過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

今回の寄港地は、国内が2つと海外は韓国とロシア。
韓国は、旅行の場合は30日ノービザ滞在が可能ですが、ロシアはそうではなく「ビザ」入国許可が必要です。


ビザの取得方法

本来、ビザは日本国内のロシア大使館へ出向き、書類を作成したり、
聞くところによると、ロシアの場合はロシアの方からの招待状を持って大使館に行かなくてはならない等の規制があるようでした。

なんか複雑でしたので、取り扱い会社のJTBさんへビザの代行取得をお願いしたら、やっていないということでしたので、船のオプショナルツアーをつけて、ビザ免除で入国することになりました。

船ごとに、下船地のオプショナルツアーが設定されるんですね。
それに申し込めば(もちろんツアー代金が掛かります)、ビザが免除らしいです。

そのツアー案内パンフレットの作成が遅れているのでお知らせできないと
昨日連絡がありました。 JTBさん曰く、オプショナルツアーの冊子ができてから申し込んでも、ビザは十分に間に合うという説明がありましたので、さほど心配はしていません。


その他の寄港地

日本でも、舞鶴、金沢に寄港し、およそ半日の時間が与えられます。
イロイロ観光したいのもヤマヤマなのですが、ここはせっかく船に乗っているのだからと、船の中で過ごす計画で行きそうです。 毎日配布される船内新聞をまだ見たことが無いので、何が行われるかわかりませんが、日中は楽しそうなコンテンツがありそうです。

また、他の乗客の方が下船後は船内も閑散として、好きなレストランをイロイロ食べつくせるのではないかという
安易な考えでおります。

下船するのは海外の3つの寄港地に抑えて、あとは港周辺のみを散策しようと思っています。


開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんにちは

 コスタクルーズというイタリアの会社の船で、「ネオロマンチカ」という船が、
今年初めて(?)日本に来るというので予約をしました。

イメージ 1 大型客船っていうものには縁遠いと思っていましたが、ひょんなことがきっかけで、ひょいひょいと予約することになったのです。 主人と珍しく旅行の目的も一致しましたので即決でした。

 とはいえ、どこに連絡したらよいかもよくわからないし、
どこの会社を通したら安いのか、自分で手配した方が安いのか全く分からず
豪華客船を記事にしているブロガーさんなどのお力を借りて、結局JTBさんに予約をお願いしました。

コスタクルーズのホームページを見る限り、自己予約はできないみたいです。

 ネットで取り扱いのある会社にも連絡をして、ご親切な回答を頂きましたが、なんせ、初めてのクルーズで質問なども多くて、対面でお伺いできるところにしました。(画像をクリックするとPDF

 そんなこんなやっているうちに、早割の期間(設定が何段階かあり、現在は早割3のようです)が過ぎてしまったのは残念です。 また、のんきにしている間に、希望の部屋が現時点でキャンセル待ちです。

 お得な2か国経由

今回のクルーズは、博多〜舞鶴〜金沢〜終日航海〜ウラジオストク(ロシア)〜束草(韓国)〜釜山(韓国)といった、2か国を周遊するツアーです。 日本海付近を周遊するツアーは、台湾は多いのですが、ロシアに寄港するのは珍しく、とても楽しみです。

 部屋の種類が多すぎた

 部屋の種類が13種類ありました。スイート、グランド、プレミアム・・と、いったいどれが一番素敵なお部屋なのか文字だけでは判断できませんでした。

(内側)海が見えないお部屋で、更に細かく「クラシック、プレミアム」となっているようです。勿論プレミアムの方が上級になります。

(海側)お部屋から海が見えます。とはいえ、窓があるのみで外には出られません。こちらも「クラシック、プレミアム」があります。

(バルコニー)
お部屋の窓を開けたいなら、バルコニータイプです。つまり、外に出る事ができ、「バルコニー」がある船室のみが喫煙が可能なお部屋です。「クラシック、プレミアム、デラックス」と3階級になっていました。

ここまでは、一般的なスタンダード、そして以下にスイートが続きます。

(スイート)当然広いお部屋で。「普通のスイート、デラックス」があります。

(パノラマスイート)
「窓付き、デラックス窓付き」があり、バルコニーの設定はありませんでした。

(グランドスイート)「普通のグランドスイートとデラックスタイプ」になっています。


そして私たちが選んだのは、主人が喫煙をするという理由で「バルコニークラシック」でしたが、
スモーカーたちがこぞって予約をするのか、時すでに遅しでした。
 JTBさんのナイスな提案で、とりあえず 「窓のあるスタンダード部屋”海側クラシック”」を予約し、キャンセル待ちをかけることにしました。内金5万円を支払い、キャンセル待ちです。

また、乗船者に配布される「旅のしおり」なるものは、3月になってから到着ということでしたが、
中旬になっても連絡が来ません。 JTBさんも心配をしてくれて、昨日メールがありました。
「船会社の都合で、旅のしおりのお届けがめっちゃ遅れている」という内容でした。


JTBさんの規約か、船会社からの規約かはわかりませんが、3月28日以降からキャンセルチャージがとられるという事でした。 つまり、それまではある大手の旅行会社が、確保しているのでバルコニー部屋がキャンセルになる可能性はめちゃめちゃ低いと思われますので、少し待ってみようと思います。



開く コメント(6)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事