放浪画家←(^−^)ノ 「旅びっとん」の、季節のたより

2019.7.11.12日(?).ハイローオーストリラ、爆勝ち♪ FOMC様々、経済指標はATM(^^; 夢は 海鮮丼生活♪

体外離脱の国

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

イメージ 1

(^◇^)/ さて、今夜は いよいよ びとん的「体外離脱」の 核心に近づいて 行きたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

          (V)o¥o(V) 自力体外離脱の 「びとん」的プロセス について


  act1: とりあえず(@^−^@)いっぱい寝る・・・・・

  act2: ふと、・・・気がつく。

  act3: 体を 覚醒させない ように、そーと (‘‘)あおむけ になる。

  act4: 寝落ち しない程度に、意識を薄く保ち 体には 寝ていただく。 ^^;汗

  act5:  寝息を確認する。     (@^−^@)気絶したら だ・め・よ!!

  act6:  「体脱法」を、試みる。

  act7: 体が硬直し またトランス(硬直を伴う振動)が 起こったりします。

  act8: 体脱して(@^▽^@)/ 遊びに行く。

  act9:   体脱が あ〜〜〜終了する〜!!とかいう 予感が起こる。

act10:  「体脱延長の秘術」を 行使するが  失敗した場合  あっという間に終了。^^;汗

  act11: 体を動かす前に 記憶を、確かにして、 忘れないように  すぐ( 。。)φメモ する。


(^◇^)ま、こんな感じで 「寝がえりからの体外離脱」は、おおむね推移 致します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「明晰夢からの体外離脱」 の場合は、  明晰夢を 見ている時に 「体脱法」をこころみて 
 明晰夢が終了して 真っ暗な視界の中 体脱します。 で、すぐか、じきに 視界が開けます。^@^汗

 「金縛りからの体外離脱」の場合は、 金縛ってるのも 不快なので、体脱して 遊びに行きます。^▽^汗
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


          トランスの(・ω・)「びとん」的 解釈について


「びとん」は、「トランスの正体」を  拡大して 認識感知される 「体のしびれ」 だと 現在は解釈しています。

 (*_*)  皆様は、寝ている時 ちょっとした もの音でも でっかく聞こえて 
     ビックリして 起きて しまった こと ありませんか?

(V)o¥o(V) 寝がえりを うつ瞬間は、ノンレム睡眠から レム睡眠に 移行した 直後 or 直前
       なのかな? と 「びとん」は、 思っているので

      およそ45分?の連続姿勢で  まるで足が しびれるように 
      体全体が 軽くしびれている と勝手に「びとん」は (^^)思っているのです。

      この 二つの ことから、まるで 「振動」のように 

      「錯覚して 拡大感知された しびれ が トランスの正体」

      だと「びとん」は (・ω・)睨んでいる ので ございます。

このことに ついては、たた異論があると (@^−^@)思いますので、 これを 結論とは しませんが
異論 ございます かたは、コメントを いただけますと  「びとん」は、ありがたく存じます。

(^^) どうぞ、ぜひ お手柔らかに お願い いたしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

    さて、今夜は、この辺で ギブアップ・・・・・・(*_*) DESU.

    どちらさまも (ノ___)ノ おやすみ なさいませ〜で、  ぐーすーぴー

   

イメージ 1

さて、このシリーズ (@^−^@)ノ「びとん」は 冷静に 客観性を重視して 
なるべく書くように 努めてきた つもりですが・・・・・・・・・・
今夜は、 ちょっとずれて(‘‘)番外編を、少し書いて みたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

\(◎o◎)/! お題:「科学では、まだ証明されて いないこと」

        伝え聞くことを、書いても しょうがないので・・・・
        ずばり(^@^)「びとん」的 実体験から 書いてみます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(^◇^)ノ♪♫ ・・・・はいはいはいはい それは。「金粉銀粉の出現現象」(^_-)-☆です。

             すごいですね〜!!おどろきですね〜!!とか自分で、言っちゃいますが

 <`〜´> いわゆる、「物質の出現現象」の一つ・・ですね。

   こんなこと言うと、土の中に キラキラしてる 黄銅鋼のかけら とか
   石英 とか ガラスの摩耗した破片とかじゃないの?  と、(@_@)言われそうですが・・・・

