うろうろドクター

日本の医療現場は、訴訟リスクにおびえ、過重労働で疲弊しています。少しでも良くなることを願ってブログを書いています。

全体表示

[ リスト ]

http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/yamanashi/archive/news/2007/07/05/20070705ddlk19040431000c.html
 講演会:自然分娩で親子の絆 甲府で7日に /山梨
 医療行為を極力行わない自然分娩(ぶんべん)で知られる
愛知県岡崎市の吉村医院で助産師長だった岡野真規代さん(55)が7日午後2時から、
甲府市の県立文学館で講演する。「いのちとの出会い」と題して話す岡野さんは
「家族に見守られながら自然に任せて出産することで得られる親子の絆(きずな)を体験してほしい」
と話している。

 岡野さんは99年から5年間、古民家を利用して自然分娩を行う同医院の「お産の家」で
助産師として勤務。これまでに約3000人の赤ちゃんを自然分娩で取り上げた。
現在は、札幌市にある天使大大学院の助産指導員として働く一方、
自然分娩できる「お産の家」の設立を目指している。

 岡野さんによると、生まれてくる赤ちゃんの健康は母親の健康と密接に関係しているため、
日常から体を動かすことを求める自然分娩は、母子の健康を保つのに有効という。
長くて苦しい出産も個性ととらえ、「早い方が良い」という認識で医療行為を行う
現代の出産に異論を唱える岡野さんは「病院に産ませてもらうのではなく、
『自分で産む』という意識で出産に臨んでほしい」と呼び掛ける。

 前売り1500円、当日1800円。問い合わせは主催の「やまなし自然育児ネットワーク」
(電話0556・22・2650)。【沢田勇】

毎日新聞 2007年7月5日
えーと、産科の先生は「早い方が良い」という認識で、医療行為を行なっているのでしょうか?
この発言は産科医療に対する冒涜ですね。

産科の先生方が「帝王切開」などを行なうのは、あくまでも母子の安全のためです

自分が休みたいから「早く産ます」ために、陣痛促進剤を使用しているわけではありません


陣痛促進剤とは適正に使用すれば、安全な薬なのです。
分娩(ぶんべん)監視装置を必ずつけ、誰かが側で見ている必要はありますが。
必ずしも助産師である必要はありません。経験を積んだ看護師で不足はありません。

あらかじめ分かっている帝王切開やその他の異常分娩を、
可能な限り態勢の整っている平日の昼間に行うのは、安全面から考えて当然のことです。
「産科医は、医学的には必要はない計画分娩を、陣痛促進剤などの薬を使って、
平日の昼間に無理に産まそうとしている」のではありません。

http://www.ff.iij4u.or.jp/~jupiter-/yoshimura.html
吉村医院の体験記です。
「ここに来たからいいお産ができるんじゃない。しっかり動いたお母さんが、いいお産ができる」と、
妊婦さんたちにはっきりと言う。そして、「動くとおなかが張る。おなかが張ると、安静に、
とすぐ言うが、おなかが張ることによって、子宮の筋肉が鍛えられている。子宮口が柔らかくなるのは、
安産傾向ということだ。一つ言っておきたいのは自然なお産は、時間がかかる。
時間がかかるから子宮口がぐにゃぐにゃになって、だから裂けない。時間がかかった時に、
めげないで欲しい。」と。
「赤ちゃんができたのが自然なら、生まれてくることも自然の摂理だ」と言う。
「医療介入の理由として、子宮口が開かなかった、赤ちゃんが骨盤を通らない、と言うが、
そんなことはありゃせん。神様は、そんなふうには生き物をつくらない。
医学書にはそういうことが書いてあるが、それは、医者の観念的な問題だ。
女性として生まれ、女性として妊娠したのだから、産む力は十分にある。自分の力を信じて欲しい」
そして、先生は子宮口が開き、赤ちゃんが自然に生まれてくるまで、待つのだ。何日でも。
例えば、破水が先に起こったとしたら、普通は24時間待って陣痛が起こらなければ促進剤が投与され、出産へと進ませる。
しかし、吉村医院では、5日でも6日でも、自然な陣痛がやってくるまで待つ。
感染が起こらないか、赤ちゃんに異常が起こっていないかを、注意深く見守りながら。

