晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

全体表示

[ リスト ]

6/1 脇道探索

6/1の続き。
 
府道54号に戻って、北上し るり渓方面に向かいます。
 
この辺もめっきり住宅が増えましたが、
さすがにこのあたりまでくると道路沿でさえ
クヌギなどの木が目に入るようになり、楽しいドライブです。
 
さて目指す林道の入り口まで行ってみると
以前はなかったチェーンが張られ、通行禁止になった様子です。
がーん。なんちゅうこっちゃ。
 
先着のオフロードバイクのライダーも
入り口に停まって困惑しておりましたので、
最近設置されたのかもしれませんね。
こういうパターン、ここんとこなんか多い気がします。
北摂の山は必ずだれかの持ち物なので、
見知らぬ人間に荒らされるのが許せない場合、
こうなってしまうのでしょうね。
虫屋もやりにくいです。
 
しかし、まあ、今日は、ついてません。
 
あきらめて、別の林道へ。
ここは航空写真で周りは植林と分かっていますので、
クワガタ抜きの、ただの興味本位です。
 
以前通りかかった時に、チラリと入り口が見えた脇道で、
なんか雰囲気が良かったので行ってみたいと思ってた道ですが、
去年の夏に行こうとしたら土砂崩れのため
そこへ通じている一般道が通行止めになっており、
行けなかったので、リヘンジですな。
 
今日は、土砂崩れも簡易的に補修してあり、
道幅が狭くなっていましたが通行は制限なしでした。
 
その脇道は関電巡視路です。
 
関電巡視路というのは、送電線や鉄塔メンテのために各山地につけられた道で
入口に赤い矢印等の「火の用心」カンバンが立っているので
すぐにそれと分かります。
ヘリで揚重する場合は人間だけが辿り着ければよいので、
踏み跡程度の細い道もありますし、トラックが楽々通行できるような
簡易舗装の林道まで、いろいろあります。
 
ここはコンクリ舗装で、巡視路にしては至極立派な道なんですわ。
陽が差し込んで明るく、エエ感じです。
 
イメージ 1
こんな感じです。コンクリで固められた舗装は結構厚みがあります。
この簡易舗装を踏み外すと、即ゲームオーバーですので、なかなか緊張します。
 
道は車1台ぎりぎりの巾で、山肌に沿ってうねうね続き、
覆い被さるように伸びた枝で車体をこすりながら進みます。
 
鉄塔メンテ用なので、鉄塔がある度に分岐します。
転回できない行き止まりもあります。
その時はオニのバック走行になります。(>_<)
 
イメージ 3
デカイけど地味なウバタマムシ
コンクリの上におると 見つけるのに苦労する
 
そしてしばらく走ると、行き止まりになりました。
 
人っ子一人出会わず、静かなしずかな山間で鳥だけがさえずっています。
 
イメージ 2
おなじみキマダラヒカゲ これはサト型
 
特になんてことないですが、
これが脇道探索の醍醐味です。
 
イメージ 4
こんなのもありました。
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事