晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

全体表示

[ リスト ]

私はこの時期あまり野山には行きません。
 
スズメバチの行動が活発になり、危険ということもありますが、
以前猪名川町でマツタケ泥棒に間違われて閉口したことがあったからです。
 
「昆虫の観察に来た」といってもナカナカ信じてもらえませんでした。

確かに、採集するわけではないので昆虫そのものは所持していないワケで、
またその時は小さなデジカメしか持っていませんでしたが、
写っている写真も訳の分からん木のメクレなんかの写真ばっかりで、
これを見せても話がややこしくなりそうと思われ・・・・・。
 
結局、林道からは決して踏み外さないと約束して、その場はナントカなりましたが、
あまり楽しく無い経験でした。
 
マツタケのシーズンが終わると、今度は2月終わりまで猟期なので、
鉄砲担いだハンターが 山に入ります。

もちろんカンバンが出ている山には決して入りませんが、
遠くとはいえ犬の声や銃声を聞くのはあまり気持ちの良いものではありません。
 
ですから、完全な公園やハイキングコース以外、山には入りません。
春、桜の咲く頃にギフチョウを求めて出かけるまでは、長いお休みになります。
 


 
さて9/23 台風前の秋晴れ
 

午後時間があり、甲山森林公園へ。
いつもの樹液巡回コースの内
ショートコースを回った。
今期のスタートも甲山でしたが、締めくくりも甲山となりました。

天気が良いので、駐車場は満杯。
出る車を少し待たなければいけないほど。
たくさんの方が散策に訪れいました。
 
園内、市街地より少し高いということもあって
既に秋は確実にやってきており、
一部を除き、樹液はほとんど枯れておりました。
 
イメージ 1
色づく木もチラホラ
 
イメージ 2
みくるま池のカメの甲羅干しもいつ もの光景です
 
イメージ 3
3本カシの「樹木銘板」の裏にコクワのメスが・・・・。
掴みだして写真を撮りましたが、あなたが今期最後のクワガタになるでしょう。
 
イメージ 4
隙間になんかおりますが、手が届きません。
 
イメージ 5
クヌギの樹液もほぼ枯れており、
隙間になんかいますが、ヒカゲチョウとスズメバチ そしてハナムグリだけ
 
 
イメージ 6
甲山にもナラ枯れは広がっているようです
 
 
イメージ 7
 
しかし、今までは見たことの無かった木で、樹液が出ているのを2〜3本確認出来たのは、来期へのお土産。
(写真とは関係ない場所です)

この記事に

閉じる コメント(3)

お疲れ様でした。
自分は先日、猪名川町で栗泥棒か?と質問されました。この時期は色々とありますね。

あと最近よく見るのがナラ枯れの粉に猛毒のカエンダケがちょくちょく生えています。
公園などで見掛けたら係員に報告してますが、子供たちは触るだろうなぁと思います。

2014/9/25(木) 午前 7:21 [ わた坊 ] 返信する

顔アイコン

お疲れ様でした。
泥棒かと誰何されるということは、そういう輩が徘徊しているということなんでしょうね。農家の方の苦労も分からんでもないですが・・・・・。こっちは一日中気分悪いすよね。

2014/9/25(木) 午後 9:52 伊丹樹液倶楽部 返信する

何の樹液か興味津々です!

2014/9/26(金) 午前 8:16 元アカモビ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事