タダロイヤーの秘密基地

ようこそGLFT東日本基地北部支部へ!妻子持ち故に自宅では堂々と飾れない物を格納してます。連絡アドレスはゲストブックにあります。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日の今日で・・・ ケータイ投稿記事

イメージ 1

先日、子供達の空手の件を記事にupしましたが、これはその次の日の事です。
自分はこの日は仕事で、カミさんが子供達をみてました。
そんな日の昼休み、カミさんからメールが・・・
「今日、ソーヤが自転車に乗れるようになったよ!」
画像は、その時に添付されていたものです。
補助輪無しの新しい自転車、買ってあげなければ!

開く コメント(7)

気持ちはブルー・・・ ケータイ投稿記事

イメージ 1

今日の午前中、ウチの息子、ソーヤが空手試合のデビューを果たしました!

8ヶ月前から空手道場に通い始めて、最初の大きなイベント・・・なのですが、緊張とプレッシャーから顔面蒼白、元気がみるみる無くなり、

「ああ、ソーヤの、気持ちはブルー・・・」

そうこう言っているうち、試合は1ポイントもとれず負けました。
午後は、付き合いで通っているお姉ちゃんのルファも試合デビュー!

・・・姉弟そろって負けました。

これから帰宅です。
途中で、「元気だせよ」的なお菓子でも買って帰ろうと思ってます。

ルファとソーヤ、泣いてたなぁ・・・

開く コメント(3)

※このショートストーリーは、
 『ゲストルーム』にある
 「ファインディング・ヘッド」http://blogs.yahoo.co.jp/tadaroyear/58795823.html
 の続編にあたります。
 未読の方は先にお読みする事をお勧めします。

 今回は、タダロイヤーのミクロ友人である
 みそどりるさんのトコロから、アリーナマスター・アクロゼーブスが
 ゲスト出演となっています。
 みそどりるさん、出演依頼を快諾していただきありがとうございます。




********************




生体組織の壁に覆われている一室。
ここは鬼蓮街にある闘技場「アリーナ北部支部」のマネージャー室だ。
この壁の細胞が各種信号を送受信し、通信相手の空間投影をはじめ、
様々な機能を実現せしめる。

そして、今ここで会話を行っているのは、
4本の腕を持つ異形のマネージャー、ラディンである。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60950491_0

「・・・以上で定時連絡終了です。
 ところでマスターゼーブス、鬼蓮街にミクロマンの重要機密が入ってきた、
 といったお話、お聞きになりましたか?」

「いいえ、初耳ですねぇ。書類か何かですか?どんな機密でしょう?
 我がアリーナに富をもたらす物だと喜ばしいのですがねぇ?」

マスターゼーブスと呼ばれたその非人間型の巨漢は、
部下であるラディンに敬語で、しかしどこか見下した口調で返答していた。
金のにおいを嗅ぎつけたのだろう、情報を欲しがる姿勢が伺える。
すかさずラディンが言葉を続ける。

「GLFT北部支部の司令官、ロボットだそうで。
 機密は、その司令官の頭部、とか。」

「司令官の頭部?確かなのですか?データが生きていれば大収穫でしょうが・・・
 それにもし、ほかのシンジケートがそれを知ったら、
 当然、動き出すでしょうに。」

「マスター、それを逆手に取るのです。
 司令官の首を優勝トロフィーとし、アリーナでバトルをします。」

「なるほど、それで死人がでるくらいの激しいバトルになれば
 おのずと大金が流れ込むのは想像できますねぇ。
 ・・・いや、しかしそれでは、せっかくの機密も独占できませんよ?
 そもそも、首そのものが我々の元にはまだないではないですか。」

「首に関しては、すでに手は打ってあります。
 それにトロフィーは本物とは限りませんよ。くっくっくっ・・・」

ラディンが思わず漏らした笑いに反応したのか、
ゼーブスの巨大な顔が反り返り、女性の上半身が中から姿をあらわした。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60950491_1

「おや、そうなのかい、ラディン。
 あんたが笑っちまうってコトは、あんたが死ぬほど嫌う倦怠とやらを
 ふっ飛ばすような何かを考えてるってコトだね?」

女性型の話す口調は、更に輪をかけて人を虐げる雰囲気を
醸し出している。

「・・・これはまた唐突に現れますな、ミス・ゼーブス。
 そう、今回のバトルは鬼蓮街の大小様々なシンジケートや組織の
 保有戦力を見るがために実施しようと考えております。」

「司令官の首をエサにかい?
 よし、じゃあこの件はあんたに全て任せようかねぇ。
 あたしはあんたの解説付きで楽しませてもらうよ。」

「・・・了解しました。では細かいコトが決まり次第、また連絡します。」

「バトルが待ち遠しいねぇ、可愛いトカゲちゃん。」

そして、画面が消えた。

苦々しい口調でラディンが呟く。

https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60950491_2

「解説付きというのはつまり、私の監視をしながらバトルを見るというコトか・・・
 釘を刺すのは忘れない、さすがはミス・ゼーブスの人格だ、ぬかりなし、か。
 まあいい。戦いと、富と、今の地位の維持は思惑通りだ。
 あの狂った二重人格には、まだまだ健在でいてもらわなければな・・・。」





