晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

全体表示

[ リスト ]

兵庫県立播磨中央公園

イメージ 2

さて 今回は「ひらぱー」の向こうを張って「はりちゅう」と自称し、
鼻息も荒い「兵庫県立播磨中央公園」です。

やっとこの公園にたどり着いたという印象です。
なにせ既供用部分では有馬富士公園をしのぐ382haという
県下最大の公園なので、調査にソートー時間が要るゾと
観念しておったからですが、

もうあきらめました。

そんなん無理。

できる範囲で紹介するのだ。(と、居直る)



というわけで、前置きが長くなりましたが、
快晴どピーカンの2017年5月20日の土曜日 午後から出かけました。


実を言いますと、この公園には変化に富んだ遊具があり、
子どもが小さい頃はよく来ておりましたが、
ここんとこはすっかりご無沙汰十数年振りなのです。
イメージ 3
しかし 、今回は昆虫観察メインですので、
「自然散策ゾーン」と呼ばれるエリアに直行しました。

イメージ 10



具体的には、滝野社ICで下りて、みどり橋を渡り、普通とは逆に右折します。
するとすぐに第6駐車場への入り口がありますので、左折して山方面へ。
ここの駐車場もなかなか広いです。


イメージ 4
120台ほどのキャパですが、私が行ったときにはチラホラ程度です。


イメージ 5
「自然散策ゾーン」を周回する道路に沿って一周しました。
約3㎞ほどですが、センターラインを引いてもよさそうな立派な舗装路で、
地道の部分は全くありません。
驚きます。


イメージ 6
「散策路」や「遊歩道」ではなく、完全に「道路」です。
ギモンです。
以前は自転車レースでもやっていたのかも知れません。

イメージ 8






  

      







おなじみ ツマグロ♀

手入れされた庭園風の部分もありますが、ごくわずか で
自然林の斜面を切り通して作
られてあります。
崖側にはフェンスがあります。


イメージ 7
そこそこクヌギやアキニレもあり、
道路から外れて少し中に入ったりすると
それこそ一日では回れないほどの広さです。

イメージ 9
















キマダラヒカゲは里型です。

周回路途中にはトイレが1所あるだけですので、
水分は持参の必要があります。
また、日陰はほとんど無く、日中は炎天下となりますので、ご注意下さい。


イメージ 1
ここに訪れていた方のほとんどは、ジョギングかペットの散歩に来られていて、
自然観察や捕虫網を持った子供たちは全く見かけませんでしたので、
採集圧は非常に低いと言って良いでしょう。


イメージ 11
展望台もあり、なかなかのビューポイントです。

イメージ 12


最後、もう少しで駐車場という場所のボコボコのアラカシで
今 期初クワガタを発見したのですが、
カメラを構えてファインダーを除く間にポトリと落ちてロストしてしまいました。
そんなに大きくはなかったのですが、初物だけに残念無念。


総合的に、公園で危険も少なく、小さいお子さんでも安心して
昆虫採集できる場所と思います。
しかし、今回は「自然散策ゾーン」のみでしたので、球技場周辺や
古墳の周辺も良いのかも知れません。

次回はそちらの方をまわりたいと思います。

イメージ 13

2㎝ほどの幼体のくせに、睨む姿はなかなかどうしていっちょまえです。



この記事に

閉じる コメント(1)

ご無沙汰しております。コミヤマンです。

最近ブログの更新をされてないので寂しく思っております‥。

さて、この播磨中央公園に先日行って参りました。たまたまなんですがそう言えばブログに確かあったなと思い読み返させて頂いた次第です。

子供連れだったので山には入れませんでしたが遊具が沢山あって子供達は大喜びでした。

今年も楽しみにしていますので引退などと寂しいことを仰らずに頑張って下さい(^^)

2018/4/1(日) 午前 2:18 [ コミヤマン ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事