晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

全体表示

[ リスト ]

河川敷へ進出

7月2日 土曜日
 
久しぶりに、何も予定がない。
天気さえ良ければ、今期初の山行きを予定していたが、
山の神が 出稽古のため 車を使うという。
 
仕方なく、近くの河川敷へチャリで向かう。
イメージ 1
途中、紫色の小さな花を付けた草が一面に咲いていた。
私の背丈よりはるかに高い。
去年はこんな草なんぞなかった。
 
 
今年は、春に一度大雨で増水した。
さらに、先日の エラク気の早い台風で 川は強烈な濁流となった。
彼岸の土手から此岸の土手まで、川幅一杯に流れる川を見たのは、何年ぶりかであった。
上流では避難勧告の出る騒ぎだったのだ。
 
というワケで、どんな状態になっているのか、確認の意味も含めて いつものポイントへ。
 
やー、壊滅としりました。
跡形もないというか、様子が一変しているというか、
違う場所に来たみたいです。
 
流着物が肩の高さより高く堆積し、近寄りすらできない木もあります。
 
しかたなく、下流へ移動しながら ヤナギの木を拾っていく。
しかし、甲虫がいない!!
 
クワガタはいなくても、ハナムグリやカナブン カミキリムシなんかが簡単に見つかる筈なのだが、
まったく一匹もいません。
 
なんか異常です。
樹液の出も 芳しくありません。
早々に枯れてしまったのか、日照が不足しているのか・・・・・・。
 
そうこうするうちに、なんとか黒い後ろ姿が・・・・。
イメージ 2
 地上3m位の樹液に1匹いました。
私の視力では、なんか黒いモンがついているとしか分かりません。
カメラの450㎜相当(らしい)のズームレンズを覗いでなんとか コクワと判定。
 
やれやれ、やっと1匹ですワ。
 
おーっ、そういや コイツが今期初クワでんがな。
 
そしても、もう少し下流に行ったところで、もう一匹。
イメージ 3
これも 3m以上の高さのところです。
 
割とおっきめ。
 
うーむ、アゴのカタチでヒラタかもしれんと思い、枯れ枝を使って叩き落とした。
 
手に取ると、結構立派なコクワ君でした。
イメージ 4
野外なので、15㎝で簡易採寸すると、約46.5㎜。 
 
 
結局、今日は このコクワ2頭だけでした。
しかし、去年は河川敷でコクワの成虫を見ていなかったので、
私としては成果アリ なのだ。
 
本日の教訓
 
河川敷は、毎年ポイントを探さんとアキマセン
 
 
 
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

河川敷採集はしたことがないのでよく分かりませんが、毎年、ポイントが変化するのですね。
勤勉さと記憶力が要求される採集方法のようですね。

2011/7/2(土) 午後 9:38 元アカモビ 返信する

顔アイコン

私も河川敷については、経験が浅いので、よく分からないことが多いです。
ただ、ヤナギ系の樹液は7月にはなぜかほとんど枯れてしまうことが多いので、河川敷は5月6月に行くべきかなあ、と考えています。

2011/7/14(木) 午後 0:30 伊丹樹液倶楽部 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事