ここから本文です
放浪
物を捨て思い出を作る

書庫山に魅せられる

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

取り合えず前泊の予約

 ペンションしるふれい いい感じ何がって料金です。
一人料金ナイス
イメージ 1


イメージ 2
イメージ 3
4回目の槍ヶ岳登山は8月24日ー26日
上高地ー槍沢ロッジ泊ー槍ヶ岳山荘泊
2回目の爺が岳登山は中止になりました。
大雨警報出ていました、
イメージ 5
鷹狩山1164m こんな中歩きたくない。
イメージ 6
3回目は烏帽子岳です。
7,8日に行っても楽しめたかも?
イメージ 4

この記事に

開くトラックバック(0)

ヌプリパック 35

Step2
入門!爺ヶ岳登山 7/7(土)〜8(日)
1泊2日 無雪期登山の基本を、1泊2日の小屋泊登山を通して学ぶ
に向けて、バックを購入、今のは腰バンドがないので、
ちょっと、どうかってなりまして。
ヌプリパック 35をモンベルで購入。
初め見てたのは、2室のカメラも入れるやつ、でも、購入時には
サイトになかったので、同じ講習を受けていた人からは40Lの
バックを勧められましたが、これにしました。
40Lのは、必要であれば、店舗で体に合わせて購入したい。
http://webshop.montbell.jp/
イメージ 1
 トップ部が大きく開くジッパーオープン式で、荷室へのスピーディーなアクセスを可能にした2気室仕様のモデルです。荷物の種類や使用頻度に応じて機能的に収納でき、気室間の隔壁を取り払って1気室パックとして使用することも可能。脱いだウインドブレーカーなどを挟んでおけるバンジーコード付きで、荷物が少ないときにはサイドコンプレッションベルトと併用することで本体を圧縮し、荷物の揺れを抑えて安定させられるようにもなっています。アイヌ語で山を意味する「Nupuri(ヌプリ)」が名前の由来です。
 こんなのもありますが、日程が立て込んでいるので、来年は参加したい6月24、25日ライチョウに恋して!(「ライチョウを観察し生態を学ぼう (in立山)」2日目) 

この記事に

開くトラックバック(0)

夏山入門1回目

 2018年6月16.17日夏山入門1回目の講習行って来ました。
15日は前泊で七倉荘で宿泊、シーズン前で客が少ないの静か?
 9時に七倉荘を出発、センターまでは2kmで8分ってナビに
予定どおり到着ですが、駐車場からセンターまで遠い。
 重い荷物を持って数分徒歩。
イメージ 1
長野県山岳総合センター着きました
イメージ 2
午後は体力測定で鷹狩山へ
イメージ 3

イメージ 4
唐松の花?
イメージ 5

イメージ 6
イメージ 7
下山途中大町市内 センターで反省会後木崎湖湖畔の
ゆ〜ぷる木崎湖で♨さすが、信州の湯って感じで良かった
2日目17日は地図読み座学後に40分(時間短い?)の地図読み実技簡単だったので、時間は適正流石。
イメージ 8
朝は雲が中腹から上にかかってましたが、すっかりすっきりとした天気です。
イメージ 9
山の名前も3.2.1で確認でき楽しいかった。
久しぶりに無心になれた。
イメージ 10

正解はこれを見ればバッチリ
何より沢山の人と知り合えたことが一番でした。
次回は爺が岳参加します。

この記事に

開くトラックバック(0)

長野県山岳総合センター
http://www.sangakusogocenter.com/
イメージ 1
いろいろなコースが有りますが、C夏山入門コースに参加することに。
1回目は山岳総合センター内で1泊2日で座学と近くの山(2時間程度)です。前泊で6月15日に旅館 七倉荘に素泊りの予約を。
〒398-0002 長野県大町市大町仁科町3061
 tel:0261-22-1564
http://www.nanakuraso.co.jp/ryokin.htm
イメージ 2

イメージ 3
2回目は7月7.8日爺が岳
イメージ 4
3回目は烏帽子岳
イメージ 5
4回目は槍ヶ岳
集合が上高地バスターミナルになってます。
 普段自由に過ごしているので、団体で行く山は
楽しみでもありますが、不安の方が大きい。

この記事に

開くトラックバック(0)

小蓮華山2017.10.2

 10月2日 5時起床5時半から朝食、寝不足気味
天気は曇りだが、午後から雨予報のため、目的地は白馬岳から小蓮華岳に変更。
イメージ 4
白馬岳は来年です。
イメージ 1
4畳ぐらいの部屋に最高5人今回は3人でも頭の位置は近いいびきが気になる。
イメージ 2
地デジの電波は届かない、BSアンテナが。昨日見たTVBSしかうつっていなかった。
イメージ 3
水、湯がポットに用意してある。自由に汲んで持っていけるようだ。
この時期に湯があると助かる。
イメージ 5
2日5時39分撮影写真だとご来光見えそうですが。残念でした。
6時ごろ山荘を出ました。6時13分独特の山肌が見えました。
これで少しやる気が出てきました。
イメージ 6
眼下の紅葉を楽しみながら船越ノ頭に着きました。6時54分
イメージ 7
 小蓮華山7時38分撮影
イメージ 8
7時42分小蓮華山から富山平野を望む
イメージ 9
7時37分小蓮華山から白馬岳
イメージ 10
7時54分白馬大池山荘へ下山途中
イメージ 11
この時間、登ってくる人が多くなってきました。
イメージ 12
8時47分小屋が近くなってきました。ここでトイレを借りる。
トイレは簡易水洗で小屋内のトイレより匂いがなく快適でした。
9時12分発
イメージ 13
9時35分白馬乗鞍岳ケルン
イメージ 14

イメージ 15
栂池山荘10時54分 昨日は沢山の人が居ましたが
イメージ 16
11時00分
イメージ 17
11時36分
イメージ 18
11時55分
イメージ 19
12時33分温泉に入って帰路に着きました
700が500円

この記事に

開くトラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事