「しっかり動いた人は、遅れても大丈夫。それを、薬を使ったり、吸引したり押したりすることで、
赤ちゃんは悪くなり、ぐちゃぐちゃになって生まれてくる。
それによって、その後の人生とか、親子関係とかをめちゃくちゃにしている。
時間がかかっても、自然に生まれた赤ちゃんは元気だし、きれい

「神さまは、ちゃんと産むことのできる生理を、人間の中に備えている。
神(自然)がすることに人間が手を加えては、それは神(自然)を冒涜することであり、
それによってすべての生理が崩れてしまう」
他の方の体験談もあります。http://blogs.yahoo.co.jp/komeday_no1/MYBLOG/yblog.html

吉村先生は、自然分娩や親子の絆にこだわりたいという思想を持っています。
それ自体は非常にいいことと思いますが、医師でありながら医療行為を否定するのはどうなのでしょうか?

神(自然)は冒涜していませんが、産科医療を冒涜していますね

自然分娩のリスクに関する説明や、緊急時の医療措置に関しては全くの無責任としか言えません。
実際、吉村医院は妊婦の容態が悪化しても、最後の最後まで搬送を渋る事で有名だそうですし、
周辺の医院は吉村医院からの搬送と聞いただけで、緊急手術やNICUの準備に走り回るそうです。

そうやって自分の手に負えなくなったら、搬送で周辺の医院に尻拭いをさせておきながら、
「うちでの出産は帝王切開ゼロ」と自慢することは、常軌を逸しているとしか言えません。

母子の安全を第一に考えて欲しいものです

閉じる コメント(27)

顔アイコン

たしかに、いろいろ考えさせられます。
裂傷予防と赤ちゃんのすみやかな娩出のために会陰切開は行われると聞くと、そこまでして、という思いがします。
後でああすればこうならなかった、と言われる前に全部やっておかないといけないという側面が医療にはあるのでしょうか。
母子の安全を第一に、母子の安全が医者に求められるすべてで、
そこにやはり出産が医療漬けになっているという批判は生まれてきてもしかたないのかな、という疑問が持てます。 削除

2007/7/13(金) 午前 11:41 [ ] 返信する

顔アイコン

ちびさん、こんにちは
「薬や人の手を借りないでお産」できれば、それに越した事はないですよね。
ただ、医学の進歩によって、助かっている子供や母親が多数いるのに、
それを完全否定して、時に母児を危険にさせるということが、
医師として許せませんね。

2007/7/13(金) 午後 0:06 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

瑞山さん、コメント有難うございます。
「数パーセント命は失われる」そのことをきちんと理解して、受容できる方はいいのかと思いますが、
母児の安全より自然に分娩することが大事なのでしょうか?
母児の生命より尊いものはないと、私も思います。

今の産科医療崩壊のさなか、「助産院の活用を」と考える方にも是非お聞きしたいですね。

2007/7/13(金) 午後 0:16 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

kyazさん、こんにちは
当初は、後記の「他の方の体験談」を中心に書くつもりだったのですが、
本人さんのNATROMの日記さんへのコメントを見て、''私は''あまり厳しく突っ込むのはやめることにしました。
そのブログでは、散々に酷評されています。是非ご覧下さい。
http://d.hatena.ne.jp/NATROM/

児頭骨盤不均衡の上に骨盤位、さらに予定日を1ヶ月以上も超過してるのに経腟分娩を強行するいうのは、(専門外ですが)医学的には余りにも無謀です。

しかも搬送して母児ともに助かったのに、「授乳中に妻が居眠りをしておこった事故で子供は亡くなった・・・」
搬送された病院の先生が聞いたら、さぞかし無念だと思います。

