T’s Factory

VOXY(煌掘法コマジェ他についての日記です。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

今回もJRの「はやて」で行く日帰りの旅 八戸旬グルメを利用して職場の同僚方と温泉へ行ってきました!
なんと、今回は東北は青森県の八甲田山周辺まで日帰りで行ってきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9d/88/ta_factory/folder/1358961/img_1358961_45521190_0?-1

自宅を7:00に出発はやてに乗って八戸へ
八戸には11:40分ごろ到着しその後予約してあったレンタカー(プリウス)で
昼食を食べる為に八食センターへ!

せんべい汁定食をいただきました。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9d/88/ta_factory/folder/1358961/img_1358961_45521190_1?-1

そしていよいよ目的の温泉へ

目的の温泉は酸ケ湯温泉、谷地温泉、蔦温泉の3つでした。

しかし、酸ケ湯温泉は道路の冬季閉鎖の為行けませんでした。(想定内でしたが…。)

谷地温泉

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9d/88/ta_factory/folder/1358961/img_1358961_45521190_2?-1

 八甲田連峰高田大岳の麓にある宿は、開湯400年の歴史をもち日本三秘湯に数えられる山中の一軒宿。 木造2階建ての外観がむかしの校舎を連想させ、郷愁を誘う。
 泉質 単純硫化水素泉 源泉温度は36℃から42℃
 38℃の下の湯が長湯に向いています。

蔦温泉

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/9d/88/ta_factory/folder/1358961/img_1358961_45521190_3?-1

 大正時代に建てられた本館と、源泉が足元から湧出のヒバの浴槽「久安の湯」「泉響の湯」がある。
 美しいほどに透明な湯に身を横たえると総ブナ造りの浴槽の底板の隙間から湯が湧き出、肌をころころ とくすぐります。
 温泉地は日本百名湯にも選ばれている。
 泉質 硫酸塩泉 源泉温度47℃

この二件をはしごして八戸駅へ。

プリウスを返す前に給油、走行距離約150km給油量5.0L
なんと満タン法ですが1Lあたり30Kmも走ったことに…!(^_^)v
ハイブリットって凄すぎますネ。

そして駅弁を購入し18:48発のはやてに乗り無事23:00に帰宅しました。

八甲田山がこんなに近いとは感激です。
ところで気になる値段ですがこのツアーはなんと10,000円!
レンタカー代を含めても一人当たり約12,000円(入浴及び食費は除く)の旅でした。

この記事に

閉じる コメント(2)

これぞ弾丸ツアーですね。日帰りで青森とは驚きです。長い移動時間もわすれるくらい、いい温泉だったことでしょうね。

2007/3/1(木) 午後 9:34 TAKA.FC 返信する

青森県も新幹線のおかげで近くなりました…、私が高校時代の修学旅行で東北にお邪魔した時は青森から寝台車で帰ってきましたから…。(^^ゞ 個人的には谷地温泉が良かったです!

2007/3/1(木) 午後 11:23 To.TOMO 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事