されど調布の日々〜昭和とともに燃えつきた青春

上京後住み着いた調布の下宿はお化け屋敷で最期は火事で全焼した。でもこれはホラーじゃない。昭和後期の空気漂うアホな青春の記録です。

お知らせ

すべて表示

一時休止のお知らせ

イメージ1 このブログをご覧になっている皆様へ。 昭和のアホ青春物語ともいうべきこの話は2年目に入り、いよいよエンジンかけて書きまくろうと頑張っておりました。 ところがギッチョンチョン。 この続きを数本書き溜めたところでパソコンが突然クラッシュしてしもたのであります。 購入してまだ3年目だったのですが、よほど酷使していたものと思われます。 急遽専門家を呼んで診てもらったところ、相当重症なようで中身のデータは一切取り出せないとのこと(昨年までのバックアプデータは外付けHDに保存されているので良かったのですが)。 呆然唖然愕然でしばらくパソコンをいじる気も起きませんでした。 まあそれでもパソコンを修理に出すと同時に新しいパソコンを購入、心機一転、物語の続きを書こうと思っていたところに、さらなる試練が。 ...すべて表示 すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

TABOはそのアタリ棒を見て嫌な予感がした。 そのアタリ棒でもう一本、只でアイスがゲットできるからだ。 が、道行の途中に立ち寄ってアイスを買い求めた店は はるか後方 ...すべて表示すべて表示

その事件は初っ端の日に起こった。 一夜の宿として利用させてもらうために 従兄弟の家に向かう途中の出来事だった。 従兄弟の家は東海道本線の米原駅近くのS駅が最寄 ...すべて表示すべて表示

ある意味、コースケ先生は知恵者である。 同世代の若者らしからぬ発想で持って 驚くべき行動に出ることももしばしば。 だから若年寄とも呼ばれていた。 そんな老成 ...すべて表示すべて表示


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事