ゴリvsデジ

デジタル物との格闘の日々は続いています

全体表示

[ リスト ]

「Internet Explorer 8 RC1(インターネットエクスプローラー8のリリース候補 1)」のニュースをみました。

早速、「Internet Explorer 8」のページへ行くとBETA(ベータ)の文字が消えてました。
イメージ 1

「Windows Vista 64bit」へ「Internet Explorer 8 RC1」のインストール完了しました。
イメージ 2

「Internet Explorer 7」よりかなりスピードが上がった感じがします。

これは期待できそうですね。

マイクロソフト、IE8のRC1をリリース

1月27日17時17分配信 Computerworld.jpより
米国Microsoftは1月26日、Webブラウザの次期バージョン「Internet Explorer(IE)8」の第1リリース候補(RC1)をリリースした。IE 7と比較し、セキュリティ機能が強化されているのが最大の特徴だ。

【関連画像を含む詳細記事】 

 IE 8には、「クリック・ジャッキング」防止機能が搭載されている。クリック・ジャッキングとは、Webサイト上でユーザーがアクセスしている情報や、ユーザーが行っている作業を盗み見する攻撃を指す。

 IE 8 RC1に搭載されたクリック・ジャッキング防止機能は、Webサイトの所有者が、サイト内のページのヘッダにクリック・ジャッキングを検知/防止するためのタグを付け、タグを付けたページでクリック・ジャッキングが検知されると、ユーザーにエラー・メッセージを表示するというものだ。

 エラー・メッセージが表示されると、そのコンテンツは利用できなくなる。同時にクリック・ジャッキングから保護された新しいウィンドウが開き、ユーザーは同じコンテンツを閲覧できるという。

 またIE 8 RC1では、IE 8ベータ2から搭載された「InPrivate」機能も強化されている。

 InPrivateには、ブラウザの履歴と検索履歴、クッキー、フォーム・データとパスワードをまったく保存しなくなる「InPrivate Browsing」と、設定したしきい値を超えると、コンテンツ・プロバイダー側がクッキーなどで収集したユーザー情報をユーザー側に通知する「InPrivate Filtering(InPrivate Blockingから名称変更)」の2つがあり、ユーザーが任意で選択できる。なお、InPrivate Filteringのしきい値は、3回から30回まで設定可能だ。

 さらに、IE 8ベータ2から搭載された「Compatibility View」モードも改善されている。これは、IE 8がサポートする現在のWeb標準とは互換性のないWebサイトでも適切に表示するための機能だ。

 Microsoftは、IE 7でCSS(Cascading Style Sheets)やRSSといったWeb標準のサポートを強化した。しかし、以前のバージョンを対象に設計されたサイトは、これらの標準をサポートしていないため、きちんと表示されなかった。

 IE 8 RC1には、Compatibility Viewモードで適切に表示できるWebサイトのリストがあらかじめ登録されている。これらのサイトにアクセスすると、Compatibility Viewボタンをクリックしなくても、自動的に同モードが有効になるという。

(Elizabeth Montalbano/IDG News Serviceニューヨーク支局)

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事