宗教(吉村教)に殉じた・・・ということでしょうから、
この父親は吉村医院を恨んでいないのだと思います。
「エホバの輸血拒否事件」と同じですね。

2007/7/13(金) 午後 0:40 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

に さん、はじめまして。
出産は無事に済んで当たり前、何か問題がおきたら「医師の治療が悪いのではないのか、訴えてやる」というのが昨今の風潮です。
しかも、「大野病院事件」のように、医学的に最善を尽くしたのに、結果が悪かったから逮捕されてしまう・・・ことすらあります。
訴訟を恐れることもあり、「母子の安全を第一に」早め早めに対応しているのが現状です。帝王切開も増えるわけです。

「出産が医療漬けになっている」という批判は良く解ります。
しかし、「自然に」「じっと待つ」ことで、トラブルが起きた時、家族は赦してはくれない・・・
医療訴訟と過重勤務で産科医療が崩壊している、という現状をご理解頂けると幸いです。

ポンコツ研究日記さんの、「クレームという名の銃口を向けられたとき」
http://ameblo.jp/y-gami/entry-10032987026.html
を宜しければ、ご覧下さい。これが産科の先生の気持ちですね。

2007/7/13(金) 午後 1:06 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

はじめまして。私はNICU併設のとある病院で助産師しています。
この手の助産師の話を聞くと、本当に同業者?って思ってしまい
ますよ。学生時代、実習先の病院でも胎児心拍や会陰の状態など
総合的に判断して会陰切開しようとするDr.の手をはねのけて
「いける!手を出すな」って偉そうに言う助産師いました。結局
時間をかけ過ぎて出てきたベビーは真っ黒でぐったり、しばらく
保育器から出られませんでした。
「私やったら産ませてあげれたのに」と緊急帝王切開になった産婦
さんに言ってみたり…その人は将来は助産院開業が夢だとか…。
助産師の自分が言うのもおかしいですけど、もう、こんなこと言っ
てる助産師っていらないと思いますよ。
よけいに医師の足を引っ張るようなことをしてますもんね。
産科専門看護師なんかで十分じゃないでしょうか。

自分に備わっている産み育てる力を信じて、お産に臨むことは
素晴らしいし、そのお手伝いができるこの仕事は好きです。
でも、それは母子の生命の安全が第一にあってのことだと思い
ます。 削除

2007/7/13(金) 午後 2:37 [ もも ] 返信する

顔アイコン

ももさん、はじめましてコメント有難うございます。
なな先生のブログにも、多くの助産師さんがいらしてますが、
http://blog.m3.com/nana
現場の助産師さんは、妊婦さんを大事にする優しい方だと思っています。

仰るように、時々「自然主義」が行き過ぎた方がいますね。
母児、特に子供の安全を第一に考えて欲しいものですね。

開業助産院・・・、私は安全性が心配です。
最善を尽くしても、不幸な結果となる事があるのが出産なのに・・・

助産師の地位向上を目指し、看護師内診を認めない、「看護協会」「助産師会」「厚生労働省看護課」などの偉い人・・・
私は許せないですね。
お産難民が続出してもいい、と思っているのでしょうか?

2007/7/13(金) 午後 3:07 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

はじめまして。いやあ信仰ってすごいですね。
私なんか顕微授精での妊娠ですから、神を冒涜しまくってるんですが。
許してーって感じです。

私も「エホバ」を思い起こしました。
ご両親の信仰の自由によって、生きる権利すら奪われてしまう赤ちゃん。
泣けてきます。 削除

2007/7/13(金) 午後 10:42 [ 高齢妊婦 ] 返信する

顔アイコン

高齢妊婦さん、はじめまして
エホバ輸血拒否事件ではお母さん、今回はお子さんが犠牲になってしまいました…

信仰って何なのでしょうね…、
世界中で抗争が絶えませんが、人の生命より信仰が大切なのですかね…

高齢妊婦さんの妊娠が無事に経過し、出産出来る事をお祈り致します。

2007/7/14(土) 午前 0:34 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

私もこの件は信仰の問題だと思います。自然を信仰するか、医療を信仰するか。人の価値観はそれぞれであり、命より信仰が大切だと思うのも、ありだと思います。 削除

2007/7/14(土) 午前 10:40 [ kame ] 返信する

顔アイコン

kameさん、はじめまして。
ブログ拝見しました。
仰るとおりで、人の価値観はそれぞれですので、
「異教徒」は自分達の世界で完結してもらえれば、
こんな大騒ぎにはならないのですがね・・・

