セブ島 OIRAN グループのブログ

食処花魁、日本食材店シロナマート、文房具アクセサリーシロナ、日本語放送テレビ、ビジネスコンサルタント、等の出来事
 昨日、ボホールからシロナマートにお客様が
 お見えになりました。
 なんでも、ボホールのパングラオでリゾートを
 マネージしているらしい。
 今度、リゾートで日本食を出したいのでリサーチに
 きたとの事。
 話を聞くと、彼のお父さんが6年ほど前に作った
 リゾートとの事。
 
イメージ 1

 真ん中のピンクのTシャツの男の子。
 オープンから4年ほどは、お母さんが切り盛りしていたが
 あまりお客様が入らず、1年ほど前に、彼が立て直しに
 入ったらしい。
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4










 値段も非常に安く設定されており、一泊朝食付きで
 1,500ペソぐらいから部屋があるらしい。

 CHIISAI NATU リゾート

 非常に気さくで、元気な男の子。
 ボホールに行く際は、ぜひ利用してください。
 花魁の親父の紹介でと言えば、特別サービス
 あると思うよ。








この記事に

開く コメント(0)

 やっとオープンに漕ぎ着けました?
 モニターとして宿泊してきました。
 まだ、評価する段階にきてないですね。
 特に、隣接する他者との連携が取れていないのが、、、。

 私たちの朝ゴルフの会に、一級建築士の資格を持つ
 N氏がいる。
 このN氏、大手ゼネコンに勤務し、談合の親方?
 と言っても良いほどの風貌をしている。
 私は昔、大魔神と呼んでいた。
 何せ、パターが入らないと、パターを振り上げ、鬼の形相で
 グリーンから降りてくる、時には振り上げたパターを
 そのまま投げてしまう。
 大魔神が怒って変身するそのままである。
 と、横道に逸れたな。
 言いたいことは、昔、今の東横インの会長が、
 彼の現場に修行に来ていたらしい。
 その縁で、東横インのセブの工事などのアドバイスを
 頼まれたらしい。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
















 昔は現場で、何やってんだ、と怒鳴ったり
 当然名前は呼びつけ。
 本人曰く、立場が逆転し、サンずけで呼ばなくてはならない
 これが一番苦痛だとか、、、、。
 そんな関係で、いろいろN氏の相談に乗っていたので
 楽しみにしてたのだが、、、、、。

 まだまだ、これから改善しなくてはならないことが
 山ほど有るようだ、私の気付いた事は、N氏に
 話そうと思う。

 やはり産みの苦しみは半端ない。
 頑張ってください。









この記事に

開く コメント(0)

 いろいろ騒がれておりますが、セブでの生活は
 何も変わりはありません。
 いろいろ心配いただき、電話頂いたりしますが、
 普段どうりです、ご心配ありがとうございます。

 昨晩は、ラプラプ像の公園で行われているフェスタ
 に行ってきました。
イメージ 1
イメージ 2






















 まだ明るさの残る早い時間です。
 子供の学校の先生や、近所の人や、子供の友達など
 ISイスラムのテロ問題、全く関係なしで祭りが
 行われている、警察、軍の姿も見えない。

 そして、花魁のお客様も、、、、。
 
イメージ 3

 当方で、船をレンタルして、花魁でランチを作り(BBQ)
 パンダノンにスタートです。いってらっしゃーい、、、、。

 英語留学や、旅行会社など、キャンセルが出ているようですが
 今の日本と比べると大差ない気がしますが、、、、。
 日本では、白昼事件が起きますが、こちらは暗くなってから
 海外に出れば、自分の身は自分で守るは当たり前
 昼間普通に過ごし、夜は出歩かないようにすれば、あまり
 大げさに騒がなくても問題ないと思いますが、、、、、。

 前にも書きましたが、神話は生きてます。
 セブでは問題起こしません、唯一の安息の地。
 (テロリストにとって)







この記事に

開く コメント(0)

 昨日、納豆の第二弾、水戸の小粒納豆入荷です。
 
イメージ 1


 小さなお子様の離乳食、必要ありませんか?
 
