ここから本文です
広島のチヌ丸 釣行記!
波止、磯釣りの楽しさをお知らせするサイトです

書庫全体表示

9日、単独で呉市倉橋町鹿島の渚に寒チヌを求めて釣行しました。
イメージ 2
天気もぼちぼち、釣果もぼちぼち・・・
なんとか鹿島の銀ピカチヌ君に会えてよかった。

○潮汐
中潮 満潮12:23
   干潮6:04
○チヌが釣れた時間
1尾目 11時
2尾目 12時20分
3尾目 14時20分
○タックル
竿 がまかつアテンダー2 0.6-53
リール ダイワ銀狼
ウキ カン付自立棒ウキ アウラ渚スペシャル2B
イメージ 3
円錐ウキ  アウラベーシックチヌB
イメージ 4
道糸 fathom ブルーモデル1.75
ハリス fathomレベル1.5
イメージ 5
ハリ がまかつ チヌR3号
ガン玉 フジワラ ゴムコートガン玉各種
イメージ 6
○マキエ等
オキアミ生3キロ+市販集魚材2袋
○サシエ等
オキアミ生2Lサイズ
○釣果
チヌ 33、36、40 各1枚
イメージ 1
マダイ 25、30 各1枚
エサ取りは多数、カワハギ類、フグ等
○考察
釣り開始 8時50分
開始マキエ 20杯
マキエに多数の餌取りが反応し、サシエは約10秒で無くなる状況
ポイントを沖約30mに設定して、マキエ、仕掛けをドカドカ投入
砂浜足元には餌取りのフグがウヨウヨ泳いでおり、いかにフグの活性が高いかがわかる・・・
10時40分 渚SPのウキトップを綺麗に消し込んだアタリは・・・?
やはり・・・小型マダイ
食ったタナもかなり浅かった
エサ取りと同様、かなり浮いてきているようだ

マダイの後はそろそろ本命のチヌが釣れてもいいのにと思って釣り続ける
タナ二ヒロ半でウキトップを引き込む明確なアタリ・・・チヌ1枚目ゲット!
11時ジャストヒット。ファーストヒット魚としてはまずまずで36㎝の銀ピカチヌ

その後、フグにハリを盗まれたり、ウキにアタリがないままサシエが摂られたり(犯人はおそらくカワハギ類?)と本命らしきアタリは無し。
12時20分、遂に満潮を迎える
左右にフラフラしていた潮も少し落ち着いてきて、なんか喰いそうじゃ!と思っていると・・・ウキトップが少しお辞儀をしてその数秒後にウキトップが一瞬で視界不良に・・・ゆっくりと竿の胴から竿先へ重心を移動させながら大きな合わせをかまして、最高のハリ掛かりを演出する
サイズはぼちぼちだがコンディション抜群、流石!鹿島渚の銀ピカチヌ、二枚目は33㎝と少しサイズダウン
塩焼きにはピッタシの魚だ!

下げ潮に転流後、潮は左から右へ流れている
マキエに反応するのは相変わらずフグにハゲ類・・・
マキエが着水すると・・・海面がバシャバシャ・・・
この波紋、もしかしたらボラ君が寄ってきているかも?
次の一投、ハリスに打っていたガン玉を全てウキの真下までずり上げ、タナが浅くなっであろうチヌにサシエを届ける作戦
しかし?
ウキに全く反応がないままサシエが摂られる、犯人は誰だ?出てこい!!
それにしても・・・本命はどこでエサを捕食しているのか?

13時過ぎから横風が強くなってきた、棒ウキでは超遠投は難しいし、ウキの安定感も少し悪いので、愛用しているアウラの円錐ウキ「ベーシックチヌ・オレンジカラー」に変更
ウキの視認性を確保したいのでガン玉は、ウキ浮力よりかなり小さいものを装着する
マキエは仕掛け投入一投毎にSカップシャクで約7〜8杯と少し回数を多くし、サシエとの同調性を高めることに・・・

13時半、ウキトップが視界から消えると同時に穂先を引くなかなか鋭いアタリ?
しかし、合わせを入れて竿の胴に乗せると・・・↓
フグか小マダイかそれともその他の雑魚か?
その正体は?身長20㎝ほどのまあまあサイズ磯ベラ、しかしすぐにお帰り頂きました(笑)
底物のベラが釣れたということは、サシエの沖アミはなんとか海底付近まで届いている
ならば?ウキ下は変更の必要無し、ハリスの一番ハリ側に打っていたガン玉をウキ側へ約1ヒロ上げてサシエを少しふかしてみます

すると・・・
潮は丁度右から左へ流れていたのが、少し減速しながら今度は右から左へゆっくりと転流?・・・下げ潮なのにうそでしょう?
でも、この潮なんか釣れそうな感じじゃ!
マキエ、仕掛けをテンポ良く投入しながら、エサ取りの動き、サシエの有無、残ったサシエはその寒暖から水温などを感じて・・・
徐々に徐々に本命との距離を詰めていくと・・・・?
14時20分・・・ウキが一瞬で視界不良に、そしてライン、穂先を強引に引ったくるアタリ・・・?
このアタリは?
本命間違いなし!サシエは底付近に入っていたので良型マダイじゃないじゃろ!竿全体にコツコツと響き渡る快感、間違いない今日一番の本命良型じゃ!やった!嬉しい!チヌはなんぼ掛けても嬉しい・・・
しばしのやり取り後、渚の波打ち際に現れた奴は・・・?
ナイス体型、ナイスコンディション鹿島の渚の主様・・・
私に釣れてくれてありがとう!
この主様、体長ジャスト40㎝、とても美しい銀ピカの本命でした。

さらに・・・
マキエも残すところマキエカップ一杯のみとなった14時30分
またまたライン、竿をひったくるアタリ・・・?
ハリ外れを避けるため、合わせはシャープかつ身体全体を使って大きく大きく・・・
これもなかなかいい感じで竿が曲がり、ロッドが魚の引きをがっちり吸収する
最後の一投、マキエカップ一杯のマキエで最後のドラマが?
このラストシーン、これは私の最近の釣りでは本当によくあること
不思議と、最後の一投、しかもほんのわずかなマキエで・・・です(笑)
最後の最後まであきらめなかったご褒美が海面を割りますが・・・?
なんと、衣装の色がピンク色のお客様じゃないですか?
私は銀ピカピカで黒系色の服を着た魚が大好きなんですが?(笑)
最後のマキエカップ一杯で釣れたのは・・・?
30㎝級のマダイ、この魚をゲットし本日の渚釣りは無事終了しました。

今日は、朝家を出る時から携帯電話の調子が悪かったので釣り中の写真は有りません。釣り場全景については、過去の記事から引用しております。
なので、チヌ一枚をどんな仕掛け、釣り方で如何に釣ったのか?
そのプロセスを少し詳しく書いてみました。
それにしても、この時期のチヌ釣りは本当に疲れますね!
ほとんど一投一投、手を変え仕掛を変えておお忙しです。
しかし、そうやって努力して釣れた一枚のチヌはサイズはどうあれ本当に嬉しいし、楽しいです。
だから釣りは止められません(笑)

さてさて・・・この連休はまだ休みが一日残ってます、次はどこのチヌ君と遊ぼうかな?
ではまた・・・

最後に・・・
今回の渚チヌ釣りの釣果情報が釣り雑誌「月刊釣り画報」の携帯サイト版にアップされるみたいですよ。
毎週、月曜日の午後アップされる予定です。
よろしければこちらもご覧いただければ嬉しいです。
よろしくお願い致します。

にほんブログ村 ←1クリックよろしくお願い致します。






顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事