エホバは自分で病院を作って、教義に沿った治療を行なう。
吉村医院は、不幸な転帰になろうとも、転院させず最後まで面倒をみる・・・

中途半端で、本当に困った時には病院に行くから、
われわれ「現代医学教」の信者に、糾弾されてしまうのですよ。

2007/7/14(土) 午後 0:10 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

やはり、信仰の問題ですね。理解しがたいことですが、まさに「信じるものは救われる」ここに尽きる事例と思います。洗脳だからといくら部外者が引き戻そうとしても、難しい事例を私も見知っています。
そしてもう一点。極端な事例が出されることで、自然なお産を勧めようと頑張っている方々までに、一律、非難の目が向けられそうなことを私は心配しています。
もちろん、taddy先生も書いておられるように、この医師のやり方は「自然」の度合いを踏み外しているのは明らかですし、世の中にはそういう考えの助産師の方もいるということならば、それは恐ろしいことです。
それは百も承知で、それでもなるべく正常なお産にするための医師の適切な指導、また妊婦の努力は大切なことだと思います。自然なお産ができた方は、「宇宙と一体化」「ものすごい快感」「育児への大いなる自信」という言葉を使います。私はつらいお産を経験しているので分かりませんが・・・。
そこらへんに、何か、産科医不足や過重勤務、内診問題、訴訟不安、そして産婦の育児不安などを解決するヒントがあるのではと思うのですが、まだまとまりません。勉強しているところです。

2007/7/16(月) 午後 10:15 [ - ] 返信する

顔アイコン

kyazさん、こんにちは
私も「自然なお産」という考え方自体は、素晴らしいものだと思います。
「現代医学との折り合いをどうつけるか」ということだと思います。
私も、産科医療を改善するのに何か役立てれば・・・と考えていますが
妙案はありませんね・・・いい案があったら教えてください。

2007/7/17(火) 午後 2:47 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

はじめまして。私も泌尿器科医です。

「早い方が良い」という認識で医療行為を行う現代の出産

って会陰切開のことを言っているのでしょう。会陰切開しない方が産後はずっと楽だとよく聞きます。

それはともかく、うちの子はいろいろあって助産院では産めなかったのですが、母乳のケアでずい分お世話になりました。そこで知り合った方々はお産にとどまらず、自然な生き方について深く考えている人達で、自然と向き合う覚悟のできている人達です。小松先生の近著「医療の限界」で現代人の死生観についても言及されていますが、それは病院でのお産にも通じるものだと思います。安全が一番、確かにそうですが、お産は母親にとっても父親にとっても人生のとても大きな出来事です。どんなお産をするかによって人生観も変わってきます。病院でモニターに囲まれて安全なお産をすることでで出産を素通りしてしまって何か大切なことを見ずに終わっている人が大勢いる気がしてなりません。

この吉村先生のことはわかりませんが、普通の助産院ではハイリスクの出産は行いません。病院を紹介します。吉村先生のところではどうしているのか知りたいところです。 削除

2007/7/19(木) 午前 11:46 [ kanpo_bros ] 返信する

顔アイコン

kanpo先生、はじめまして
『「早い方が良い」という認識』には、帝王切開や陣痛促進剤の使用なども入るかと思います。
私は、『病院でモニターに囲まれて安全なお産をする・・・』としても、
陣痛の痛み、苦しみはあるわけであり、『出産を素通り・・・』したとは思いません。
自然分娩か否かといった分娩過程より、産まれてくる子供の安全が第一だと考えます。先生の書き方だと、「帝王切開したお母さま」はどう思われるでしょうか?

