秋田の平凡な日々

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/6202/

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

Emacs + howm で USBメモリに書き込み,複数のパソコンで使っていたが,USBメモリを忘れたりすると作業が止まってしまうため,Dropbox を導入した。

●Dropbox のダウンロードとインストール
http://dropbox.softonic.jp/download
よりダウンロードし,解凍。
インストール先は D:\usr\Dropbox 等(パソコンによりドライブが異なる)とした。

●howm関係ファイルを Dropbox にコピー
環境変数 HOME の指すフォルダにあるhowm の設定ファイルや, howm を使って書いたメモなどをフォルダ(gnupack の標準であれば \gnupack_basic-10.02\home)ごと \usr\Dropbox フォルダにコピーし,\usr\Dropbox\home とする。

●複数のパソコンの環境をそろえる
Dropbox と Winshot のインストール先は次のようになっている。
パソコンA
Dropbox のインストール先 C:\usr\Dropbox
Winshot のインストール先 C:\program\Winshot
パソコンB  
Dropbox のインストール先 D:\usr\Dropbox
Winshot のインストール先 C:\program\Winshot
パソコンC
Dropbox のインストール先 D:\usr\Dropbox
Winshot のインストール先 D:\program\Winshot

どのパソコンでもインストール先を同じドライブ・フォルダ名に統一すると簡単なのだが,Dドライブがハードディスクでなかったり,Cドライブがいっぱいだったりで統一されていない。

Emacs の設定ファイル(\usr\Dropbox にコピーした \home\.emacs.d\init.el)に Dropbox と Winshot のパスを書かないといけないのだが,パスが上記のようにパソコンごとに異なっている(ドライブ名だけだが)。
そこで,ファイルの移動と新しい環境変数の導入でなんとかする。

◆ Winshot の移動
パソコンBの C:\program\Winshot を D:\program\Winshot へ移動。
これでパソコンBとパソコンCは同じ環境になった。

◆環境変数の導入と設定ファイルの変更
・新しい環境変数MY_DRVにドライブ名を設定し,環境変数HOMEを再設定する。
gnupackの場合 \gnupack_basic-10.02にある config.ini の HOME の設定をコメントアウトし,そこへ

パソコンAの場合
    MY_DRV         = C:
    HOME           = %MY_DRV%\usr\Dropbox\home
を記述する。

パソコンB,パソコンCの場合
    MY_DRV         = D:
    HOME           = %MY_DRV%\usr\Dropbox\home
を記述する。

・Emacsの設定ファイル(\usr\Dropbox にコピーした \home\.emacs.d\init.el)の変更
(setq howm-directory "T:\howm140" );メモを置く場所  
(T:\howm140 はUSBメモリで使っていたとき用の記述)をコメントアウトして
(setq howm-directory concat (getenv "MY_DRV") "\\usr\\dropbox\\home\\howm140" );メモを置く場所
に変更

"D:\\program\\WinShot\\WinShot.exe"     ;WinShotのある場所を記述
をコメントアウトして
(concat (getenv "MY_DRV") "\\program\\WinShot\\WinShot.exe");WinShotのある場所を記述
に変更

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事