イメージ 2

 他にも、いろいろ入荷してます。
 
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5











イメージ 6
イメージ 7
















 他にも色々入ってます、ご来店お待ちしてます。






この記事に

開く コメント(0)

 エックス1(X−1)の前身は、バツ1 (X1)
 の会でした。
 何年前になるんだろう、あることを切っ掛けに
 私が作りました。
 その在る事とは、、、、、。
 当時のセブ日本人会は、とても敷居の高い会でした。
 日本人会に在籍している2名以上の推薦が無いと
 ダメだとか、面接があるとか、、、、。
 他には、日本人会に入ったら何がいいの?とか、、、、。
 私に関しては、他のエリアは解らなかったですが
 私の住んで居たエリアの日本人会は、ゴルフと飲み会だけ。
 当初、マニラに住んで居た私は、マニラの日本人会が
 分裂するするのを見てきました。
 やはり、転勤族と、在住とは、考え方の違いがあります。
 在住組は、地域との共存であるとか考えます。
 2年から4年で日本に帰国してしまう方とは考え方が
 違うのもしょうがないとは思いますが、、、、。
 私はこちらに住む考えでしたから、日本人会には
 魅力はなかった。
 そして、こんな事があった。
 当時、そんな事から日本人会には入っていなかったが
 地域のロータリークラブに入っていた、その地域には
 確か14−15のロータリーがあり、その中でもマザークラブ
 と称する、地域最大のグループだった。
 活動の中に、三口の子供の手術をオーストラリアのドクター
 が来てしてくれる、但し、薬代はこちら持ち。
 ロータリークラブの代表から、日本人会に協力要請の
 話があった、一口500ペソ、500ペソの寄付で
 一人の子供の三口が治る。
 当然、メンバーは10口位の寄付をしている、私も。
 これは、日本人にとってもいい話。
 すぐにサンスターの(新聞)仲間に話して、日本人会からの
 寄付の受け渡しの写真を載っけて記事にしてくれる
 そんな段取りをして日本人会に話に行った。
 やり取りは書きません、今でも頭にくるから、
 結果は、貴方は日本人会に入っていないので、貴方の話は
 聞く事ができません。
 ゴルフして、飲み食いして、カラオケで自分たちの為だけ
 しか考えて無い連中、嫌気がさしました。(セブの日本人会
 ではありません)
 こんな事もあり、日本人会には入るつもりはなかった。

 話が逸れました、どんな理由にしろ日本人会に入ら無い
 人間がたくさんいる事が分かった。
 一つの要因には、日本人会の活動やミーティングは全て
 セブで行われ、マクタンから行くには大変だった事もある。

 だったら、日本人会に入れ無い、入ら無い人間で会でも
 作るか、、、、。
 そんな事から始まりました、多い時には80名ほどまで
 増えました、名目は、スポーツを通じて日本人の親睦を
 図る。
 会則は一つだけ、人の悪口言わ無い、聞かない、首肯かない。
 会費なしの、参加自由。
 但し、メンバーとして、連絡先、血液のタイプなどは
 告知してもらいました。
 今は、日本人会でも緊急連絡網とか作ってますが、X−1が
 初めに作り上げてましたね。

 毎月1回、スポーツ大会を行いました。
 野球、ソフトボール、バトミントン、ボーリング、射撃、
 ペイント弾、フットサル、などなど。
 そして、年二回だけは、家族も一緒に遊ぼう、、、、。
 ビーチパーティー、スイカ割りや、綱引きや、色々なゲーム
 韓国人と野球の試合もしましたね。負け越してます。
 最近は、アベリアーナ高校の女子ソフトボール部との
 交流試合。

 当時のメンバーは、今、皆忙しく、年二回のビーチパーティー
 だけが行われています。

 最終決定です。
  5月13日 土曜日 バニオビーチ(昔の場所)
            11時ごろから、、、、。
  会費は、家族 1,000ペソ
      個人  500ペソ
      それ以外、メイドさんなどは200ペソ。
 久々にみんなの顔が見たいな〜。
 日本からこの時期に来られる方、飛び入り大歓迎です。
 
 
 

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事