「吉村医院」は有床診療所ですが、帝王切開をしたことは無いそうです。(おそらくは技術的にできないのでしょう、28歳で開業したそうですから・・・)
実情は、「手術できない医師が居る、助産院」と変わらないのに「ハイリスクの出産」を安請け合いし、困ったら近隣の病院に転送する・・・、だから我々に非難されるのです。

2007/7/19(木) 午後 3:06 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

お返事ありがとうございました。
少し追記させていただきたいと思います。
吉村医院の実態は私は全くわからないので、私の書くことは吉村医院に対してのコメントは一切含まれていないと思ってください。
私は3人の子供の父親で、下の2人は一卵性の双子です。自然分娩を予定していましたが緊急カイザーになりました。(と書くと神奈川あたりで誰だかわかってしまう人がチラホラいるかもしれません)
確かに自然分娩・母乳育児が絶対みたいな風潮はそれができなかったお母さんにとってはつらいものです。無理強いはいけません。でも

「病院に産ませてもらうのではなく、『自分で産む』という意識で出産に臨んでほしい」

というのも太字にしてほしかったです。これは良い言葉だと思います。結果としてカイザーになるのも自然の流れです。

最初の早いほうが云々という言葉は助産師さんの言葉なのでやはり会陰切開のことを言っているのではないでしょうか。 削除

2007/7/19(木) 午後 4:42 [ kanpo_bros ] 返信する

顔アイコン

kanpo先生、コメント有難うございます。
上の記事はwiki文法の都合上、太字にならないのです。

『自分で産む』という意識ですか・・・、私は男なのでよく解りませんが、
どう意識すればいいのでしょうか?食事や運動などに気を付けることですかね?

2007/7/19(木) 午後 5:45 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

たびたび失礼します。
昨日妻に吉村医院のことを聞いたら知っていました。
「みんな元気に生まれてんだからいいじゃん。わたしは薪割りはしたくないからあそこで産むのはごめんだけどね。」と言っていました。まあカイザーの既往があるので断られるでしょうけど。
残念ですが、生命とか医療のとらえ方に大きな齟齬があるようですね。上のコメントで顕微授精された方がいらっしゃいますが、それと自然なお産は相容れないものではないです。大きな誤解があります。それと安全信仰が今の医療崩壊を助長しているわけです。安全でさえありさえすれば手段を選ばなくていいのかっていう話です。目先の安全を確保できればその先のことには責任ありませんよっていう話です。患者も今すぐよくなれば後のことは知りませんっていう態度でいいのかっていう話です。といくら書いても理解は得られないでしょうけど。 削除

2007/7/20(金) 午後 0:11 [ kanpo_bros ] 返信する

顔アイコン

安全な出産が行なわれるようになったことによる、過度の「安全信仰が今の医療崩壊を助長している」その通りだと思います。

吉村先生の考えは宗教としてはいいのですが、
「目先の(特に新生児の)安全を確保」する為に奮闘している現場の産科医にとっては、助けられる命を見殺しにすることが理解できないのです。(m3コメント欄を参照しています)
私も、患者さんの健康と安全の為に、全力を尽くしています。
その先の宗教的・精神的なことも考慮しますが、私にはpriorityはありません。
ここが、kanpo先生と多くの医師との意見の相違でしょう。

仰るように考え方は人それぞれです、kameさんへの返事にも書きましたが、吉村医院のなかで自己完結して頂ければ、われわれ「現代医学教」の信者は何も言いません。

2007/7/20(金) 午後 2:21 さすらい泌尿器科医 返信する

顔アイコン

「早い方がいい」というのは、陣痛、破水、おしるしがあってから、「短時間で生まれて来ることがいい」ということをさしていると思います。

陣痛、破水があってからすぐ生まれることを。いわゆる「安産」だと思っている方が多いと思いますが、そうではないということを言っていると思います。

2007/10/26(金) 午後 10:07 [ hin*_*a_*o ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事