晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

樹液ポイント

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ゆずりはの森

さて今回は宝塚市の「ゆずりはの森」をご紹介します。

ここは兵庫県阪神北県民局が管理・運営している「北摂里山博物館」という
サイトにある「北摂里山30」の1つになっています。

公式HPは下記(ご参考下さい)
http://hitosato.jp/satoyama/takarazuka/map_07.html

ご存じでない方のために場所を簡単に説明します。
阪急今津線逆瀬川駅から逆瀬川沿いに六甲山へと道が延びています。
県道16号線です。しばらく行くと川を離れ、左をゴルフ場と右を集合住宅に挟まれた一本道となります。
その途中、西山住宅の切れ目で右折スグです。
カンバンが出ていますが、目立たないので、役に立ちません。

イメージ 2
ここ、残念ながら駐車場がありません。
バスか、あるいは自転車・バイクなら入り口手前に数台なら置けそうです。

「ゆずりはの森」と名前が付いていますが、要するに行者山へのハイキングコース入り口付近の広がりを整備して公園にしています。

イメージ 3



南をマンション、東を県立宝塚高校、西を県立宝塚西高に挟まれた狭いエリアで、
よくもまあこんなところが残っていたなあ、という印象です。

イメージ 4



こんな環境です。すぐ裏駐車場。


イメージ 5
こんなクヌギやコナラもポツポツあります。


イメージ 6
樹液にきていたルリタテハ

今日はコンデジだけなので、タイミングを逸しました。
最近寄る年波で重い一眼レフは敬遠気味でございます。


イメージ 13
ヤグルマトンボ

調べるとこの呼び方は通称で、正しくはミヤマアカネというらしい。



イメージ 14
樹種不明の木の根っこ樹液にむらがるカナブン
臭いせず、スズメバチが足元を飛び回るので気づいた。


コースに従い、散策しつつ高度を上げました。
途中眺望の開けるところがあり、宝塚市内から南港やハルカス
あたりまで一望ですが、今日は山登りに来たのではありません。

ゆずりはピークという地点で堰堤側へコースを変え、戻ることにしました。

イメージ 7
東側の眺望 宝塚高校です


イメージ 8
ヤマトタマムシに遭遇。近づいても逃げません。
よく見ると木の割れ目に必死に産卵しています。


イメージ 9
西側の眺望 宝塚西高 何か試合をやっていて 暑いのに声援が元気すぎます


イメージ 10
堰堤(逆瀬川はホントに砂防堰堤が多い) 中央の扉はさび付いて開 きません


イメージ 11
堰堤の切れ目部分
もう10才若ければ、ココは無理矢理突破したと思います。


イメージ 1
また、ヤマトタムシを発見 こちらは交尾中です。

時期的にちょうどタマムシに合ったのでしょう、高いところを飛んでいる個体もあり、
この日だけで10頭以上は見かけました。


イメージ 12


日光の中でキラキラ光って飛翔するタマムシは本当に美しい。

イメージ 15
さて、「ゆずりはの森」ですが、入り口付近はこの辺りの住宅の裏庭といった
趣で、たいへん雰囲気の良い雑木林です。

トラップのつもりなのか、それとも放した虫にエサをあげたのか、
昆虫ゼリーをなすりつけた木も見かけました。
近所の子どもたちの仕業なのでしょう。
入り口付近は子どもたちにお任せしましょう。

イメージ 16




ちゃんと樹木銘板もかけてあり、初心者には勉強になるでしょう


イメージ 17





マップには「ドングリふれあいの森」という表示もありますが、
それらしきところは確認出来ませんでした。

谷筋を遡っていくと昆虫が豊になっていく感じがしますので、
そちら方面に行かれることをオススメします。

ただし、高度あげていくと松が多くなりますので、
限られたエリアになると思います。

イメージ 18
イメージ 1
本日(8/4)雲一つないカンカン照り&京都では39度の予報も出る殺人的な暑さの中、知り合いの小学生ご家族を案内して、昆虫採集に行ってきました。

イメージ 7

まず向かったのはカブト虫の鉄板ポイントでしたが、訪れるのは5年振りで
残念ながらボウズでありました。下見の時間がなかったのがイタかった。

イメージ 2

2カ所目でナントカ ミヤマやコクワを採集でき、責任を果たすことが出来ました。


イメージ 3
















激しいニオイの樹液 カナブンに混じって小さいコクワ

イメージ 4ゴマダラチョウもおでまし。 しかし、残念ながら高くて網届がず。


イメージ 5
子どもたちは他にも沢ガニやトノサマバッタなどを追いかけ、体力もそろそろ黄色信号のため、撤収

イメージ 6

帰路、途中で「野間の大欅」に寄って、大きな木の前で記念写真。
来年はもっと暑くなる前に行こうね。


伊丹市内樹液ツアー2018

伊丹市内樹液ツアー2018

はてさて連日の猛暑ですが
、なんとか皆さん乗り越えて元気でいらっしゃるでしょうか?
台風が来て、少しはマシになるのでしょうか?
こちらは年々暑さが身に堪える年齢となり、事前に体調を整えておかないとこの時期活動が萎えます。(暑さに弱いミヤマみたいです)



