福島県いわき市 貝泊写真館日記 Kaidomari Photo

写真ブログです。 日々撮り溜めた写真や仕事で撮った写真を紹介しています。

ライカ日和

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

フィルム写真

超が付くほど久し振りのフィルム写真です。 何時もカメラは持ち歩いていたのですが、後が面倒くさいのでカメラにフィルムをセットしたままほったらかしでした、今日久し振りに写真店に向かい現像してきました・・・。

合せてカメラバックに撮影済みのフィルムが転がっていたのでこれも現像しました。1〜2年ほったらかしのフィルムなのでカラーバランスが悪くなっていますが見て下さい。


イメージ 1





カメラはライカM6 ゾナー50ミリ F2
AGFA vista ネガカラーフィルム ISO100
FUJI  ネガカラーフィルム ISO400業務用

何時撮ったか分らない、場所が分らない写真が多数有ります・・・と言うより何を撮っていたか分らないフィルムでしたよ。









イメージ 2















好きな景色で有りますが、どこで撮ったか場所が分りません・・・どこにでも有る様な景色ですよね。


イメージ 3

車の中ですが、このカットも何時?どこで?撮ったか分りません。


イメージ 4

この写真は西会津に行った時に撮ったカットで、間違いなく1年以上経っています。


イメージ 5

これは神谷に有る回朗美術館を見に行った時に撮った写真ですが、一年以上前かなぁ〜。


イメージ 6

同じく回朗美術館で、始めて行きました。


イメージ 7

以前、ブログで紹介した中国の現代アートシーンを代表する 蔡國強 が小名浜の浜から掘り上げた廃船が有りました・・・・岬公園に有った物だろうか・・・・詳しくは分りませんが、回朗美術館を主宰するSさん達と掘り上げた廃船だと思います。


イメージ 8

里山からの景色です・・・田んぼの状態から一年は間違いなく過ぎていますよね。


イメージ 9

今年になってからだと思いますが正確には覚えていません、平城跡地で行われたイベントの時に撮った写真です。 春ごろだったかなぁ〜・・・。


イメージ 10

同じイベントで撮ったカットです。


イメージ 11

同じくイベントで撮った写真です。


イメージ 12

この写真は一昨日撮ったカットです・・・勿来の一般住宅撮影後立ち寄った大畑公園です。


イメージ 13

同じく一昨日撮ったカットで、現在立ち入れるようになったサンマリーナからの風景です。

ほったらかしのカメラ、フィルムで何故?突然撮り始めたかと言うと、暇な時間にユーチューブで好きな写真家さんの動画を見ていて無性にフィルムで撮りたくなりました・・・電池式の露出計は電池切れで使えず、感に頼るしかない撮影でしたが、フィルム時代の緊張感がちょこっとだけ味わえました。

この記事に

開く コメント(0)

朽ち果てる廃船復活

夜中に目が覚めてしまいました。     何もする事がないので古い写真を見ていたのですが、中でも懐かしい写真を紹介いたします・・・当時はブログなんて無かったので関係者以外には一切公開していない写真です。

知っている方、見た方も居ると思いますが、中国福建省出身でニューヨーク在住の現代アートシーンを代表するアーティスト 蔡國強 (ツァイ・グォ・チャン) いわき市に滞在している時に市立美術館で公開した火薬ドローイングと廃船を使ったオブジェを公開しました、見た方も居るのではないでしょうか・・・・・、神谷地区だったかな?回廊美術館に係るアーティストさんです。

その時、美術館に展示された廃船、現在は岬公園の一角にオブジェとして展示されていると思うのですが・・・・・今でも有るんだろうか? 砂に埋もれていた廃船を運び出す作業風景を撮った写真を見て下さい。

イメージ 1

小名浜水産高校(今は名称が変わったのかな?)の有る浜から廃船を運び出します。 ちなみにフィルム撮影でカメラはニコンF5です・・当たり前だけど、写真のメタデータを見ても情報は有りません・・写真フォルダーを作った年月は2004年で13年前になっています。


イメージ 2

作業の様子をテレビ局が取材に来ました。 覚えているのは廃船を砂浜から掘り起こす作業、運搬作業等々は蔡國強さんを応援する地元のボランテイアさんが係っていたと記憶しています。 勿論、写真撮影もボランティアでしたよ・・・。 ボランティアのリーダーが回廊美術館の代表Sさんだと記憶しています。


