秋田の平凡な日々

http://www.geocities.co.jp/SiliconValley-Bay/6202/

パソコンなど

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
Emacs + howm で USBメモリに書き込み,複数のパソコンで使っていたが,USBメモリを忘れたりすると作業が止まってしまうため,Dropbox を導入した。

●Dropbox のダウンロードとインストール
http://dropbox.softonic.jp/download
よりダウンロードし,解凍。
インストール先は D:\usr\Dropbox 等(パソコンによりドライブが異なる)とした。

●howm関係ファイルを Dropbox にコピー
環境変数 HOME の指すフォルダにあるhowm の設定ファイルや, howm を使って書いたメモなどをフォルダ(gnupack の標準であれば \gnupack_basic-10.02\home)ごと \usr\Dropbox フォルダにコピーし,\usr\Dropbox\home とする。

●複数のパソコンの環境をそろえる
Dropbox と Winshot のインストール先は次のようになっている。
パソコンA
Dropbox のインストール先 C:\usr\Dropbox
Winshot のインストール先 C:\program\Winshot
パソコンB  
Dropbox のインストール先 D:\usr\Dropbox
Winshot のインストール先 C:\program\Winshot
パソコンC
Dropbox のインストール先 D:\usr\Dropbox
Winshot のインストール先 D:\program\Winshot

どのパソコンでもインストール先を同じドライブ・フォルダ名に統一すると簡単なのだが,Dドライブがハードディスクでなかったり,Cドライブがいっぱいだったりで統一されていない。

Emacs の設定ファイル(\usr\Dropbox にコピーした \home\.emacs.d\init.el)に Dropbox と Winshot のパスを書かないといけないのだが,パスが上記のようにパソコンごとに異なっている(ドライブ名だけだが)。
そこで,ファイルの移動と新しい環境変数の導入でなんとかする。

◆ Winshot の移動
パソコンBの C:\program\Winshot を D:\program\Winshot へ移動。
これでパソコンBとパソコンCは同じ環境になった。

◆環境変数の導入と設定ファイルの変更
・新しい環境変数MY_DRVにドライブ名を設定し,環境変数HOMEを再設定する。
gnupackの場合 \gnupack_basic-10.02にある config.ini の HOME の設定をコメントアウトし,そこへ

パソコンAの場合
    MY_DRV         = C:
    HOME           = %MY_DRV%\usr\Dropbox\home
を記述する。

パソコンB,パソコンCの場合
    MY_DRV         = D:
    HOME           = %MY_DRV%\usr\Dropbox\home
を記述する。

・Emacsの設定ファイル(\usr\Dropbox にコピーした \home\.emacs.d\init.el)の変更
(setq howm-directory "T:\howm140" );メモを置く場所  
(T:\howm140 はUSBメモリで使っていたとき用の記述)をコメントアウトして
(setq howm-directory concat (getenv "MY_DRV") "\\usr\\dropbox\\home\\howm140" );メモを置く場所
に変更

"D:\\program\\WinShot\\WinShot.exe"     ;WinShotのある場所を記述
をコメントアウトして
(concat (getenv "MY_DRV") "\\program\\WinShot\\WinShot.exe");WinShotのある場所を記述
に変更

開く コメント(0)

howmで画像の取り込み

Winshot と omcap.el でデスクトップの一部分を画像として取り込むための設定
※参考:  http://www.bookshelf.jp/soft/meadow_38.html#SEC565

●WinShotの導入
◆ダウンロード
ベクターまたは窓の杜からダウンロード。
・ベクター http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/art/se075666.html
・窓の杜 http://www.forest.impress.co.jp/lib/pic/piccam/capture/winshot.html

◆インストール
・解凍して,適当なフォルダへ保存。
・ninit.el へプログラム名を記述
(例)
保存したフォルダが
"D:\program\WinShot\"
のときは
"D:\\program\\WinShot\\WinShot.exe"

後述の ";WinShotのある場所を記述" の部分に記述する。

●imcap.el の導入
◆ダウンロード
(imcap.el というファイルが見つからなかったので)
http://howm.sourceforge.jp/cgi-bin/hiki/hiki.cgi?ImageCapture
に記載されている imcap.el の部分をコピーして Emacs や Windows のメモ帳などに貼り付け, imcap.el というファイル名で保存。

◆インストール
imcap.el を site-lisp(gnupack の場合は \gnupack_basic-10.02\app\emacs\site-lisp)へコピー。

●init.el の設定
 Emacs の設定ファイル init.el(gnupack の場合は \gnupack_basic-10.02\home\.emacs.d にある)へ以下を追加する。

;;M-x imcap-capture  デスクトップの一部分を画像として取り込むための設定
;WinShotパスに注意
(setq
howm-excluded-file-regexp
(concat
  "\\(^\\|/\\)\\([.]\\|CVS/\\)\\|"
  "[~#]$\\|"
  "\\.\\("
  (mapconcat
   (lambda (f) f)
   '(
     "doc" "pdf" "ppt" "xls"
     "bak" "elc" "gz" "aux"
     "toc" "idx" "dvi" "jpg"
     "gif" "png"
     ) "\\|") "\\)$"))

