ワールドメイト会員のひとりごとブログ

ワールドメイト会員より がんばれ日本! がんばれワールドメイト救援隊!!

ワールドメイト 芸術

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

IFACのホームページに
「第13回 風車の書画展」に出品した方だけの特典映像がありました。
閲覧にはパスワードが必要ですが、今回出品したのでパスワードをいただき、特典映像を見ることができました。
 
絵画審査風景、書道審査風景のそれぞれの映像が10分程度あります。
審査の先生方が語る絵や書のポイントは、ものすごく勉強になります。
パスワード管理されているので、詳しく書くとまずいんでしょうね・・・。
ものすごく興味深い映像でした。

 
ワールドメイトの深見東州先生の絵は、

プロから見ても

底からわきあがってくる生命力あふれる絵画がすごいそうです。

ワールドメイトの深見東州先生の絵は生命力あふれる絵画ですごい
http://blogs.yahoo.co.jp/syukusi727/34537370.html

開く コメント(0)

「オペラ 大江戸版 好色のファルスタッフ」を観にいきました。

小雨が降るなか、駅から会場へ行く道すがらのグループの人達の会話が、自然と耳にはいってきました。そして偶然にも同じ目的(オペラ鑑賞)だったことに気がつきました。

「開場時間に間に合わない」とグループのひとりが言い、小走りに歩きだしました。
私は駅近くのレストランで遅いランチをとるために、グループと道を分かれました。
そのグループは遠方から来られた方なのでしょうね。
深見東州先生のオペラを楽しみにされていた様子が伝わってきて、こちらも嬉しくなってきました。

深見東州先生が演じるファルスタッフ。
昨年の上演でとても素晴らしいオペラだったということを聞き、今年は早速見に行こうと決めていました。


「ファルスタッフ」は、ヴェルディ作曲 3幕のオペラ作品です。原作はシェイクスピアの喜劇「ウィンザーの陽気な女房たち」。晩年のヴェルディが制作した喜劇で最後のオペラといわれています。

「オペラ 大江戸版 好色のファルスタッフ」は、3幕すべてに見所があり、大変楽しいものでした。
オリジナリティで見たことのない奇想天外な仕掛けがあり、素晴らしいオペラでした。


舞台は、観客から見ると、ファルスタッフが仰向けになった姿が描かれたどん帳が目に飛び込んできました。とても奇想天外な設定です。

私達観客は、ファルスタッフという人物のお腹を通して、オペラを見ていくわけです。

どんなオペラなのか期待が大きく膨らみながら開演を待ちました。


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事