放浪画家←(^−^)ノ 「旅びっとん」の、季節のたより

2019.7.11.12日(?).ハイローオーストリラ、爆勝ち♪ FOMC様々、経済指標はATM(^^; 夢は 海鮮丼生活♪

体外離脱の国

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全12ページ

[10] [11] [12]

[ 前のページ | 次のページ ]

イメージ 1

(@^−^@)ノ 今朝、久しぶりに 体外離脱に成功したので 日記に しちゃいます。

       以前、日記に書いてから 今回で5回 成功していますが、前4回は忘れてしまったので
       忘れないうちに、今日のうちに 書いておこうと 思いました。^^
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<`〜´>ノ  それは、今朝 8時頃のこと、いつものように 寝坊の「びとん」博士・・・・・・・

       ふと、寝がえりを 打つと、<ビッグチャンス>到来(^0^)/
       呼吸が、自動オートモード に、なって おりました。

(;^_^) ふむふむ、体君、よく寝てますね・・・。       ←注(喜んでいます)
       で・・・・体を 、起こさないように そ〜と あおむけ になりました。

(‘‘)ノ  おし、まだ体のやつ、寝てらっしゃるな・・・。     ←(^^;)うきうき
       じゃあ、意識の移し替え スタート^^で、ごぼっと

(^−^)ノ  普通に、起きあがるように 抜けました。       ←(^^)ひさしぶりです。

いつものように、壁を抜け、空に昇ります。うーん、高度30メートル位でしょうか?
空がとっても青い ^^です。 うーん^−^とっても 気持ちよいのです。
思わず、天国 目指して 上昇しちゃいたく なりましたが・・・これは失敗を重ねているので
ぐっと がまん(・ω・)ノ 道沿いに 大阪を 目指そうと 思いました。(知り合いがいるので)

(^−^)  「びとん」は、愛知県に 住んでいますが、まず関ヶ原近く「伊吹山」が上空から
        見えるので、飛んでゆきました。

(‘‘)ノ  wao、いろんな人が いっぱい いる〜!!         ← 珍しいことです。

(><)  げ、飛んでいる人が 一人いる〜!!しかも、上半身だけー(>。<) ←超珍しいことです。

体外離脱中に 飛んでる人に 会ったのは、初めてです。(‘‘)飛んでる人は、体外離脱中だと、
推測していたので、確かめようとしましたが、怖いので、やめました。・・・・・・結局不明
驚いたので、なんと「体脱終了」の危機、到来!!

仕方がありません。(^^)秘術、体脱延長の術を、初めて行使!! ← たいした術ではありませんが・・
成功して、無事 伊吹山の横を通過、滋賀県 米原から 琵琶湖沿いに 南下を開始しました。

(・@・) ここまで すでに15分以上たってる ような気がします。 ←とても長い(・・)です。

「びとん」は、(^^)あいかわらず 上空20メートルを 飛びながら うきうきして 南へ・・・
しばらくすると 「沖の島」が見えました。そして「琵琶湖大橋」が・・・・・・

(@^0^@)/ わお〜!! こんなの、はじめて〜!! 
         
連続体脱時間 新記録です。すでに30分以上は経過しています。   ←「びとん」的 ^^大記録!!
山科 あたりから、山に入りますが・・・下に降りて 二人の少年と 話をしました。
すると、またまた「体脱終了」の危機が・・・・・(><) 今回二回目の秘術行使・・・したら、
。また^−^成功。

(^@^)今回は ホントにすごい!!延長2回も 成功しましたぁー!!

(‘‘)ノ かれらと、いっぱい話をしましたが、内容は 忘れてしまいました。
      そして 京都盆地、田んぼの真ん中で 空中で休憩していたら、・・・・・・

(TーT) 大阪てまえで、今回の体外離脱、終了となりました。・・・・・ううう残念!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(@^−^@)ノ いやあ、今回は すごかったなあ。 こんなに長時間(1時間弱)連続して
         体脱したのは 初めてでした。 とっても 楽しかったのです。
         また、行こうと 思いました。 

(^◇^)皆様も、体外離脱   して みては いかがですか?   たのしいですよ〜!!
    
