晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

全体表示

[ リスト ]

秋、来たりなば

8/31日曜日
 
1ケ月ぶりに出かけました。
降り続く雨とこちらの休日との折り合いが悪く、
なかなか出られない8月でした。
こんな8月初めてです。
 
到着したいつもの山は、なんだか空の高さを感じます。
もう初秋といって良いかも知れません。
 
イメージ 1
やっと晴れ、と思ったら空気はすでに涼しいのだ。
 
産業道路沿いにある、ダイキンエアコンの温度計も24゜Cと
真夏のそれとは違います。
 
長雨と台風の影響でも行く先々ヒドイ状態です。
水流で道はえぐれ、落ち葉は流れ去り、
土砂崩れ、崩落があちこちで見られます。
 
また、先月打者一巡の絶好調クヌギ樹液打線は、
クリンナップがナントカ出塁しているものの
下位打線はまったくの連続カラ振り。
 
実は今日が今期初の晴天というので、秘かに
大型タテハチョウを期待していったのですが、
まったくのボウズです。
というのもI君が、今年も樹液場のジオラマ(永久保存版)を制作するというので、
一通り揃ったクワガタ以外の樹液に集まる昆虫を
採集させてあげたかったのです。
オオムラサキは時期的に厳しいかもしれませんが、
スミナガシやコムラサキならなんとかなるべぇと
勢い込んで出かけたのでした。
 
しかし、梢の高いところを飛翔する蝶は時折見かけるものの
手間届く範囲ではルリタテハが数頭のみ。
 
イメージ 2
サバイバル後らしく、翅はボロボロ。
 
クワガタ類もほとんどみかけません。
スジやコクワがチラホラといるだけ。
 
イメージ 3
ドロだらけのチビスジ君。キミが今期最後のクワガタだ。
 
・・・・・北摂は、すっかり秋のたたずまいですね。
 
今年はなんだか、天気のせいもあり、あまり活動できなかった。
そのせいでとびきりの写真も撮れなかったが、
なりより各種で大型個体を見られなかったのがチト寂しい。
スズメバチやカナブンも少なかったように思う。
ひょっとしたら、マダニすら少なかったのかもしれない。
 

さて、夏の3ケ月はあっという間に過ぎてしまいました。
「虫屋」のオッサンは、ただのオッサンに帰って行きます。
 
イメージ 4
 
 

 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事