ヨハン早稲田キリスト教会 Daily Bread

はっきり言っておく。私を信じる者は、私が行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

ルーベン・アーチャー・トーレー(Reuben Archer Torrey、1856年1月28日-1928年10月26日)は、アメリカ合衆国の福音伝道者、牧師、神学者、神学校教師、および著述家である。 イェール大学卒業。

【学生時代】
勉強熱心ではあったが、賭け事にふけり罪の生活を送っていた。彼の母はトーレーのために祈り続けていたという。イェール大学在学中に罪責観と憂鬱で自殺寸前にまでなるが、夢の中で伝道者として召された。

数日後、大学のチャペル(礼拝堂)でひざまずき、主イエス・キリストに献身する祈りを捧げた。1875年イェール大学を卒業し、1878年イェール神学大学院を卒業した。

【ミニストリー】
1878年にオハイオ州の会衆派教会の牧師になった。4年後に牧会を辞めリベラル隆盛期のドイツ、ライプチヒ大学、エルランゲン大学で神学を学ぶが、聖書信仰を守り決してリベラルに染まることはなかった。

アメリカに帰国してから、ミネアポリスのオープン・ドア教会(ムーディー記念教会、The Church of the Open Door)牧会者となり、この教会の牧師を9年間勤めた。その後ドワイト・ライマン・ムーディーのミニストリーに参加し、彼の招きにより1889年-1908年、ムーディー聖書学院の二代目学長となった。

学識豊かであると共に、ムーディーから、聖霊の力についての説教を依頼されるほどの御霊の器であった。

【子孫】
子孫の多くが、牧師、宣教師となった。

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事