晴れ、時々虫好き

夏の3ケ月間だけ虫好きになる、軟弱老年虫屋の徒然記

PCとカメラ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

HX9V

さて 山の神の要請により 今期から我が家の新戦力に加わった SONY社のHX9Vというカメラだが・・・・・。
 
このカメラがまあこのなんというか動作がのろいのである。
イメージ 1
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こいつが犯人のHX9V 
こいつでの昆虫撮影はなかなか至難の業である
 
 
たとえば起動ボタンを押すと、
「え、押したの、ホンマ、ほなしゃあないな、どっこらしょ」
というカンジで沈胴式のレンズを前に繰り出してくるのである。
この間体感的には約2秒。
ボタンにクリック感がないこともあって、押してから動き始めるまでが遅いので、
「あれっ、押したけど、動作せんな、押し方が足らんかったんかな」
と思ってもう一回押そうもんなら、
やっとのことで飛び出したレンズがすぐにひっこんでしまって、元の木阿弥。

このことは電源OFFにするときも同じで、
またしても「え、押したんかいな、しゃあないな、ほな引っ込むとするかいなあ」
てなタイミングでレンズが沈胴するのである。

ほかにも、
一枚写真を撮ったら、データを書き込むのにも待ち時間が発生するのである。
 
ホンマ、今時のカメラとは思えんのである。
 
そんなこんなであるから、
動きの早い昆虫を『シャッターチャンス優先モード』 で撮影など、ほとんど無理の世界なのである。
 
店頭で手に取ったとき、タイの洪水の影響で実機がなく、
弟分のHX7Vで試したのであるが、
その時はそんなにも遅さは感じなかったのだが、
メモリが入っていなかったためもあるかもしれない。
 
しかし、良い点もある。
動画のブレ補正が素晴らしいのである。
特に広角での移動撮影は、
まるでステディカムで撮ったかのように独特の浮遊感というか感覚があり、
非現実的な空気感さえ感じられる。
 
面白い。
 
今年は、このカメラのスチルは諦め、どんどん動画を撮ることにする。
 

イメージ 2
別の日 なんとか渾身の一枚
画はちょっとギスギスした感じ

 

この記事に

開く コメント(4)

やあー PC復活

前回の続きを1回だけ。
 
結局、電源は来なかったのだ。
納期直前になるとズルズルと納期が延び、結局入荷の見込みが無いので、別のにして組み上げた。
これだから Amazonは 使えません。
 
ADSLを光ケーブルにし、ついでにLANも無線にし、
山の神のノートPCも新しくして、環境やデータを移行してブログやホームページも引っ越しし、
古いホームページを閉鎖し、ADSLを解約し、メルアドとURLの変更の案内を数百人に送り、
それから自分のPCのセッティングに入ったが、結局Win7 64bitで動くアプリはやはりほとんどなく、
しかたなくXPとのデュアルブートになったのはいいけど、HDDがXPに対応してないのに気付いて追加し、
計4.5TB となったが、ここで予算終了 やっぱアプリにまでは手が回らず、これからちまちま買い足していくことになった・・・・・・これを土日のたびにコツコツやってました。
 
さて、これから今まで通り更新する予定です。
よろしくお願いいたします。
 

この記事に

開く コメント(3)

電源が来ない!

先週の日曜日。
予算が無く あちこちのショップから通販で買った各パーツも届き
 
「さあ 組むか」
 
と、M/BにCPUとメモリをのっけ、ケースに電源を取り付けようとしたが、
ナンボ探しても 電源がない。
 
発送中に行方不明かっ、と 疑ったが 郵便じゃあるまいし
今時の運送会社の管理体制でそれはありえん。
 
待てよ と 発注確認メールを確かめる。
 
ガチョーン
(谷 啓さん ご冥福をお祈りします)
amazonで発注したサイズの電源だけ、納期が 約3週間になっているではないか。
 
というワケで 現在電源待ちです。
出来てからのWIN7 64と古いアプリの対決があるというに、
こんなところで時間を喰うとは。
 
PCはいつまで経っても トホホ の世界です。
 

この記事に

開く コメント(2)

PC御陀仏寸前断末魔

最近 PCが挙動不審である。

突然 ぶっつり 電源が落ちる。

それが何度も連続する。

こっちが根負けしそうになった頃、やっと安定しよる。

なんでか。

CPUクーラーにホコリが溜まって目詰まりしてるとか、

CPUとクーラーとの間のグリスが乾ききって なくなり、接触してないとか、

そんな簡単な理由やったらええけど・・・・・。

でも、今 冬やし。



これ組んだの いつやったか。

もう5、6年前かな。

P4 3Gで 当時はそこそこ早かったが、

いまや 麒麟も老いてはナントカで、

映像の編集なんかすると のったりくったり と動く。

W7も出たし、Ci7とかいうCPUもこなれてきたので

そろそろ新マシン導入か と計画している。

(計画しているだけで、先立つものがチト不足)

そんな時期に このPCに手を入れるべきか

悩ましいところですなあ。

予算的には、あと 半年ほど ナントカ延命させないといけないのだが、

と、考えつつ まだ筐体のフタすら外していないという・・・・・。

モノグサなんです。



老眼が進んでいるので、次は組立は無理かもなあ。

完成モデルを購入しないと 行けないのかもしれません。

やれやれです。



 

この記事に

開く コメント(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事