イメージ 3

釣り上げるクレーン作業をしていた小名浜の企業さんにも縁があり、若い頃努めていた事が有った会社の重機部門でしたよ・・・写真はクレーン車ではありません。


イメージ 4

砂に埋もれていた廃船が姿を見せました・・・木造船ですよ、何時頃活躍していたんでしょうねぇ〜。


イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

重機を使ってクレーンが届く場所まで引っ張る作業が始まりました。


イメージ 8

砂の抵抗と廃船の重さに重機も苦労していた事を思い出しました。 


イメージ 9

イメージ 10

           少しづつ移動しながら引っ張り、一段高くなる場所へ廃船を引上げます。


イメージ 11

     バックホーで引っ張れば簡単な移動だと思っていましたが、一苦労した作業だった事を思い
     だします・・・砂の抵抗と合わせて重機が踏ん張れない砂の上の作業を想像して下さいね。


イメージ 12

イメージ 13

この場所はアマチュアカメラマンさんの撮影スポットでも有ったらしく、砂に埋もれた廃船、海といったような写真を撮る方達がいたみたいで、この作業の時も誰に断って廃船を掘り起こしてんだ!!ような事を言ってきた方が居た事を覚えています・・・これだけの作業を無許可でやる訳ねぇ〜べよなどと思いながら聞いていた事を思い出しました。

蔡國強さんと自分の係りはこれ以前から有り、水平線プロジェクトといったパフォーマンスをした時からの係りになります。 その時に四倉港を小さなヘリで空撮した事を今でも鮮やかに覚えていますよ・・・個人所有の小さなヘリコプターでコックピット内がガタガタしていて、このまま落ちるんじゃないかと思ったくらいでしたよ。

今になったら眠くなってきました・・・・。
 

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

前回に引き続き、リバーサルフィルムで撮った大量の写真のほんの一部ですが今回も見て下さい。 写真が粗いのは、しっかり接写、スキャナー取り込みをしていないのでご了承くださいね・・・。


イメージ 1

      沢山のスライドが残っています。 リバーサルフィルムは仕事で写真を撮るカメラマン
      か、ハイアマチュアと言われるカメラマン達が使う事が多いフィルムでした・・・と、言うより
      今でも使っているハイアマチュアカメラマンさんも多いのではないでしょうかね・・・。
      流石にプロカメラマンは仕事で使う事が無くなりました・・・何か意図が有るなら別ですが。


イメージ 2

      やんちゃな頃の小太郎です。 今の自宅に引っ越して間もない頃ですね。


イメージ 3

     隣のわんこ、リンダです、何時もこんな感じで小太郎と接していました。
     小太郎と仲が良かったんですよ・・・隣ではもう一匹雄犬を飼っていて
     そちらの ぷー太郎 とは犬同士なのに犬猿の仲でした。


イメージ 4

      こんな写真も出てきた、前回紹介した愛車ビックホーンの一代目です。

イメージ 5

オフロードバイクとビックホーンで暇さえあれば湯ノ岳の林道を走っていました。


イメージ 6

こんなアナログな写真も撮っていたんですよね〜、今でもお付き合いの有る人気陶芸家さんの作品を頂いた時に撮ったものです。


イメージ 7

     風景写真に移ります、写真は平田町の雪景色です。 飲み歩いている方なら
     田町のフラワー通りと言った方が分りやすいですかね?


イメージ 8

     好間に移ります、今でも有るのかなぁ〜・・・炭鉱の引き込み線が通っていた鉄橋です。
     いわき中央インター近所ですね。 


イメージ 9

     内郷高坂に移ります、この写真はリバーサルフィルム撮影ではありません。
     モノクロブローニーフィルム撮影です。 炭鉱のズリ山です・・・内郷高坂から
     好間に向かう道路沿いですが、今は雑木も増えてこんな感じには見えない
     でしょうね。 ちなみに子供の頃、ここの沼と言うのか?水溜まりで泳いでいました。


イメージ 10

     植田に移ります、自分たちの年代ならこの橋を覚えている方は多いと思います。
     結構長い木造の橋でした・・・今現在は有りません。 ちなみに震災後の写真では
     有りません、震災の時には既に取り壊されて無かったと思います。


イメージ 11

     この写真は何処で撮ったか覚えていません。 おそらくですが、藤原川だと
     思うのですが・・・。 自分と同じ車が止まっていたので撮ったのかな・・・?
     シンメトリックな構図が気になりました。

今回で古いリバーサルフィルム撮影写真の紹介は終わりです。 真四角の写真が多いですが、実際は35ミリサイズ、中判カメラ6x7、同じく6x9サイズの写真です。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

フイルム時代(今でも)一般的に売られていたフィルムが ネガフィルム なのですが、合わせてリバーサルフィルム、モノクロフィルム、プリントはモノクロだけど現像処理がネガフィルムと同じフィルムが有りました。 今日はリバーサル(スライドフイルム)が出て来たので写真を紹介いたします。

プリント写真とは違い、リバーサルフィルムはフイルム自体が写真(ポジ像)になっているフイルムです・・・ちなみにネガフィルムは写真プリントしないと色が反転しているので、フィルムを見ただけでは色が分りません。

