晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

昆虫

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

ダイオウグソクムシではありません。
ダンゴムシです。
イメージ 1





前から欲しかったのですが、近所では全く見かけませんでした。

で、会社の同僚が、鉄人(28号)広場の近くで偶然見かけて、買ってきてくれました。

イメージ 2
なかなかの大きさとディテールでございます。


イメージ 3
ちなみに、裏はこんなかんじ。

これ、ガシャポンなんですね。
出てくるとき、カプセルには入っていなくて、
このまま出てくるそうです。
イメージ 4

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

ディート ラーニング

イメージ 1


虫除け剤の成分である「ディート」が
ジカ熱やデング熱対策のために、
濃度の基準が緩和されることは昨年お知らせしました。

先日薬局に行ってみると、その製品版が並んでいたので早速購入しました。
使い方は「伊丹樹液倶楽部」HPの本体を見てください。

左が今まで使っていたモノ。ディートは12%濃度。
右が新しく買ったモノ。ディートは30%のmax濃度です。
(これはベープ製ですが、フマキラー製もあるようです)
(店頭にはなかった)

モノスゴク利きそうですね。

12%でもまったく蚊やダニは寄せ付けませんでしたが、
効果の持続性にやや問題があるように感じていましたので、
個人的にはその辺が改善さ れるとありがたいですね。

しかし、30%だと ストッキングは溶ける というウワサもあります。
(12才未満には使用禁止 ともあります)
だとしたら、プラレンズのメガネはヤバイですかね。

とにかく、後日リポートします。

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

3月20日。
場所によっては、咲き始めのサクラもチラホラ見かけましたが、
黒川にある 桜の森 は やっとつぼみ膨らむ といった感じでした。
イメージ 1



















イメージ 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

予算の関係で、まだドノーマルなエイプですが、
とりあえ ず「伊丹樹液倶楽部」のステッカーをサイドカバーに貼りました。

来期には実戦配備の予定ですので、
前線でこのステッカーを見かけたら、近くにいると思いますので、
声をかけてやってください。

みなさん、今年も「伊丹樹液倶楽部」をご覧いただき、ありがとうございました。
最近もシーズン・オフを利用して、ちまちま更新していますので、
時々覗いてやってください。

少し、気が早いですが、来年もどうぞよろしくお願いいたします。


イメージ 1



イメージ 2

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

虫屋さんの百人一種

イメージ 1

「虫屋さんの百人一種」
出版芸術社
税別1600円

今年はファーブル没後100年ということで、
例年になく昆虫関係の書物がたくさん出版されています。

今日ご紹介するものその中の1冊。

日本アンリ・ファーブル会という奥本 大三郎氏を理事長とするNPO法人があり、
http://www.fabre.jp/about.html
そのメンバーが1人1種類、計100種類の昆虫について書いています。

まず、その種類の選択がよい。

よく知っている昆虫からキカマキリモドキなどという 聞いたこともない虫まで、
これが日本の代表昆虫100種としても良いくらいです。

また、書き手は相当のベテランと思われる方から、
ひょっとしたら小学生?と思われる方の新鮮な文章もあり、
何より聞いたり調べたりしたことではなく、
自分で見たり体験したことについて書いてありますので、
内容の充実度も素晴らしいです。

これを担当した出版社担当の見識にも拍手したい。

8月に買って、寝る前の数分をこの本を読むことが出来たこの2ケ月は
素晴らしい2ケ月でありました。
イメージ 2

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事