********************


あいだが開きすぎてしまって申し訳ないです。
ようやくストーリーが走ってくれました。
ただ、困ったコトに、ラディンの設定が固まっていないです。
アイデア大募集です。

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

量産ライン・その3

ようやく量産ラインシリーズも最終回です。

ネタ明かし的な記事なので、
「なんだ、意外と簡単じゃん。」
と思われる方もいらっしゃるかと思います。
期待してがっかりの可能性大です(汗)

広い心でおつきあいください。



肩の接続部です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_0
恐竜ロボ・ジェラート(部品は全てこんな接続部を有したブロック)の
画像のような部品を、必要なトコロだけカットします。
そして、ビニールコートのアルミ線を差し込みます
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_1
差し込みの際、かなりキツイですが、このキツさが重要で、
下手に動くとポージングの時にイライラの原因になります。
画像のように曲げ曲げして、先っぽはビニールをはがしてから、
家庭にある丁度よいチューブを取り付けて腕パーツを接続。
肩の位置を確認しつつアルミ線の曲げ加工調整をします。





腰の接続部です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_2
これまたジェラートの画像のような部品を必要分カット。
更に画像のようにえぐったようなカンジの切り込みを入れます。
真ん中にある穴は、後ほど説明します。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_3
こうやってアルミ線を曲げて、しっかり固定します。
こうすると、股関節の微調整がききます。
先っぽには股関節用のボールをつけます。
プラモがもったいない場合は、画像のようにBB弾を使用します。
ただし、ポリキャップに対して少し小さくゆるいので、
薄いビニールをスペーサーにしてゆるさを解消します。





足パーツを付けてみましょう。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_4
さっきの穴は、腰パーツのカバーを付けるための穴です。
カバーに使える適当なパーツを付けます。





コクピットです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_5
塗装が出来ず、しかもスケルトン(笑)なので、
画像のように裏側から布テープを貼り付け。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_6
乗り込むフィギュアに合わせて、前の記事で余ったスポンジを
調整用スペーサーとして使います。
このロボットマンは200X系ミクロマンに合わせているので、
フィギュア頭部〜胸部が少し前に来るように、
又、アームレストが肘に当たるように、
画像のようにスペーサーをセット。
更に、ハッチ固定用に、肩固定部品付近に
スポンジで作成したスペーサーを付けます。





首の接続です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_7
これは、適当な部品をくっつけて頭部との接続として
首パーツとしているので、画像を見て、どうなっているのか
確認してください。





そして、全ての部品を合わせて・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_8
完成!量産型ロボットマン!

記事では最初の1体目の作成を撮影して紹介していますが、
他の3体は全て製造ライン上で、一つの工程で3体分作成しています。
工場制手工業ですが・・・(汗)





ついでに・・・
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60892316_9
記事の作成中に遊びに来た息子のソーヤ。
ピンバイスがおもちゃがわり。やるな、わが息子!

開く コメント(6)

量産ライン・その2

前回はキャノピーとハッチの作成を紹介しました。

今回は、フィギュアが座るコクピット・シートの作成です。
記事にしてから気づいたんだけど、すごく地味な絵なんだよなぁ・・・


まずは、前回作ったハッチで、
残ってしまったボードクリーナーのスポンジ部分。
これの、本来活躍すべき、まさにクリーナーのところを剥がします。
うう、少し心が痛む・・・。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60870227_0
ベリベリベリ・・・



次に、余計な部分をカットします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60870227_1
上の画像でいうと、赤線のトコロです。



座面と肘掛の切り離しをします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60870227_2
赤線部分の幅は乗り込むフィギュアの腰幅より少し狭くします。
ホールド性を保つためです。



ここで、コクピット本体となるタッパを押し付けて、不要部分のあたりをつけます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60870227_3
あまり強く押し付けると壊れるので注意です。



先ほどつけたあたりの線を目安に、不要部分のカットをします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60870227_4
コクピットに入るときに、ゆるいとフィギュア固定がままらななくなるので、
少しきつめになるようカットします。



座面部分の加工をします。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60870227_5
左上の絵のように、座面ブロックの厚さが半分になるよう線を書き込み、
右下の絵のようにカットします。
これでタッパに詰め込んだ時に座面が低く、肘掛が高くなります。



スポンジをタッパに詰め込みます。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/ef/f6/tadaroyear/folder/1451053/img_1451053_60870227_6
フィギュアを一緒に入れると、こうなります。
先の加工で余ったスポンジは、まだ捨てないでおきます。
これからの調整に必要になります。
赤い斜線部分も調整しながらカットすることになります。



次回はハッチの固定、肩関節、股関節の加工です。
興味があったら、また来週にお会いしましょう。


ではでは。

開く コメント(8)

全26ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事