   そういう 数粒のレベル ではなくて、 ふとふりかえると 
   ふきの葉の上に どかっと てんこもりで それはありました。

   あまりの量に これは 床の間の土壁に塗ってある きらきら してるものを
   誰かが いたずらで、 置いたのかな?と思って

   あろうことか、(‘‘)その時は 捨てちゃいました。

   でも、それを実行しちゃう 時間も場所も気配も なかった はずなので ございます。
   だって、はじめは なかったのだから。 (V)o¥o(V) 

   数歩、歩いて振り返ったら、出現していたのです。 人数も 二人しか いなかったし・・・・・
   「びとん」が 最後尾だし 窓からしか 出入り できないほど の場所ですし。

   今思えば、捨てちゃって ホントにおしいこと(@^−^@「 しちゃいました。
   もっていれば、ここで写真に 公開でき ましたのに・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここまでで おわりでは ありません。(@^▽^@)なんと まだ 続いたのです。

そのあと、今度は 「びとん」自信の 体の上に 金プン銀プンが 出現し キラキラ光始めました。

きらきら 「こりん星」から やってきた (☆・☆)「びとん」の、できあがりでした。

このことは、一緒に掃除を していた人も 見ているので \(◎o◎)/! 完全に事実です。
服に着いた それを、手で払って もらいましたから・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、その時の「結論」は、ズバリ(^◇^)/ 「あの世からの干渉は 存在する」でした。

今の結論は、とりあえず  (^。^)y-.。o○ 「金粉銀粉の出現現象は、確かに存在する」 に なりましたが・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まあ、世の中には まだ 不思議なことが (@^0^@)ございますよ!! って、ことで、

今夜は、おしまいです。 どちらさまも (ノ__)zzzZZZ ご機嫌よう〜 おやすみなさ〜いで、ございます。












おことわり: (*_*) 物質の出現現象があるから、素晴らしいとか、清いとか、正しいとか、
           すぐれているとか、言うつもりの 記事では ございません。

     (^◇^)ノ 身・口・意 の 三行が、幸いに また 安寧に、向かうもので あるなら
            その行は さち深く また、浄行である と、「びとん」は、思っています。

    n(_ _)n なにとぞ、そこのところ 誤解のなきよう よろしくお願いします。


          
 

イメージ 1

今夜は、(@^−^@)ノ お待ちかね? 「自力体外離脱法」 に、ついて書きたいと 思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「びとん」的 ( ..)φ 「自力体外離脱」の種類は・・・・三種類です。


パターン1:「寝がえりからの体外離脱」(*^_^*)寝てて、寝がえり打った時に、体脱法を試みて 体脱します。

パターン2:「明晰夢からの体外離脱」 <`〜´>明晰夢を見ている時に、体脱法を試みて 体脱します。

パターン3:「金縛りからの体外離脱」 (*_*) 寝てて、金縛りになった時に 体脱法を試みて 体脱します。


(@^−^@)ノ 回数の多い順に 1・2・3です。 パターン3 は、 たった 1回です。
         理由は 「自力金縛り」に、成功したことが ないからです。
        「びとん」は、ほとんど 金縛りに 会いませんから 絶対数が 少なすぎる という事ですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


さて、次に(V)o¥o(V)・・・いきなり重要な 「興味深い説」を、 ズバリ紹介します。


(^_-)-☆ 「 夢と 明晰夢と 体外離脱は、基本的に同じ 幻覚現象で その違いは 明晰度(リアル感)にある。」


(‘0‘/  おおおおおおおお、なんと、「斬新な説」 なので ございましょう!!

