ここから本文です
放浪
物を捨て思い出を作る

書庫山に魅せられる

記事検索
検索

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

2018年8月御嶽山

 某槍ヶ岳講習が途中下山という結果に、
台風20号接近中にも関わらず、車で参加
 下山後、木曽福島道の駅に16時到着、ここで仮眠をと
思いましたが、暑いので食料を買い込み、田ノ原まで登ることに
車で1時間ぐらいかかりました。
イメージ 2
 木曽福島道の駅



<登山道情報> 最新更新:2018.8.25 二の池ヒュッテ
・山頂周辺は火口から1km圏内が立ち入り規制となっています。
このため、「王滝口登山道(田の原登山口)」は9合目避難小屋より上部への立ち入りが禁止されています。また、巻き道もないことから、御嶽山の他ルートへは通じていません。
「黒沢口登山道(ロープウェイ・中の湯)」から二ノ池を経由して、御嶽山北部へは通行可能です。
・黒沢口登山道・八合目女人堂と三ノ池間の「三ノ池道(三ノ池・女人堂遊歩道)」は、崩落のため通行止めとなっています。2018年内の復旧は困難の見通しです。
・濁河温泉(小坂口登山口)からのルートは仙人橋の流失のため通行止めとなっています。2018年9月に新ルートが整備され、開通を予定しています。
イメージ 1
イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8
この9合目避難小屋までです。
イメージ 9

16時木曾福島道の駅で仮眠予定でしたが、30℃
暑すぎなので田ノ原天然公園まで移動、到着後しばらくして霧発生、晴れ間出たりと目まぐるしい。深夜に雨、風が特に風が強くなる。
 ご来光は田ノ原で素晴らしい。
風が強めで涼しいが日差しはきつい。
 富士山、甲斐駒ヶ岳、南アルプの山々が綺麗に見えているが、
登山者が少ない(10名程度)。9合目の避難小屋までしか現在は登れませんが、登ってよかった。9合目の避難小屋付近では、大量の材木が積まれて、業者の方が登山道の整備をしていました。
 登山中に役場の方にお会いしましたが、警戒レベル1で1KMから500m付近まで行けるようになるが、王滝村のレストハウスは無理だそうですが、多分、開田村?御岳ロープウエイ(訂正木曽町でした)の方はレストハウス近くにシェルター を建設中で9月末完成を目指しているらしいです、あくまでも、個人的な情報ですから、公共機関のHP等で確認してください ・9月に入って規制解除のニュースが入ってます。

この記事に

開くトラックバック(0)

唐松岳へ

 やっと、八方池
イメージ 1
 波立ってるし、山に雲がかかり残念です
イメージ 2
青いケシ
イメージ 3
綺麗な花が群生し、満足
イメージ 4
08時58分 
イメージ 8
イメージ 6
この辺りは花が多くテンション高い
イメージ 5
09時22分
イメージ 7

イメージ 9
09時49分扇雪渓
イメージ 10
10時16分丸山ケルン

この記事に

開くトラックバック(0)

天狗岳日帰り

 2018年8月5日晴れ  唐沢鉱泉(06:52)・・・枯尾ノ峰分岐(07:43)[休憩4分]・・・第一展望台(08:35)[休憩 5分]・・・第二展望台(09:05)[休憩2分]・・・西天狗(09:55)[休憩 5分]・・・東天狗(10:20)[休憩20分]・・・中山峠(11:30)[休憩 0分]・・・黒百合平(11:35−ヒュッテ黒百合昼食12:05)・・・唐沢鉱泉分岐(12:38)[休憩 0分]・・・唐沢鉱泉(13:30)
唐沢鉱泉
イメージ 3
枯尾ノ峰分岐
イメージ 4
第一展望台(08:35)[休憩 5分]
イメージ 6
イメージ 7第二展望台(09:05)
イメージ 5
西天狗(09:55)[休憩 5分]から東天狗を望む
イメージ 8
東天狗山頂のパノラマ
イメージ 9

イメージ 10
下山時に昨年、行ったにゅうが
 
イメージ 11
黒百合ヒュッテで昼食カリー(11:35−12:05)
イメージ 12
唐沢鉱泉分岐(12:38
イメージ 13
唐沢鉱泉
イメージ 14

イメージ 1
イメージ 2

この記事に

開くトラックバック(0)

唐松岳へ

 08時02分かなり高くなりました
イメージ 1

イメージ 2


イメージ 3


イメージ 4
08時15分八方山
イメージ 5

イメージ 6
08時23分 最終🚻ー山荘までない
イメージ 7
沢山の人が登ってます
イメージ 8

イメージ 9
08時43分 八方池へ木道を下っていく
イメージ 10


イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14
木道を下りながら奇麗な花々を楽しみ、汚い塊もながめ、
八方池に到着です。花の名前は調べていれるかも?

この記事に

開くトラックバック(0)

唐松岳へ

 2018 7月20日七倉山荘泊―21日烏帽子小屋泊ー22日八方尾根車中泊
昨日洗濯をしたので、さっぱりしたズボン、シャツで唐松岳へ
 22日到着時21℃だが、車の中はちょっと不快だが、エンジンはかけない
 朝四時起床、日の出を待つ
イメージ 1
04時53分この後は写真を撮ったり、朝食で時間を過ごす
イメージ 2
05時30分には準備ができていたが、リフトが動くまで待つ
駐車場のトイレは結構奇麗です。水洗、ウォシュレット付き
飲料水の自販機も普通の値段です。
イメージ 3
06時50分から並びました、まえに10人ぐらい
イメージ 4
07時00分第三ペアリフトの試運転が始まる、06分ごろシャトルバス2台到着、一気に列が長くなる
イメージ 5
定刻通り07時15分乗車?開始 リフト下は花畑状態
イメージ 6
07時29分クワッドリフト
イメージ 7
 天気も良く気持ちいい 4人乗りですが1人で乗ってる人も
私は後ろの人に声をかけ一緒に(地元の人だった)
イメージ 8
 07時45分ごろ、景色に気を取られ登りのきつい方に木道ありかなり上部で合流する
イメージ 9
華が綺麗バックもいい
イメージ 10
07時52分 振り向けば八方池山荘

この記事に

開くトラックバック(0)

全4ページ

[1] [2] [3] [4]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事