ヨハン早稲田キリスト教会 Daily Bread

はっきり言っておく。私を信じる者は、私が行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

ジョージ・ホウィットフィールド(George Whitefield、1714年12月16日 - 1770年9月30日)は、イングランド国教会の 牧師、説教者、メソジスト信仰復興 の指導者である。

1714年12月16日、イングランドのグロスターに生まれ、1770年9月30日マサチューセッツで召天した。

ホウィットフィールドは、信仰復興(リバイバル)のメッセージで知られる。そのリバイバルは大覚醒と呼ばれた。

【最初の説教】
故郷のグロスターで最初の説教をした。幼少時からの彼を知る会衆の前で説教することは、身をすくませることだったが、神の臨在を感じ、語るにつれて心は燃やされ、福音の権威を持って語ることが出来たという。

最初の説教で会衆は心を打たれ、そのうちの15人が狂人になってしまったという苦情が、主教に持ち込まれたほどだった。
1737年から一年間、合衆国に渡り、ジョージア州の貧しく無学な人々の間で働き、孤児院の運営を助けた。1738年の後半に司祭按手を受けるため、故郷に帰国するも、彼を『狂信的な熱狂主義者』と疑うイングランド国教会が、講壇からの説教を拒んだため、野外説教で福音を宣べ伝えるようになった。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事