     それでは、失礼します。 またお会い いたし ましょうね。


                 written by 「びとん」(@^−^@)博士 ←実践 超常現象研究家、
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    解説;(@^−^@)「びとん」的 用語説明 いたします。

体外離脱: 略して体脱、心?が 体から 抜けだして 遊びに行くこと。

体脱中の飛行高度: なかなか、高度が 稼げないのが 普通です。

体脱延長の秘術: じっとして 固まってる だけです。 焦って動くと、延長に失敗します。
          掌を見る、という人もいます。

体脱時間: ふつうは 数分です。連続20時間できたという人もいます。
      今回「びとん」は一時間弱に、成功しました。初めての経験です。

意識の移し替え: 体が 寝てるときに 自分の上 20センチ位 に、
         心?が 浮き上がるよう 意識すること。 いっぱいある体脱法の ひとつです。

呼吸オートモード: 呼吸が意思に 影響されず かってに やってること。  自分の寝息が 聞こえます。               体が 寝てるか確認する 判断基準の ひとつ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「びとん」(@^−^@)博士略歴

中学校の時、はじめて ねてたら、体脱する。 (><)大汗かいて びびる。
20代、ときどき、寝てたら 体脱する。   (^^)だんだん 慣れてきました。
2007年、 初めて 意識して 体脱に成功する。(^@^)練習始めて 三か月でした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト(@^−^@)のご紹介

「nachu」さんのサイトhttp://www.geocities.jp/nachudream/
「楽しい体外離脱」http://web.kyoto-inet.or.jp/people/arisu/tanotai00.htm
「体外離脱訓練日誌」http://www003.upp.so-net.ne.jp/OOBE_DIARY/
「幽体離脱入門」http://www.tetramorph.to/oobe/panf/index.html
「幽体離脱体験日記」http://www.geocities.jp/yoshiyuki2727/page002.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(・ω・)ノ ご参考までに、↓ 一度は読んで おかれた方が 良いと思われます。

「体外離脱の危険性」http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SUNA_jaJP222JP222&q=%e4%bd%93%e5%a4%96%e9%9b%a2%e8%84%b1%e3%81%ae%e5%8d%b1%e9%99%ba%e6%80%a7
「幽体離脱の危険性」http://www.google.co.jp/search?sourceid=navclient&hl=ja&ie=UTF-8&rlz=1T4SUNA_jaJP222JP222&q=%e5%b9%bd%e4%bd%93%e9%9b%a2%e8%84%b1%e3%81%ae%e5%8d%b1%e9%99%ba%e6%80%a7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


現在、体外離脱の解釈は、(@^−^@)夢・幻覚派と、幽体離脱派の、およそ二組に分かれています。


「びとん」は、結論をいそがず、  また、 議論を好んで 人と争わず、
遠く離れて  静かに「体外離脱」を  楽しむことを お勧めします。(^^)

       

(@^−^@)ノ  ついこないだ、朝方、連続2回 また体外離脱に成功しました。
         で、日記をかきたいのだけれど、内容を忘れてしまいました。   ノ__)ノどて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^。^)y-.。o○  なので、今夜は 最近の体脱における「びとん」の研究を 書いてみます。

 1 「トランス」について: 

(‘‘)/ 「びとん」が、トランスと呼んでいるものは、体脱する時の 前兆現象のことです。
      ずばり「細かい振動現象」のことを、そう呼んでいるのですが・・・・
      
ちょうど、足がしびれた感じ・・・ぶ〜ん という あの感じが全身にあります。寝てて、突然起きて(眼は閉じてる)
この感じが 全身にあるときは、簡単に「体外離脱」できることを、「びとん」は、なんども経験しています。
      
これを、(・・)「びとん」は「他力体外離脱」と、かってに呼んでいますが とにかく、偶然にしかできません。  
この、トランス状態は、不思議なことに、 目を開けると、「びとん」の場合は すぐ終了します。
 で、なんとか 意識して(自力で)このトランス状態が、つくりだせないか?というのが、最近のテーマでした。

