ヨハン早稲田キリスト教会 Daily Bread

はっきり言っておく。私を信じる者は、私が行う業を行い、また、もっと大きな業を行うようになる。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

イメージ 1

チャールズ・ハッドン・スポルジョン(Charles Haddon Spurgeon, 1834年6月19日 - 1892年1月31日)は、イギリスの著名なバプテスト派の牧師、伝道者、説教者。

教団教派を越えて影響を与えた「講壇のプリンス」と呼ばれる。日本語では「C.H.スポルジョン」「チャールズ・スパージョン」とも表記される。

【使役】
1850年12月15日 日曜日に突然の吹雪のためにやむなく小さなチャペルに飛び込み、そこでプリミティブ・メソジストの信徒説教者が語る説教を聞いて、回心を経験した。

1852年 補助教員職を辞めて、ウォータービーチのバプテスト教会で牧師に就任した。一年で10人が400人の教会に成長した。

1854年 ロンドンの中央にあるニュー・パーク・ストリート・バプテスト教会の牧師に就任した。

1856年 サリー・ガーデン音楽堂の礼拝で説教をして12000人が出席した。

1857年 ロンドン・クリスタル・パレスで説教をして23654人が出席した。

1861年 ロンドン南部のニューイントンにメトロポリタン・タバナクル教会を建設。

この記事に

開く コメント(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事