(^−^/  思わず 頷いてしまう 体脱経験者も いると思われます。

 <`〜´>  でも、また 体脱時の あまりの リアルさに、 「体脱は、幽体離脱そのもの」と、
      異論を、お餅の方・・・(・・)もとい!! お持ちの方も おいでで ございましょう。


まあ、ひとまず 意見の相違については (^。^)y-.。o○おいときまして・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

        「びとん」(*^_^*)の いくつかの経験を、 報告しますね。


「体外離脱時の証拠探し」(@^−^@)ノ について・・・・・・。


(^◇^)体脱を 何度か経験すると、 (幽体離脱の) 証拠探しを 始めると思います。
     
 幽体離脱ってホントに できるんよ!!って、人に言っても なかなか 信じて もらえないし
 また証明できないので とりあえず 自分に証明しようと いろいろな ことを するわけです。

 (1) たとえば、 寝る前に トランプの札を 高い位置に 表向きで 見ずに置いといて
     体脱して 見に行くとか・・・・・・・・・

 (2) 体脱して 知らない場所に行って 何か憶えてきて 起きてから実際に見に行くとか・・・

 (3) 「びとん」の場合は 体脱して カレンダーの 日付と曜日を 覚えてきて
     起きてから 確認していました。

もし、体脱した本人が 証拠探しに 完全に成功した場合、幽体離脱に 成功したことを、
人に証明することは 難しくても  少なくとも(@^−^@)自分には 証明できるわけです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


しかし 残念ながら 「びとん」(-_-)/~~~ ことごとく 証拠探しに失敗・・・・・しました。

 「びとん」は(‘‘)よく 体脱シテ カレンダーを 見に行ったのですが・・・・ 
  詳しく見ようとすると  なぜか、文字や数字が・・・流れてゆきます。 よく見えませんでした。


\(◎o◎)/! このことを、どう解釈したか というと・・・

      「体脱能力が低い」・・・・・・・・・・・・・・・とか
      「明晰度の低い体脱だった」・・・・・・・・・・・とか
      「夢の特徴に似ているから 体脱=夢」・・・・・・とか

      「幽体離脱しているが、認識能力(視覚能力)が まだ未熟」・・とか
      
      「体脱して行く世界は、現実世界ではなく 
       この世に 非常に よく似た
       幽界・幽現界・夢界・とか言う 異世界」・・・・とか

どの解釈も 一応可能(;・_・)なので、いままで 
「びとん」は、「結論持ち越し派」に 属していた わけで ございます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

話がふかく 興味深く なってきた・・・・(^−^)ですね。

  でも 突然ですが、今夜は(@^−^@)「おやすみ なさいませ」・・・・・・・・・・\(◎o◎)/!え!!

       (ノ__)zzzZZZZ ギブアップの お時間 無情にも やって まいりました。

             \(◎o◎)/! お許し くださいませね。 では また明日・・・ぐ〜ぐ〜すぴ〜〜〜










あれ(‘‘)! まだ、肝心の 「自力体脱法」 かいてないけど〜!!

      

イメージ 1

(*^_^*) え〜part1の続きです。・・・・一晩お休み (::)してしまい ましたが・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 前回は 盛り下がった ところで終わり、ましたが、  
 どうかまた お付き合いを<`〜´>お願いいたします。


盛り上がり第1段:(@^−^@)↓

  それから月日は流れ、すっかり、体外離脱も 起こらなくなって 幾十年・・・・
 「びとん」も、お年寄りに(*_*)なりました。    で(‘‘)・・・・・・あるひ

  100均で、ルービックキューブを、見つけます。・・・(^@^)汗
  小学生の時、一面も そろえる ことの できなかった「びとん」・・・・
  
  <`〜´>悔しさで いっぱいだったのを 思い出して 挑戦を開始しました。
      
  (@^0^@)で、なんと 一日3時間、三か月で、6面くり屋―(^0^)/
         オリジナルと盗作の解法・・「びとん」オリジナルを 作り上げました。

  す・すごいでしょ?!  (*^_^*)で、ここから、過剰な自信 が、爆発してゆくのですが・・・・


盛り上がり第2段: (@^−^@)↓

  そのころ 「びとん」は、ひどい手湿疹に 苦しんでいました。(TT)
  手は 赤切れ 見たく ひびわれて 血だらけ・・・・・

    (^。^)y-.。o○おっし!!今度の研究テーマは、「手湿疹」だ〜!! ^@^)←研究者肌

  これも、(^。^)y-.。o○いっちょ、三か月で 直しちゃおう・・・・と^^;汗 たくらんだ「びとん」
  <`〜´>あまりにも 自信過剰になっていますから 真面目に 挑戦を開始しました。

