全体表示

[ リスト ]

今回の寄港地は、国内が2つと海外は韓国とロシア。
韓国は、旅行の場合は30日ノービザ滞在が可能ですが、ロシアはそうではなく「ビザ」入国許可が必要です。


ビザの取得方法

本来、ビザは日本国内のロシア大使館へ出向き、書類を作成したり、
聞くところによると、ロシアの場合はロシアの方からの招待状を持って大使館に行かなくてはならない等の規制があるようでした。

なんか複雑でしたので、取り扱い会社のJTBさんへビザの代行取得をお願いしたら、やっていないということでしたので、船のオプショナルツアーをつけて、ビザ免除で入国することになりました。

船ごとに、下船地のオプショナルツアーが設定されるんですね。
それに申し込めば(もちろんツアー代金が掛かります)、ビザが免除らしいです。

そのツアー案内パンフレットの作成が遅れているのでお知らせできないと
昨日連絡がありました。 JTBさん曰く、オプショナルツアーの冊子ができてから申し込んでも、ビザは十分に間に合うという説明がありましたので、さほど心配はしていません。


その他の寄港地

日本でも、舞鶴、金沢に寄港し、およそ半日の時間が与えられます。
イロイロ観光したいのもヤマヤマなのですが、ここはせっかく船に乗っているのだからと、船の中で過ごす計画で行きそうです。 毎日配布される船内新聞をまだ見たことが無いので、何が行われるかわかりませんが、日中は楽しそうなコンテンツがありそうです。

また、他の乗客の方が下船後は船内も閑散として、好きなレストランをイロイロ食べつくせるのではないかという
安易な考えでおります。

下船するのは海外の3つの寄港地に抑えて、あとは港周辺のみを散策しようと思っています。


閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事