まっ、面倒くさいことは抜きにします・・・10年以上前の写真を見て下さい。 以外に写真を撮った時の状況を覚えていますよ。

イメージ 1

ひとコマ、ひとコマ、マウントされたスライドフィルムです。 ネガフィルムの様に6コマずつカットしたのがスリーブ仕上げです。


イメージ 2

今も続く水面の写真です・・・これは海ではなく鮫川で撮った写真です。 水面に映り込むのは常磐線の鉄橋です。


イメージ 3

映り込みではありませんが、同じく鮫川で撮った波紋です・・・石を投げ込んで撮った記憶が有りますよ。
ちなみに1枚目の写真も鮫川で撮ったものです。


イメージ 4

この写真は写真店の有った、いわき市郷ヶ丘2丁目近所の沼で撮った写真です・・・・・日付けは分りませんが、季節は今頃ですね。


イメージ 5

仕事写真撮影はリバーサルフィルム撮影が多かったです。 正確には分らないので間違っているかも知れませんが・・・ネガフィルム撮影だと紙焼き写真にしてから印刷前の色分解をしなくてはいけない、リバーサルフィルムはフィルム自体が写真と同じなので印刷前段階の一行程が省ける・・・と言う事は劣化も少ないと言う事なんですかね・・・。 写真はパンフレットを作る為に改装新築した豊間の灯台下で営業するレストランを撮った時の写真です。


イメージ 6

小名浜に有った潜水を仕事にする会社の記録だったのか?・・・今では分りませんが、相馬市に有る火力発電所
の排水路メンテナンスの為に潜水する方達を撮った写真です。 軽装で向かった相馬市は寒く、途中のしまむらでフード付きの上着を買った事を覚えていますよ・・・。


イメージ 7

この写真は覚えていません、記録なしです。


イメージ 8

大量に有る写真を紹介する事は出来ませんが、最後に当時、自分が乗っていた車です。 リバーサルフィルム撮影ではありませんが、楢葉町の天神岬公園下を流れる木戸川で撮ったものです。 イスズのビックホーンですが、この車は凄く気に入っていて同じ車を2台乗り継ぎました・・・1台目は土建屋さんを営む仲間に譲り、この車が2台目の車です。 この後、ビックホーンのマイナーチェンジが有り、少し丸くなった時に興味が無くなりました。


ストックフィルムは大量に残っています・・・とにかく当時はカメラ機材を変えた時、新しいフィルムが販売された時は試し撮りと言うのか?無暗やたらに写真を撮っていましたよ。 写真を仕事にした時に数多くの経験が大切だと思っていた事も理由の一つでしたね・・・。


この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

フィルム撮影失敗がどうしても気になる・・・ならばリベンジと言う訳ではありませんが、今日はフィルムで写真を撮りました。 カメラがどうの、レンズがどうのと言う使用インプレッションじゃないので写真だけ見て下さい。



イメージ 1

カメラボディーはライカM6です。


イメージ 2

レンズはズミクロンーM 1:2/50ミリです。 フィルムは10年前に使用期限が過ぎたコダックネガフィルムで、撮った写真も画像処理しています・・・ズミクロンレンズで撮った写真の四隅が光量不足なのはレンズのせいではありませんのでご了承くださいね・・・実際は抜けの良い描写をするレンズです。


イメージ 3

小名浜漁港に向かいました、出島に渡る橋も完成していたんですね。 昔の小名浜港市場も更地になっていてスッキリした感じでした。


イメージ 4

停泊中の漁船は少なかったですけど、釣り人が多い印象でした。


イメージ 5

一週間以上乗っていなかった貝トラが足です。 今日も暑かったけど、これから夏本番に向けてエアコン無しの貝トラはキツイかも・・・。


イメージ 6

マリンタワーを入れたこの写真でフィルムの半分を使いました・・・残り半分、何を撮ろうか?花を撮ろうか?などと考えていて思いつきました。


イメージ 7

ブログ友達のバイク屋さんに向かいました(笑)・・ころすけさんはバイク屋さんではありません、車屋さんです。
最近は工場に行くとバイク屋さんとしか思えないんだけどなぁ〜。 正直、思いついたのもバイクを撮らせて貰おうだったし・・・車じゃなかったんですよ。   このバイクはランドセルをバイクバックに使っていました。


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

仕事靴かな・・・?バイクシューズではなかったような・・・。


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

勿論、今回のフィルム撮影は失敗しませんでした。 この後写真屋さんに向かい現像データ焼きをして自宅に戻りました。 写真をモノクロにしたのは10年前に使用期限が過ぎたフィルムで使う事は出来ますが、カラーバランスが崩れていたためです。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事