2  「自力トランス製造法」について:

(‘‘)ノ 経験から、トランス状態は 体に寝ていて頂かないと できないことは、わかってました。

      座禅くんで、禅定に入り、第4禅定(仏教用語)まで至るのが 理想的ですが
      座法と呼吸法に熟達していないと、到底無理だと想像できたので・・・・・・・・
      この、プロセスは とりあえず 捨てました。・・・・・・・(TTーTT)涙

 座法: 結跏趺坐が理想的です。定に入ると最も体が固定するため だと(^−^)思っています。
呼吸法: とりあえず長息法が必要だと(@^−^@)思っています。(腹式呼吸で、回数を少なく息を長くすること)・・・・・・興味ある方は、仏典に「息念経」が(@^−^@)ございますから どうぞ


3   わりと簡単?「自力トランス製造法」について:

(‘‘)/ で、とりあえず 眠むっちゃえと・・・で、「明晰夢」状態から移行してトランスを作り出すことにしました。

明晰夢を見ていると、きずいたら(@^−^@)目を開けない限り 経験上 体が寝てて頭が起きている状態だと
かってに、思っているので・・・・・ラッキー!!(@^−^@)で、「自力トランス製造」に、チャレンジしました。

まず 体を起こさ ないように 注意しながら、そ〜と 体の状態を観察します。
(当然「明晰夢」はすぐ終了して視界は真っ暗です。)
(あおむけ)^^/で動けないので、だんだん体が しびれてきます。(@^−^@)しめしめ・・・・
で、さらに心をリラックス、寝おち(眠って気絶すること)するかしないか?のところで、心をキープします。

すると、(‘@‘)/全身にしびれが ゆきわたり、なんと顔も、しびれてきました。・・・しめしめしめ^^
あらまあ、なんと、トランスの状態に 似ているではありませんか・・・(>。<)/
も・もしかして 「自力トランス製造」に 成功かあ?!(@^−^@)/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(@^−^@)とまあ、最近はこんなことを、「びとん」は、寝ながら研究していました。
で、そのあと、体脱法をやってみたら 一回成功しました。・・・・・・<`〜´>

(@^−^@)で、現在は その検証を、毎晩くりかえしています。疲れてると「寝おち」しますけどね。
      
では いずれまた、(‘@‘/ 何かあったら報告します。

・・・・・・・・・・・・・・それでは、皆様、この辺で おやすみなさいませ。(。__)zzzzZZZ


       
        

イメージ 1

         (><)「体外離脱日記」つけます。  ぎゃ〜こわいど〜!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
         (^−^)怖くなってしまった方は、する〜してくださいね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 今夜は(@^−^@)久しぶりに成功した つい最近の体外離脱について 書いてみます。

つい一週間くらい前の朝のことです。(@^−^@)よふかしの「びとん」は、いつものように朝寝坊。
すると、朝7時ころだったでしょうか、「明晰夢」を、見ていました。
明晰夢;とは、これは夢だとわかっている夢のことです。すぐ中断して起きることもできます。

(^−^)体外離脱になれてしまっている「びとん」は、いつものように これはチャンス^^だと思って
   体外離脱にチャレンジ開始しました。ハッキリいってもう、^^;くせに、なっているのですが。

まず、自分の10センチ位上のあたりに、意識の移し替えを します。 というか、しようとします。@−@
すると、「明晰夢」は自動的に終了して、で(@^−^@)うまくいって、ごぼっと体から抜けました。

(^−^)わああい!!ねけたあ。やったやった〜!!と、よろこんでいました。←注(なれると喜ぶようになります)

 でも、視力が働きません。これは、たまにあることで、(‘‘)無理にあせって、目を開けようとすると
 肉体の目があいてしまって、起きちゃいますので、注意が必要です。

(@^−^@)まあ、以前あせって、失敗した「びとん」は、もう、なれちゃってますから、真っ暗な中
両手で、何かにつかまって[壁みたいなもの?]←注(はっきりした触覚があります)
視界が開くのを待ちました。 待つこと30秒くらい?で、視界が明るくなりました。

