【小選挙区制は憲法 第十五条1項に反している。】

A〜D党について、投票された割合について、 A党:40 B党:30 C党:20 D党:10 とすると、A+B+C+D=100となる。 割合に応じて、各党候補を当選とするのが比例制。 A党を積極的に支持した票が40、他の党を積極的に可とした票が60 BCD党が協力すれば、A党を上回る。 A党候補を当選とし、B+C+Dを落選とするのが小選挙区制。 全小選挙区において上記割合であれば、A党が独占する。 すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事