(setq imcap-capture-command-format
      (concat
       "D:\\program\\WinShot\\WinShot.exe"     ;WinShotのある場所を記述
       " -Jpeg -Rectangle -Close -File %s"))
(autoload 'imcap-capture "imcap"
  "Hitori Otegaru Wiki Modoki image capture" t)
(autoload 'imcap-display "imcap"
  "Hitori Otegaru Wiki Modoki image capture" t)
(add-hook 'howm-view-open-hook 'imcap-display)

;;画像を削除したい
(defadvice kill-region
  (around delete-image-file activate)
  (when (and (boundp 'howm-mode)
             howm-mode)
    (let ((str
           (split-string
            (buffer-substring-no-properties
             (ad-get-arg 0)
             (ad-get-arg 1)) "[\n\r]+"))
          (line nil)
          (imagefile nil))
      (while str
        (setq line (car str))
        (if (string-match
             ">>> \\(.*\\.\\(jpg\\|png\\|gif\\)\\)"
             line)
            (setq imagefile (match-string 1 line)))
        (when (and imagefile
                   (file-exists-p
                    (expand-file-name imagefile)))
          (if (y-or-n-p
               (format
                "Delete image file %s?" imagefile))
              (progn
                (setq imagefile
                      (expand-file-name imagefile))
                (delete-file imagefile))))
        (setq imagefile nil)
        (setq str (cdr str)))))
  ad-do-it)

開く コメント(0)

Emacs24 から使えるように howm を導入した。
howm については以下を参照。

http://howm.sourceforge.jp/index-j.html
http://howm.sourceforge.jp/README-j.html


●ダウンロード・解凍
http://howm.sourceforge.jp/index-j.html  よりダウンロードし解凍。


●インストール
1 メモを置くフォルダを適当に作成する。
今回はUSBメモリ(ドライブ名T)にT:\howm140を作成。
(普通は \howm とするが,今回は Meadow で使っている \howm がすでに存在するので, \howm140 とした)

2 作成したフォルダに,解凍してできた \howm-1.4.0 内の \ja\0000-00-00-000000.txt をコピー。

3 \howm-1.4.0 を Emacs フォルダの site-lisp フォルダ(gnupack の場合は \gnupack_basic-10.02\app\emacs\site-lisp)にコピー。
サイズを小さくしたいときは \howm-1.4.0 内の *.el ファイル以外は削除してもよい。

 4 Emacs の設定ファイル init.el(gnupack の場合は \gnupack_basic-10.02\home\.emacs.d にある)へ,以下の記述を追加する。

;howmの設定
;case 2: はじめて C-c , , した時に読み込む
(setq howm-menu-lang 'ja)
(global-set-key "\C-c,," 'howm-menu)
(autoload 'howm-menu "howm" "Hitori Otegaru Wiki Modoki" t)

(setq howm-directory "T:\howm140" );メモを置く場所(USBメモリT:\howm140に置くことにした)

 ;;howm 1 日 1 ファイル (メモ置き場/年/月/年_月_日.txt に)
(setq howm-file-name-format "%Y/%m/%Y_%m_%d.txt")

開く コメント(0)

LaTeXでグラフや図形を作成

 WInTpicでグラフや図形を作ってファイル保存。

2 
Emacsで.texファイルにinput{ファイル名}と記述する。

3 
LaTeXをかけるとinput文で記述した位置にグラフや図形が表示される。

※ インストール,ソフト詳細説明は
http://www.vector.co.jp/soft/winnt/writing/se484262.html
から。


開く コメント(0)

Yatexのインストール

Emacs24からLaTeXを使うために〜Yatexのインストール

●ダウンロード

http://www.yatex.org/
から yatex1.76 をダウンロードし解凍。
解凍でできた \yatex1.76 フォルダをEmacsの site-lisp フォルダ
(gnupackの場合は \gnupack_basic-10.02\app\emacs\site-lisp)にコピー

●設定

◆init.elの設定
Emacsの設定ファイル init.el (gnupackの場合 \gnupack_basic-10.02\home\.emacs.d にある)に以下を追加。

;野鳥起動のための設定

     (setq auto-mode-alist
           (cons (cons "\\.tex$" 'yatex-mode) auto-mode-alist))
     (autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)

◆config.iniの設定


gnupackの設定ファイルconfig.ini(gnupackの場合 \gnupack_basic-10.02 にある)の [SetEnv] セクションに PATH を追加。

    PATH  = %EMACS_DIR%\bin;%INST_DIR%\app\vim;%INST_DIR%\app\script
    PATH  = %PATH%;%INST_DIR%\app\mingw\tdm\bin;%_local_%

などと"PATH = 〜"が記述されているところに,platexのあるフォルダ(例 C:\w32tex\bin)とdvioutのあるフォルダ(例 C:\w32tex\dviout)を"PATH = %PATH%;"の後に;で区切って記述する。

    ;追加---
    PATH  = %PATH%;C:\w32tex\bin;C:\w32tex\dviout

●YaTeXの使い方,補完入力等
http://www.yatex.org/info/yatexj_toc.html

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事