おやじーにのおーでお馬鹿

オリンピックまでに来るのは、首都直下と南海トラフ巨大地震と富士山山体崩壊、どれかな?

オーディオ

すべて表示

なにゆえいまさら感満載ですが…YAMAHA CDX-700Dのゴムベルト交換.

えー、まあその、手ぶらで帰るのもなんなので的な…

おなじみYAMAHA 1987年産のCDP、CDX-700Dであります.
「再生できません」とのこと.
トレーは開閉します.
ディスクを入れると速攻でTOCを読みますが、再生はできません.
おなじみの機種のおなじみのトラブルであります.
開腹です.

イメージ 1

この個体の場合、おそらくまず最初にトレー開閉用ベルトが朽ちたものと思われます.
トレー用ベルトが交換されています.

イメージ 2

しかしその後、今度はピックアップ用ベルトが切れて再生ができなくなり、オシャカ扱いになったものと想像します.
まずトレー用ベルトの交換.
φ35mm程度でしょうか.
プーリを外して作業しますが、これがトレーオープン時のギア位置であります.

イメージ 3

次はピックアップ用ベルト.
こちらは30mmくらいかなあ.
トレー完全に外さなくてもベルト交換はできます.

あとはお掃除をしておしまい…
のはずでしたが、ヘッドフォンで再生テストをすると右chにガリが生じています.
フロントパネルを外して、ヘッドフォン用基板を取り外します.

イメージ 4

これがボリューム.
今回はコンタクトスプレーを少量吹き込んでなんちゃって修復としました.
ヘッドフォンあんまり使いませんし(^◇^;)
組み立てる前にテストをしたところ、ガリは解消されていました.

イメージ 5


んで今夜から本格テストを始めております.

イメージ 6

んー、だいじぶそうですね.
明日も引き続きテストをしてみます(^○^)

.


みんなの更新記事