タダロイヤーの秘密基地

ようこそGLFT東日本基地北部支部へ!妻子持ち故に自宅では堂々と飾れない物を格納してます。連絡アドレスはゲストブックにあります。

全体表示

[ リスト ]

前回は秘密基地編に暫定版の記事をUPしましたが、
正式にロボットマンとして量産型がロールアウトしたので、
今回はメカニックとして紹介します。




********************



某日、秘密基地にて。

朝から気晴らしに秘密基地倉庫にやってきたタダロイヤー。
倉庫では技術主任ヤンベージがなにやら・・・





ヤン「・・・そうだよなぁ・・・盲点だったなぁ・・・」

タダ「おはようヤン。何をブツブツ言ってんの?」

ヤン「やぁタダ。これを見てくれ。」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_0

タダ「おお!すごい!ロボットマンが4機も!しかも同型だ!
   量産出来たんだね!」

ヤン「そうなんだけど、ちょっと量産と言うには問題があるんだ。」

タダ「ちゃんと出来てるじゃん。問題ってどんな・・・
   あれ?なんだか奥の方にある機体が・・・」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_1

ヤン「量産型というのは、ロボットマン・コアモジュール、
   つまりコクピット部分なんだ。
   歩行ユニットとマニュピレータは既存の物を流用できるのが最大の特徴なんだけど、
   それは流用部品によって機体サイズが変わるってコトなんだよ。
   ある程度は予想していたけど、まさかこれほどとはなぁ・・・」

タダ「あっはっはっはっ!だから同じメンテナンスハンガーに格納するために
   背の高い機体がしゃがんでいるのか。」




そこに、基地スタッフのルーシーと介竜.覚竜がやってきた。




ルーシー「皆さん、おはようございます。あら?ヤンさん、とうとう完成したんですね。」

介竜.覚竜「あっ!この2機は色違いの同型だ!僕たちはこれに乗りますね!」

ルーシー「じゃあ、私は可愛いパステルカラーのこれにする!」

ヤン「まてまてまて、まだ操縦者は決まって・・・」

タダ「まぁまぁ、せっかくだし、大試乗会〜!」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_2

ヤン「なんていう事だ!まだ私が乗っていないというのに・・・
   先に乗っておけばよかった・・・がっくり。」

ルーシー「あら、まだだったの?ごめんなさい」

ヤン「・・・いいよ、気にしてないから・・・ううっ・・・
   まぁ、気を取り直して、レビューといこう。」

介竜「ハッチはこうなっています。」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_3

覚竜「開閉じゃなくて取り外し式なんだね。」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_4

タダ「乗り降りする場合はロボットマンがしゃがんでくれる。大型機より楽チンだね。」

介竜「ちなみにキャノピーも取り外しできるようにしています。」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_5

覚竜「材質の問題で接着できなかったという大人の事情は秘密です。」

ルーシー「ねぇ、なんだか私のロボットマン、手が短い気がします。」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_6

ヤン「流用する部品に大きく左右されるからね。
   とはいえ、確かにそれは短いなぁ。」

介竜「よし!それではここで僕たちの十八番!」

覚竜「久しぶりの披露!電磁波の舞!」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_7

ヤン「やめろ〜!サイズが小さくなっても出力は大型機に匹敵するんだ!
   あああ、壁が・・・棚が・・・」




********************



やっとこさ正式版UPです。

記事のとおり、このロボットマン、
コアモジュールが量産型であり、
手足の即時交換が可能です。

残念ながら、タダロイヤーが持っているプラモデルが
ご覧のようにジムカスタムやゲルググしかないので
組み換え例はこのパターンのみの紹介です。

自分、昔からのブロック遊びが大好きで、
このロボットマンも手や足をブロックと考えて、
コアを中心に展開できるようにした次第です。

もしかしたら、ハードモデラーの方には
「ちょっとこれはなぁ・・・」
という人もいらっしゃるかもしれません。

玩具というカテゴリで、広い心で見ていただければ幸いです。






*******************



ヤン「まぁ、私も大人だ。ちょっとの破損や、
   コクピット一番乗りが出来なかったぐらいでは・・・ううっ・・・」

タダ「あまり気を落とすなよ。せっかくなんだし、
   人物対比で記念撮影〜!」

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60835288_8

ヤン「・・・ううっ、結局、乗れずじまいなのか・・・」

閉じる コメント(8)

顔アイコン

最初の画像、合成かと思いきや本当に量産とは!
コアモジュール構想は色々妄想が広がりますね〜。ところでボディは結局なんでしょう?ポチ!

2011/8/7(日) 午前 11:00 misodrill

RE:みそさん
ああっ、そうだった!詳細をのせるのを忘れてた!
今PCが調子メチャメチャ悪いので、ケータイから記事UPします。

2011/8/7(日) 午前 11:37 tadaroyear

顔アイコン

いやいやこれは楽しそう!
手足の交換で色々楽しめそうですね〜。
ちょっとホントに真似して作ってみたくなりました。
ポチ!

2011/8/7(日) 午後 4:19 イェロゥ軍曹

RE:軍曹さん
これは息子のソーヤに1体あげる予定で、すでに胴体の壊れたザクの手足を移植しようと準備しているみたいです。
実際、息子はこのロボットマン製作を少しではありますが手伝っています。
軍曹さんも是非是非!

2011/8/7(日) 午後 10:58 tadaroyear

顔アイコン

ロボットマン、完成されましたね^^

成る程、初期ガンダムのコアブロック的発送な、ロボットマンなんですね!
用途に応じて手足を換装し直して応用能力の高いシステムとは流石です。

最初の4機が並んだ姿に、グッと来るものがあります!!

2011/8/8(月) 午前 6:18 [ ボンクレー ]

RE:ボンクレーさん
そうなんですよ!昭和ミクロの特徴である組み換えと応用が出来るコアモジュールがどうしても欲しかったんです。
どこのメーカーさんも作ってくれないので、自分で作った次第でして・・・
そして、「どうせ作るなら生産性が高い・・・そうだ!量産を目指そう!」となったワケです。

2011/8/8(月) 午後 10:27 tadaroyear

顔アイコン

これはいいですね!手足はなんでもつけられるわけですね。
使っている手足は、ガンプラの1/100でしょうか。
建機の作業アームとか、キャタピラをつけたりしてもよさそうですね〜

2011/8/20(土) 午前 0:52 yoyon_bee

RE:よよんばさん
はい、1/100ガンプラです。なるべく流用パーツも安く済ませられるようにしてます。1/60だと、おとーさんの小遣いでは手が出ません(泣)
キャタピラーや建機!いいですねぇ!まさに組み換えの定番!
小遣いが貯まったら挑戦しようっと!

2011/8/20(土) 午後 9:16 tadaroyear


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事