(@^−^@)うひゃ、やったべ、きれいに見える。   場所はとても高いところの建物でした。
       青い空、よっし、今日こそは天国をみにいくど〜!!意識しますと、ぐんぐん登ってゆきます。

(‘‘)でも失敗、たどりつけません。・・・・・・・(TT)以前、地獄を見に行こうとして
地下をもぐっていきましたが、失敗してるし・・・くやしいなあ。 
いつになったら、観察日記がかけるのだろうか・・・・・。レポート(‘‘)書きたいんだけどなあ。

(@^−^@)で、しょうがないので、他のことして遊んでから、体に自動的に戻ってしまいました。
       他のこと;秘密です。極秘研究ですから。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
体外離脱中は、なかなか飛行高度が かせげません。「びとん」は、以前 電線反動法 使っていました。今は、(^−^)使わないけどね。

                  (@^−^@)おしまい
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(^。^)y-.。o○ 「びとん」の体外離脱は、金縛り経由では ないので、へっちゃらです。
        体外離脱と金縛りは まったく無関係だと、思っていた くらいですから。

(・・)ノ ちなみに「びとん」の体験する 金縛りには、二種類あります。
      ひとつは、目を除いて 体がでんでん うごかない現象。  
      もう一つは、うえから、ぐわ〜と 重いものが 覆いかぶさって くる現象 です。
      さんざん経験したので、もうたいして 怖くありません。

(@^−^@)またかと、思うだけですね。

(@^−^@) 皆様、こんばんは!!今夜は、いよいよ「びとん」の不思議物語のメイン、

        「自力体外離脱」レベル3について、お話します。つまり、体抜けて遊びに行くお話です。



(><)    こわいですねー!!恐怖ですねー!!・・・・・
        そう思われたかた は、読むのやめて、素通りしましょう(^−^)/

   (あの、オーラのいずみの 江原様も、幽体離脱は非常に危険だと言われている位ですから。)














(^−^) まずは、現在の 「体外離脱」経験者における 体外離脱現象の解釈について書いてみます。


(‘‘)/ およそ、三通りの人がいます。まず大前提として、「体外離脱」経験者の発言と、お考えください。


 NO,1    ただの夢 または、明晰夢の一種だと考えている人

 NO,2    たしかに、この現象は存在し、決して夢ではないと 考えている人

 NO,3    幽体離脱と体外離脱は別物だと考えるか、体脱は2種類あると大別するか、
      体脱と幽体離脱はどちらかが、片方を含んでいて、片方を前段階と考えている人



さて・・・(@^−^@)ここで、いろいろ議論すると、疲れるので・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・議論に巻き込まれそうなお話は書きません。



(〜・ω・〜) 「びとん博士」は、ズバリ!! 実践「自力体脱法」 レベル3 を、書きます。
つまり、体抜けだして・・・お空、飛んじゃおう^−^/で、ございます。



  レベル1 :(^−^)夢の中で、空を飛ぶ。かんたんですね!!

  レベル2 :(^−^)体脱ができる前の不思議な現象、トランスと「びとん」は呼んでますが、
             それに 似た独特の振動、を体験する。
             寝てるとき、寝がえりをうちますよね!!
        その寝がえり打つ前に、体のしびれを感じて体感してください。
        注意点は心をとても静かに保って、覚醒しすぎないことです。
        この感覚がトランスに、ちょっと似ています。寝がえり打ってしまうと、きえてしますから。
         しびれている範囲、広がっていきませんか?
         
