群馬「上州」下仁田の善福寺

川井の露頭・HPも是非見て下さい☆大峯回峯行者が住職です。http://www.t-zenpukuji.com

全体表示

[ リスト ]

灯り

子供の頃,樵が木を山から切り出すため,山中に簡単な山小屋を作り寝泊りしながら大きな木を伐採していた。
 
その山小屋に泊まりに行ったことがある。灯りといえば,月の灯りか星明りだけなので日が暮れると寝て,夜が明けると起きるのである。貴重なろうそくは用意してあるが使わない。
 
夜は,フクロウかコノハズクが鳴く声と風で木の枝が擦れる音ぐらいである,静寂そのものであり,暗いのと静かすぎるので恐怖を感じた思い出がある。
 
暗夜の灯りは,何故か恐怖を取り除き安心感を与えてくれる。心の闇を照らしてくれる灯りがどうしても生きて行くためになくてはならないものであります。
 
伝教大師が1200年前に灯した消さずのともしびは,私たちのよりどころであります。迷った時に足下の道を照らしてくれるから,苦しい時に希望与えてくれるから,そして導いてくれるからです。
 
煩悩に悩まされる人生という闇の中で右往左往している人を法の灯火で温かく見守り,歩む道を照らし正しい道からそれないようにしてくれております。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事