先日、仕事が早めに終わった(暑くてやってられない)ので、
HPの名前に恥じぬよう、伊丹市内の4ケ所の樹液めぐりツアーを敢行しました。


まず1ヶ所目
イメージ 2
天神川沿いに生えているぶっといクヌギです。
この木の樹液が現在知り得る伊丹市内では、質・量ともに最高の樹液と認定いたします。
とにかくドバトバ具合もスゴイですが、何十mも手前から風に乗ってプンプン匂いまくり、これが森の中なら間違いなくご神木ですが、いかんせん 住宅地の真ん中なのでやって来るのはカナブンのみです。
イメージ 3
これが上半分です。

しかし、そのカナブンやハナムグリの数たるや100は優に超え、びっしり張り付いた様は私が見てもちょっとキモチワルイです。


次ぎ、2ケ所目
イメージ 4
県立北高校近くのこのアベマキは、以前はもっと激しく樹液を出しておりましたが、ここ1、2年は減少傾向です。

イメージ 5
近くに雑木林もあり、期待はしているのですが、なかなかお目当ての昆虫には出会えません。


3ケ所目
イメージ 6
やはり昆陽池公園のクヌギを外すわけには行きません。
メインの木にはカナブンが数匹のみで、樹液の割には寂しい状況です。
イメージ 7前翅が累々と落ちています。かなりの部分がトリの餌食になっている模様です。



この日は夏休みに入ったばかりで、公園入り口で捕虫網を手にした小学生2名とすれ違いましたので、どうやら彼ら先達にやられてしまっ たようです。

イメージ 1

しかたなく、脇というかはしっこのクヌギを見て回り、
なんとかチビコクワ1頭を発見。


4ケ所目
イメージ 8
「伊丹緑道」というコンクリートで整形されたきれいな公園があります。
散歩にはよいのですが、虫屋にはつまらないところでした。

しかし、この公園は どうも部分的には 埋め立てられた昔の昆陽池の土手を残している箇所もあるようで、今年この端っこに太いアベマキが樹液を出しているのを思い出し、4ケ所目に行ってみました。
イメージ 9
残念ながら特に成果なく退散となりましたが、
私にとっては一時の暑気払い、暑さを忘れたツアーでした。

伊丹市内にはまだ他にも樹液を出している木があります。
今回は私の帰宅ルート上の4カ所だけでしたが、
皆さんも身近な樹液を探してみられては いかがでしょうか。

先日、猪名川公園に寄り道した。

ご存じでない方のために、簡単に場所の説明をすると
園田競馬場の南東側に広がる古い公園である。

イメージ 2
行く途中も厩舎から顔を出す馬と目が合ったり、競馬場のバックヤードが見えたりと、ナカナカ楽しい。

昭和40年頃に河川改修で直線化された猪名川の名残を公園にした物で、
一言で言うと 昔の猪名川の土手である。

しかし、50年以上も経っているので、土地は乾燥し
木々は巨木化し、数回しか行ったことはないのですが、
あまり面白い昆虫には出会わない。

ところが、先日は特別な木を発見。
イメージ 1


どうということもないシラカシで、さほど樹液も出ていない。


イメージ 3
最初、ハナムグリを発見し、回り込むとゴマダラいたので写真を撮り、
カメラを構えたのままアングルを色々と変えていく内に
他にもコ ムラサキの♀を含めて6頭もついているのに気付いた。

イメージ 4
















口吻が黄色いのがよく分かる。

イメージ 5


さらに見上げると梢の付近をコムラサキの♂でしょうか、
3頭ほどがガンガン飛び回っていた。

特にたくさん樹液が出ているワケでもないので、
ここのはよほど「ウマイ」と見えます。

イメージ 6
















ゴマダラは結構気が強く、カナブンの樹液を横取りする。

これを「蝶のなる木」と言わずしてなんとしよう。
即日ご神木候補に認定しました。

イメージ 7
















写真は撮れませんでしたが、汗で塩気があったので手乗りタテハもできました。

猪名川砂漠

猪名川
先日の大雨後、ホームである猪名川がどうなっているのか、
ちょっと確認に。
チャリでポタリングがてら行ってみました。

先日は夜でイマイチ分からなかったが、やはり大量の土砂で
若いヤナギは倒れ、下草や流木などはほとんど埋没してしまった。

イメージ 1

この時期は生い茂る草で容易には近づけない河川敷の木々ですが、
アッサリそばまで行けます。
地面はサラサラ細かくてキレイな川砂で、日本海の浜辺みたいでした。

イメージ 2
少し確認すると、樹液跡は全て干からびておりました。
何よりセミ1匹鳴いておらず、静まりかえってチト不気味。

イメージ 3

河川敷採集をされていた方へ。
これは、しばらくダメですなあ。

遮るもののない炎天下。
日陰が恋しくなって早々に逃げ帰りました。

全32ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事