実は、寝がえりを打ってもいいのですが・・注意してやらないと、覚醒しすぎて すぐ消えてしまいます。




さて、今夜の本題(@^−^@)いよいよ「体脱」の前段階を、体験する方法を、書いてみます。ズバリ、


           レベル3 : 「明晰夢からの自力体外離脱」で、ございます。


(@^−^@) これは、わりと、簡単に出来ちゃうかもしれません。 (^^)どきどきしますね。


用語解説、「明晰夢」:眠って夢を見ている時、これは夢だという自覚がある状態の夢のことで、
           いつでも、起きれるけれど、もう少し夢みていたいなあーおもしろそうだし、
           で、まぶた開けないで見ている夢のこと。

(‘−^)/   つまり、あ、これ夢だと、わかってる夢です。


(・ω・)/   実は、この状態の時、体外離脱、もしくは「擬似体外離脱」が、わりと、簡単にできます。 
        やって、みてください!!ぶわっと、体から抜ける感覚は、まさに「体外離脱」!!そのものです。
        この現象をもって、「体外離脱」は明晰夢の一種だと 言う人が みえるくらいですから。

(@^−^@)  ポイントは、夢見てるとき、はたして体脱のことを、思い出すかどうかですが・・・^^;
         体脱には、モチベーションがとても大切です。理由は上記のとおりでございます。^^
         







(ーωー)  では、今夜の不思議物語は、ここまでで、おしまいです。
  


(。___)zzzzzZZZZ    皆様、どちら様も おやすみなさいませ!!


                                         
         

(@^−^@)ノ 皆様、突然ですけど、お空 飛びたく ありませんか・・・・・・?

(・ω・) 以前の記事 「カモメのジョナサン」part1 の続きです。体から抜け出して遊びにいこー!!の巻

(;^_^) こわい かも・・・・・・


            お題 「カモメのジョナサン」part2

   人間には、ときに 不思議な能力を持つ人がいます。「びとん」も、少しですけど、目撃者であり

   体験者でもあります。今日お話しするのは、ズバリ「体外離脱」のお話です。昔で言うとこの

   「幽体離脱」ですね。・・・・・・(・ω・)つまり、体から抜け出して、空飛んじゃえぇえーという 

   お話を 書こうと思います。てか、よく、「びとん」は、体から抜け出して遊びに行くけどね。

  

            「体から抜け出すステップ」

   簡単にいえば、寝て起きる一歩手前の出眠時、絶好のチャンスがやってきます。「びとん」的に言えば、

   まだ時間あるから、起きるのやめて、体脱(体外離脱)します。空に登って、ゆっくりプカプカしてます。

   気持ちがいいんです。(^−^)これ。 では、どうやって抜け出すかですが・・・・


ステップ1: 独特の感じがする 軽いしびれと 硬直を伴う「トランス」が、おとずれます。
       軽い金縛りと 呼ぶ方もみえますが、トランスのほうが ぴったり来ます。

ステップ2: 体の一部(手か足)が、肉体から 意識すると抜けます。(肉体そのまま)

ステップ3: 手が抜けた場合は、何かを掴んで 体を肉体から 引っこ抜きます。(懸垂するみたいに)

       足が上に抜けた時は 腹筋を固定し 足をひょいと 下ろします。すると、ずぼっと
       上半身が抜けます。

       めんどくさい時は 寝がえり打つ要領で ごろん と 体を肉体から抜きます。@@;
       これは、ローリング法と 呼ばれているそうです。

ステップ4: 肉体から 全部抜け出したら、視力があるときは、そのまま空へ壁抜けして飛んできます。

       視力がない時は、肉体の感覚が消えるまで、目を開けては いけません。肉体の目があいて
       起きてしまいます。だから、まず 視力が回復するまで、肉体から手探りでもいいから
     
       はなれて、まちましょう。

ステップ5: 視力もあり、体も軽い場合は、(@^−^@)空をとんで、プカプカ します。

ステップ6: 心ゆくまで 幸せに ひたります。(@^−^@)

ステップ7: 肉体に帰って、・・・・「マイナー天気予報」のブログ記事 書きます。(@^−^@)




(;^_^)・・・・・汗たらー



               「体外離脱法」 


(・ー・)  練習法、書けますけど・・・・長くなるし 怖いかもしれませんから・・・・

(@^−^@) 今夜は、ここまでとします。 続きは「カモメのジョナサン」part3で、またいつかね。 


             ・・・・・・・・・長々と、よんで頂き ありがとうございました。^^

全12ページ

[10] [11] [12]

[ 前のページ | 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事