全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 3週にわたって続いたオストルム編も今回で終了―――
 第1クールも第4のオリジナルドラゴンとの戦いで締めくくられました。


 全開でリンドブルムユニットの皆さんは虐殺竜(オストルム)に手も足も出せずに敗北しちゃいました。ISDAもオストルムによって壊滅・・・と思われた矢先、ノザキ教授が変身しちゃってオストルムと戦い始めちゃったのでした。

 ノザキ教授―――あのおじさんこそが、ISDAが探しまくったのに見つからなかった第3のオリジナルドラゴン「アトルム」だったのでした。と言う事は、トアの後に地球へやってきたという事なのでしょうな?
 これには皆さん全員びっくり!!しかも、オリジナル同士の会話によると、地球産ドラゴンはアトルムの子供――教授のお子さんたちになるそうだ。随分子沢山なドラゴンですな・・・。
 一方のオストルム、虐殺竜はその子供たちを抹殺する為にタナトスからやってきた。お父さんはそんな事をさせない為、身を挺して戦うのでした。


 その頃のトア、彼女は王子様に調教をさせられていましたとさ♪


 オリジナル同士の戦いは戦闘重視の虐殺竜がわずかに優勢となっていたがお父さんも負けじと反撃していきます。けど、そこにボインさんがやってきてお父さんはボインを庇って敗北しちゃうのでした。
 同胞を倒した虐殺竜は、空を飛んでいたギオを発見して抹殺を開始する。危険が迫ってくる事など知らないジンとギオはまともに攻撃を受けちゃいました。

 ギオとオストルムの戦いを地上から眺めていたリンドブルムの皆さんは再び戦線に復活し、久々にハウルの変身シーンを拝めることが出来ました。正直、アクチュアライズシーンは個人的に大好きです。


 ISDAではキリル爺さんが未だにジルアードを頼って応援要請をしていました。この爺さん、いい加減に自分達が利用されていることに気づいて欲しいです・・・・。
 闇の王子様はISDAが壊滅したら助けると言い、暢気の紅茶を楽しんでいました。そんな光景に、ナナミの心は大きく揺らいじゃったようだ。ついに思い切ってトアを封じていたCSSを解除!!が、その直後にガーネットおばさんに銃殺されてしまったのでした。

 戦闘の最中、ジンは火星からくるトアの歌声を受け取り、リンドブルムのみんなの好意で火星へと飛び立とうとしていた。だが、ハウルの必殺技も虐殺竜には効果がなく、今度こそ戦闘不能にまで追い込まれてしまうのでした。

 そこへ、殺された弟の敵をとるべく、乙姫とイツキが虐殺竜へ向かって突入する。しかも、小惑星を破壊するほどの最終兵器「タイプX」を装備しているではありませんか!!あれは死んでも倒そうって感じですな。
 乙姫はオストルムを宇宙へと運ぼうとするが、虐殺竜の抵抗によって失敗し、さらにはタイプXをも落として人類全体が大ピンチに・・・・!!!



 と、そこへ主人公が登場〜〜〜〜〜〜!!!

「俺はもう、1人じゃないんだ!!!!」

 ク〜〜〜!!本日一番の決め台詞決定だぜ!!
 タイプXはオストルムと一緒に宇宙で大爆発してとりあえず危機を脱したようだ。
 ジンとギオも無事に帰還してこれにて第1クールは無事に終了しました。


開く トラックバック(21)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事