      ネットで さまざまな 直し方を 研究した結果・・・・・・・

  (*^_^*) 必殺「びとん」オリジナル!!を、開発し (一部盗作Dすが・・・)
       大変な廉価で、なんと、目的を^^ 達成しました。

       三か月たつ頃には あのぼろぼろだった手が あきらかに きれいになりました。
       いつか詳しく、手湿疹について解説しますが・・・

  (@^−^@)三か月を 三回繰り返す頃には もうすっかり 治っていました。
         きれいになった手 ホントにうれしくて 見せびらかしていた ほどです。


盛り上がり第3段:  (@^−^@)↓

  三か月で 結果をだしつづけた「びとん」・・・ここからは もう(@0@/ ウルトラマンです。デュワ!!

  次の研究テーマを 考えていた「びとん」は、ついに 自力体外離脱 に、挑戦を 開始しました。

  そそそして・・・( ^^) _旦~~ なんと練習開始して、
  またまた 3か月で 自力体脱に 成功したのでございます。\(◎o◎)/!

(V)o¥o(V)←「びとん」博士、その研究魂に 3か月病が 合体して もう手が 付けられません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  もも・も(@−@)もり あがったとこ すいませんが 

   (^◇^)/・・・きょうは、ここまで、で、ギブアップ!!です。

           つづきは、次回また書きます。    

  どちらさまも、(、・¥」:」@「‘‘)^おやすみなさいませ〜    ぐーぐー

イメージ 1

(@^−^@)ノ 今夜は、久しぶりに 睡眠時における 体外離脱現象について 書いてみます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

体外離脱(‘‘)経験者による 体外離脱の解釈は、表現こそ違いますが およそ 三種類 だと思います。

 (*^_^*) 1: 体外離脱現象は 確かに存在し まさしく幽体離脱である。
 <`〜´> 2: 体外離脱現象は存在するが、それは幽体離脱ではなく 特殊な夢or幻覚現象である。
 (^◇^)3: 体外離脱現象には、種類があって 幽体離脱と 特殊な夢の 2種類がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

では、「びとん」(^@^)博士は と言うと・・・いままでは(‘‘)「結論持ち越し派」でしたが、
自分の体験から 検証しました結果、現在は 少し変わってきました。

(V)o¥o(V) もったいぶる のも何なので、ずばっと言いますと・・・・・・・・

(@^0^@)ノ 「体外離脱は、幽体離脱の入り口である。」です。 解釈3に^^;近いですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

( ^_^)φメモメモ   「びとん」博士における「体脱の変遷」について

    初体験:  中学の頃、夜ねてたら、足を持ち上げられた。
           頭だけくっついてて 体が斜め45度にもちあげられ 死ぬかと思って びびった。

それから数年間:  たまーに、からだの 一部が体から 抜けた。
            だいぶ慣れてきて 面白がっていた。これが幽体離脱かあと、思っていました。

    その後:  ある晩、寝てて気がつくと 全身が 体から抜けていた。 またびびった。
           でも、何回か続くと、なれてきました。^@^ 

    ほんで:  (‘‘)で、頻繁に起こる 一部分抜けから、なんとか全身引っこ抜きに
                 興味と、努力が うつってゆきました。

   20代始め:  初めて、一部分抜け からの 全身引っこ抜き に成功する。
           (@^−^@)感動でした。そして思ったこと・・・それは、

           「魂って やっぱしあるんだぁ。  もう死ぬことも 怖くなくなっちゃったぁ〜!!」

           (^^)まあ、一部 誇張気味ですが、痛いのは嫌だし・・・

 20代中ごろ:    肉体からの全身抜け(‘‘)は、上手になりましたが・・・・
            抜けだした体が、とても重くて 不自由でした。

            飛ぶには 飛べるのですが・・・・(*_*)ちょっとしんどい、えらい、つかれる。
            そんな体験が 続きました。  
            飛び方も うまくはなくて、平泳ぎ だったので ございます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
それから、(;^_^)幾年月がすぎ・・・体脱現象も 金縛りも 起こらなく なってゆきました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  それでは、^^;汗 盛り下がったとこ すみませんが 

  今夜は この辺で(n_ _)・・・また明日、続きを 書きます。
                
                どちらさまも (、、。。‘‘^^)ノ  おやすみなさいませ。  ぐーぐー 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事