御手の中にある罪人』】
 
 
 

この記事に


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事